最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】久しぶりの乱交【体験談】

昨日、久しぶりに地元へ帰った僕は、一ヶ月ぶりで彼女のさくらに会い、その後、友達も加えて4人で部屋で飲みました。12時を過ぎた頃から、エロエロ話になってきて、友人が、「ああーなんかHしたくなってきた。思い切ってここでやろうぜ。」といい、いきなりパンツ一枚になって隣にいた元クラスメイトの由美といちゃつき始めました。

由美はカレシがいるので、最初は「ちょっと何よー」と拒んでいたのですが、「ああん・・・もう・・・」とか言いながらキスを始めてしまいました。まさか、あの由美がこんなことをするとは思わなかったのですが、僕もついつい彼女のさくらとHモードになってしまいました。

数分もすると、もうみんな裸になって何も隠すことなく、チュパチュパといやらしい音が聞こえ始めました。その異様な雰囲気に、もうどうにでもなってしまえ、と激しくSEXしてしまいました。

さくらも最初は声を落としていたのですが、「あはあ・・・んきもっちいい・・・」と声を詰まらせながらもだえ始めていました。チラッと横を見ると、由美も目を半開きにして、感じまくりながら、友人の浩史に突かれまくっていました。僕ははじめて見る由美の意外な姿にまいってしまい、四つん這いになった。さくらの後ろから激しく突いて、あっという間にさくらのせなかに出してしまいました。さくらも「よかった・・・」とイっていました。

隣では、まだ浩史と由美がやっている最中で、僕たちは後ろの方から2人の丸見えの結合部を見てしまいました。由美は相当感じているらしく、オマンコからは白くにごった本気汁を垂れ流して浩史の物を受け入れていました。最後には2人で「ああんああんー」と大きな声を出しながら同時にイッたようです。

あまりのいやらしい雰囲気に、まだみんな満足しきっていなかったようで、20分もすると、第2ラウンドが始まりました。浩史が「さくらとヤッていいか」と聞いてきたので、勿体無かったのですが断ることもできず、自然と女の子を交換し合ってやることになりました。由美が放心状態でなかなか僕たちはできなかったのですが、隣では僕の彼女のさくらと友人の浩史がもう始めていました。始めは仁王立ちの浩史のチンコをさくらがひざまづいてしゃぶっていたのですが、やはり自分の彼女が友人のチンコをしゃぶっているのを見るのは嫉妬するものです。その後、69の体勢になり、始めはさくらは恥ずかしがって腰が落ちていなかったのですが、浩史が「それじゃ舐められないよ・・・もっとケツこっち持ってきて。」と言い、さくらの尻を引き寄せると、激しく尻に顔を埋め、クンニしました。さすがにさくらは声を出して感じてしまい、お互いすべてをさらけ出す、すごいポーズになって舐めあっていました。

実は、さくらと浩史は以前にも3PでSEXしているので、何となくお互いの感じる部分がわかっているようなところがまた悔しいです。「久しぶりにさくらのオマンコやケツの穴を見たけどすごいよ・・・すごく感じているのがわかる・・・」といってクリトリスから肛門まで、浩史は何度も舌を往復していました。挿入は松葉崩しのような体勢で、オマンコにチンコを、肛門に指を突っ込まれて、両方かき回しながらのすごいものでした。さくらは「ああ・・・・あは・・・は・・は・・」と顔をしかめて全身で感じまくり、あっさりとイカサレていました。

その後、バックで尻を割り開かれ、オマンコと肛門がエクスタシーで痙攣しているのを確認されてから、もう一度舐められ、今度はアナルだけを唾でべとべとになるまでクンニされてから、「ようし・・・今度はケツに入れるぞ・・・」といい、浩史はチンコを肛門にあてがいました。浩史とのアナルSEXの経験もあるさくらは、彼が何を望んでいるのかよくわかっており、尻を突き出し、受け入れていました。そのままあっさりと入れられ、「ああんああん」と喘ぎながら最後には激しくスライドされ、「イクぞ、口をあけて・・・」と浩史に言われ、ズボッと肛門からチンコを引き抜くと同時に、さくらの口の中に注ぎました。信じられないくらい大量に精子が出てくるのですが、さくらはそれを舌で自分の口の中にゴクリゴクリと運ぶと、最後の一滴まで絞る取るように抜きたてのチンコに吸い付き、舐めあげていました。さすがに自分のいやらしすぎた行為が恥ずかしかったのか、照れ笑いしていました。

自分の彼女がここまでやられてしまい、すっかりと興奮してしまった僕は、やっと回復してきた由美を抱き起こし、キスをしました。彼女も浩史とさくらの激しいSEXを見ていたからか、すっかり興奮してしまったようで、目を虚ろにしながら気持ちいいくらい舌を絡めて来ました。僕はまさか由美とSEXできるなんて夢にも思わなかったし、もう2度とないことかもしれない、と思い、夢中でキスしまくりました。その後は由美に濃厚なフェラチオをしてもらい、あまりの気持ちよさに、イキそうにさえなってしまいました。僕はこれはやばい、と思い、今度は彼女の口からペニスを抜くと、彼女を寝かせ、股を広げてクンニしました。

彼女のオマンコはもうすでにドロドロ状態です。しかも、陰毛が薄いので、中の状態までよくわかりました。浩史がどこからかビデオを持ってきて、僕たちのSEXを撮りはじめました。由美も気付いているのですが、何も言わずただ感じているだけです。「私も・・舐めたい・・」というので、お互い横になって舐めあいました。僕は由美の尻肉を両手で広げ、オマンコも肛門も剥き出しの状態にして激しく舐めました。時折、由美のツルツルの肛門がピクッとするので、相当感じているのがわかります。

気がつくと、浩史とさくらもまたいちゃつき始め、いつの間にか4人入り乱れてのSEXになっていました。誰と抱き合っているのかさえわからないほどに乱れ、最後には念願の由美とつながりました。すごいしまりでものの1分ほどで僕はイッてしまい、由美のかわいい胸にドバッとかけてしまいました。横では、さくらと浩史が正上位でまだつながっており、モロに結合部が見えてしまいました。最後はさくらがバックにされて、パコンパコンと音を立てながら突かれ、「いくうううー——」というさくらの雄たけびとともに、浩史が「俺も・・・」と言って尻の割れ目に向けて発射したようです。

終わった後も、肉棒の余韻に浸ったままのさくらは、形のいいケツを持ち上げたまま、数分間感じていました。ヤリチンの浩史が「最高にいやらしい腰つき」と太鼓判を押すだけあって、さくらの尻はすべてを丸出しにして、息づいているようでした。尻穴から尻の割れ目の先端まで続く縮れ毛は浩史の精液に濡らされ、大粒の汗が光る尻肉やせなかがなんとも言えず色っぽかったです。浩史は彼女のイキ様を当然のようにビデオに収め、「最高・・・またやりたいな。」と言っていました。もうここまでお互いさらけ出してしまったのだから、僕も今となってはこのままの関係が続いてもいいかな、と思っています。かなり細かく、詳しく書いてしまいましたが、ぜひ、すべてありのままに書きたくて書いてしまいました。

記事関連タグ

|||||||||

2014年7月17日 | カテゴリー:友達との体験談

【乱交・王様】すごいSEX 【体験談】

ソース元:=



友達の敏から「また乱交したいので、セッティングしてくれ。」と頼まれていたので、何とかみんなと連絡を取り合って、僕の家で昨日6Pを楽しみました。本当は11時に僕の家に集合だったのですが、敏はこの間の乱交のビデオを何度も見て、オナニーをしていたらしく、8時ごろにはもう僕とさくらの待つ家にやってきて、

「俺、もう待てないよ。頼む・・・先にやらせてくれ・・・」

と言うので、とりあえずさくらとSEXすることになりました。さくらがシャワーを浴びたいというのに、それさえ許さない勢いで、迫るので、結局根負けしたさくらは敏のズボンを下げ、フェラをすることになりました。

 確かに、仁王立ちの敏の立派なチンコはもうすでにビンビンに反り返っており、パチン、とはじけるように飛び出したかと思うと、先っぽからは大量のカウパー液が出ていました。玉袋が勃起に吊り上げられるように上を向くほどで、真っ赤に膨れ上がった亀頭は、今にも爆発しそうな勢いです。

 パンティ1枚になったさくらは、そのあまりにも硬い勃起を口に含み、亀頭を吸いたて、裏筋から先まで舐めあげると、カウパー液が極太の糸を引き、なんともいえないくらいエロっぽかったです。敏もさくらのパンティの中に手を入れると、マンコをまさぐり始め、さくらのフェラもだんだん熱っぽくなってきました。僕はただただ見ているのが勿体無いと感じ、ビデオを回し始めました。

 感じてきたのか、さくらはすすんでパンティを脱ぎ、スッポンポンになると、

「あはああ・・・・・ん・・・」

とアエぎながら、敏と重なり合い、強烈なバキュームフェラを始めました。ジュポッ、ジュポッと唾を溜め込んだ口で音を立てながら舐めすするのがなんとも言えず卑猥です。玉袋をほおばりスポンと音をたてて放すと、まるで何かの生き物の皮膚のように袋が流動します。ケツ毛に覆われた敏の肛門もモロ見えで、たまにヒクヒクしているのさえ見えました。

 今度はさくらに覆い被さるようにして、敏がクンニしはじめました。

「あは・・・嗚呼嗚呼・・・イイ・・・–」

さくらは咥えたチンコを外し、手で掴みながら、自分が感じることに集中しはじめました。剥き出しのマンコはすでにうるうるなくらいに濡れ、陰毛までぐっしょりでした。乳首はピンと立っていたので相当感じているようです。敏のなすがままに四つん這いになったさくらは、尻を真上に持ち上げた格好で、すべてを敏の眼下に晒しています。肉の塊のようなさくらの尻たぶをさらに両手で思い切り割り開き、丸見えのマンコを味わうように吸い尽くすと、今度は、右手の指を4本とも突っ込み、中をかき回すように愛撫しました。これにはさくらも感じすぎてしまったのか、恥ずかしすぎるほど声をあげ、中からは白くなったラブジュースがあふれてきました。よっぽど力が入っているのか、括約筋のくっきりと浮かび上がった肛門がケツ毛の中から見てくれと言わんばかりに顔を出します。さっき見た敏の肛門に比べると、シワが長く、大き目のケツ穴です。敏はさくらのケツの穴だけを舐めあげ、今度は尻の割れ目全体に広がるふさふさと生い茂った陰毛(ケツ毛?)を唾液でべとべとになるくらいまで濡らした後、ズッポリとバックで串刺しにしました。

「あん!」

急な挿入に体全体をビクンと震わせ、そのまま、バックでつながりました。パコンパコンと音をたて突かれる度に、さくらの声がうわずります。これからさくらがどんな感じ方をするのか楽しみだったのですが、敏の方が相当たまっていたらしく、本当に20秒ほどで、


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月16日 | カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【友達】美少女にものすごい顔射【体験談】

数年前、僕はワカナちゃんという、ものすごい美少女と付き合ってオマンコしていました。

身長は150センチぐらいで小柄だったけど、胸もお尻もプリッとして大きくて、ストレートヘアを茶髪にしていて、目がすごく大きくて人形みたいに可愛い女の子でした。

顔は声優の○山智左を幼くした感じで、声もよく似ていていました。

性格も明るくて、よく「ウフフッ!」とか「エヘヘッ!」とか可愛いアニメ声で笑っていました。

ワカナちゃんは短い間だったけど、ミサッチというコスネームでコスプレイヤーとしても活動していました。

彼女は僕がコスプレ好きだと知っていたので、最初は僕にコスチュームを用意してほしいと頼んできました。

僕はコスを着せてハメ撮りすることを条件にして、何着か用意してあげました。

それからは会う度に、「○ーラームーン」、「○しぎの海のナディア」、「○ジキャラット」の「○ヴィアンローズ」といった、今ではコスプレのスタンダードになったコスを着せてオマンコしまくりました。

コスを着せたまま顔面シャワーして、コスプレ美少女が鼻の穴からネバネバのザーメンを垂らしたアホヅラも何枚も撮ってやりました。

ピルを飲ませて中出ししたり、並のアイドル以上に可愛い美少女の顔面にションベンまでひっかけてやりました。

実は僕のチンボはボッキすると太さ5センチ、長さ22センチにも達するスーパーデカマラナイスチンボなんです。

僕はこのチンボで何百人もの女を食い散らかしてきました。

人がうらやむスーパー美少女コスプレイヤーも完全に僕のデカマラチンボの虜になって、僕の言うことなら何でも聞くオマンコ肉奴隷に成り下がっていたんです。

僕が一番気に入っていたのが、「○ードキャプターさくら」の第一期オープニングの白とピンクのコスでした。

その時オマンコしたラブホテルの部屋は、赤とピンクを基調にしたメルヘンチックな部屋でした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】寝取られ日記【体験談】

■はじめまして 20XX年XX月XX日



ネット上の変態のみなさま初めまして、神奈川県在住の22歳の人妻、さくらと言います。このブログでは、わたしさくらがグズで低収入の寝取られM夫を裏切って、とってもお金持ちで巨チンのご主人様「S様」に身も心も寝取っていただく過程をみなさまにご報告していきたいと思います。このブログはもちろん大好きなご主人様のご命令で作成しております。さくらのすけべな写真や動画もどんどんUPしていくそうなので、さくらでいっぱいザーメン抜き抜きしてくださいね♪



【コメント:23件 トラックバック:0件】







■寝取られ変態妻♪ 20XX年XX月XX日



 みなさま、いつも沢山のえっちなコメントありがとうございます♪ さくらをもっと惨めな変態扱いして、いっぱいいじめてくださいね。



 今日もご主人様と夫の留守中に3回もバックでハメハメしていただきました〜。場所はもちろんわたしたち夫婦のお部屋です♪ 家主の夫があくせく会社で働いているときに、その寝床でゆっくり不倫相手とラブラブセックスをするのはほんとに快楽中の快楽って感じ。今日はチンカス掃除のやり方をたっぷり2時間仕込んでいただきましたぁ。



 ご主人様の命令で、今日はコメントで頂いた質問にお答えをすることにします。一番多かった「さくらはどうして夫を裏切ったのか?」というご質問ですが、答えは「夫が低収入で包茎で早漏でグズだから」「S様がとってもオチンポがおっきくてイケメンで、何でも頼めば買ってくれるお金持ちで、Mのさくらを沢山調教してくださるから」です。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【大学生】サークルの仲間と4P 2【体験談】

友達の浩史とその彼女の恵と久しぶりに会ってSEXしました。恵とさくらは先週成人式だ

ったので、まずはそのお祝いもかねて乾杯です。彼女のさくらは正月、友達とハワイに行っ

ていたので、さくらに会うのさえ久しぶりでした。さくらは成人式後、髪をバッサリと切り

、肌も黒くなっていて大人っぽく見えたのでドキっとしてしまいました。恵も化粧のせいか

、前より大人っぽく見えます。最近さくらはダイエットにはまっていたらしく、体重は5キ

ロやせて、54キロになったそうです。SEX後に3サイズを測ったら、胸が84、ウエス

トが64、ヒップが92とかなりいい感じになっていました。腰がでかいので、ウエストは

サイズの割にかなりくびれて見えます。

 もともとSEXするつもりだったので、早速ヤリました。最初はお互いのカップル同士H

しました。まず、驚いたのは、さくらの肌です。日焼けの後があるのは予想通りだったので

すが、水着になるため、エステにいったらしく、無駄毛が完全に処理されていました。アソ

コ周りも「見えると恥ずかしいから」と自分で処理したらしく、オメロンの周りがきれいに

カットされ、ケツの穴の周りまでツルツルに除毛されていました。69になってアソコをし

げしげと眺めてみると、毛深かった時には気づかなかったのですが、以外にオメロンも肛門

もきれいだったことがわかって嬉しくなってしまいました。ついついHにも熱が入り、浩史


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||

2014年1月25日 | カテゴリー:大学生との体験談

【友達】恥ずかしいけど【体験談】

先日どうしてもうずいちゃったので露出してきました。

何だかとってもムラムラしちゃったので

NB・NPにキャミとミニの巻きスカート

その上からミニより少し短いぐらいの春用のコートを羽織って

深夜ドライブしてきました。

深夜というより早朝かな?

車に乗ってすぐにスカートの重なってる部分を捲り

あそこは丸見えの状態に。

それだけでもドキドキしてきます。

そのまましばらくドライブです。

しばらく走ったので目的地に行くことに。

そこは隅に自販機が3台ある道路沿いの駐車場。

さすがに深夜4時過ぎてるこんな時間には道路を通る車はあっても

駐車場に入る車は滅多にきません。

自販機の近くに車を止めて温かい飲み物を買うことに…。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2013年7月16日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】美少女にものすごい顔射【体験談】

数年前、僕はワカナちゃんという、ものすごい美少女と付き合ってオマンコしていました。

身長は150センチぐらいで小柄だったけど、胸もお尻もプリッとして大きくて、ストレートヘアを茶髪にしていて、目がすごく大きくて人形みたいに可愛い女の子でした。

顔は声優の○山智左を幼くした感じで、声もよく似ていていました。

性格も明るくて、よく「ウフフッ!」とか「エヘヘッ!」とか可愛いアニメ声で笑っていました。

ワカナちゃんは短い間だったけど、ミサッチというコスネームでコスプレイヤーとしても活動していました。

彼女は僕がコスプレ好きだと知っていたので、最初は僕にコスチュームを用意してほしいと頼んできました。

僕はコスを着せてハメ撮りすることを条件にして、何着か用意してあげました。

それからは会う度に、「○ーラームーン」、「○しぎの海のナディア」、「○ジキャラット」の「○ヴィアンローズ」といった、今ではコスプレのスタンダードになったコスを着せてオマンコしまくりました。

コスを着せたまま顔面シャワーして、コスプレ美少女が鼻の穴からネバネバのザーメンを垂らしたアホヅラも何枚も撮ってやりました。

ピルを飲ませて中出ししたり、並のアイドル以上に可愛い美少女の顔面にションベンまでひっかけてやりました。

実は僕のチンボはボッキすると太さ5センチ、長さ22センチにも達するスーパーデカマラナイスチンボなんです。

僕はこのチンボで何百人もの女を食い散らかしてきました。

人がうらやむスーパー美少女コスプレイヤーも完全に僕のデカマラチンボの虜になって、僕の言うことなら何でも聞くオマンコ肉奴隷に成り下がっていたんです。

僕が一番気に入っていたのが、「○ードキャプターさくら」の第一期オープニングの白とピンクのコスでした。

その時オマンコしたラブホテルの部屋は、赤とピンクを基調にしたメルヘンチックな部屋でした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月19日 | カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】出会えない系で女の子と出会えた話 【体験談】

出会ない系の通り、俺は出会い系のさくらのバイトをしてた。

男のキャラを操って女の子と会話をする内容なんだけど、

いつも通りサクラをしてると一人の女の子に



「迷惑メールを止めろ!」



って感じのメールが連打されてきてたんだ。



普段なら相手にしないで無視するところだったんだけど

その時、何故か優しさを出した俺は気まぐれで

その子のアドレス向けのメールを止めてあげようと思ったんだ。



俺はサクラの仕事を長い間やってたから客の管理ページを見る事が出来たんだ。

そして迷惑メールを止めてあげた。

本当はそんなことしちゃダメなんだけどね。
記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2013年4月17日 | カテゴリー:出会い系での体験談

【初体験談】俺のパートナー 【体験談】

これは俺が去年の修学旅行にあった話。

俺は他の男子のいじられ役の仮に晃平。色々と話題のネタになるやつだった。そのころも他の男子にはめられ学級委員になってしまった。女子の方はちっこい、はしゃぎ系のさくらって子だった。そいつも男子のいじられやくで、いたずらをしたら何かと反応してくれる少し天然なやつ。学級委員になるのはいやだったが、さくらがいたから少し嬉しかった。HRで学級会議をするときも『さくらと晃平のコンビ』とか言われたり。

3月に修学旅行があった。それは俺にとってただの修学旅行ではない夢のような旅行になるのだった。俺の学校はとても人口が少なく学年で38人とてつもなくすくない。なので俺のクラスの男子が団結してある女子をレイプすることになった。(レイプほど凶悪ではないが)その候補にあがったのがさくらだ。さくらは他の男子とも仲が良く『あいつだったら大丈夫だろ』という理由で。一ヶ月前ほどから計画はたった。さくらはみるからに処女だ。処女をただ奪うのもかわいそうだから、さくらの好きな男子を選ばせることにした。俺はあせった。少し気になってるあいつが他の男にやられてるところを他のみんなと一緒にみてないといけないのか。。。切なくなったのだが、水を差したらダメだと思い文句はいわなかった。

ついにその日が来た。2泊3日。最後の夜襲うことになり、その日が待ち遠しい。。。

<最後の夜>

俺が無理矢理先頭にさせられ、女子の階にそろーりと歩いていく。もちろん3時頃、がりべんののりの悪いやつらや先生たちも寝ている。さくらの寝ている部屋の戸を開けると女子独特の香りが!!!俺はその香りで興奮してきた。俺らは処女を犯そうとしている。。。。!!!罪悪感よりも性欲の方が勝った。まず俺と光輝が布団にはいってる女子の様子を見る。さくらはすやすやと寝ている。心のなかでごめんさくら。。。。と何度も思った。するとバカな光輝がさくらの隣にいるリサというまたまた処女そうなかわいい子も襲おう!とささやいてきた。まぁそっちの方がさくらへの罪悪感も減るか、と思いそうすることにした。

まず、マッチョな優人がさくらをかつぐ。さくらはもちろん起きる。だが寝ぼけている。『ん?空飛んでる?』などとむにゃむにゃいっている。(これからお前は犯されるんだぞ。。。)

 ねぼけているさくらのパジャマを脱がす。そのころにきっと気づいたんだろう。私はエロイ男子に囲まれている、と。

「は!???何してるの?」困惑してる様子。「え、ちょっとやめてよぉ〜」と、俺たちのやってることをただの冗談かと思っているはずだ。だが、俺達は本気だ。決心は一週間前にはもうつけている。「あんたたち本気なの????!」俺らは答えない。すんなりと下着だけの姿にさせた。俺は幼児体型だとよそうしていたが、けっこう胸も体の割にはでかく、体は曲線を描いている。陸上部でやけた小麦色の肌と服でいつもは隠れている白い部分の差がおれたちの性欲をわきだたせた。 みんなはそれだけで興奮していたのだが、この計画をもちたしてきた収はなぜか家庭科のはさみを持っていて。ブラを切ろうとしていた。「本気なの????!!やめてってば!」うるめで収を見ている。もち、収はシカト。切るのだけはだめだ、と説得した。「きゃ━━━━!!!!」

ついにおそれていた事がおきた。大声で叫び始めたのだ。ちんぽのいちばんでかい優人のものを口にいれこんだ。抵抗は無駄だった。ブラをはずし、パンティもはずした。ピンクでだれもがまだ手をだしてないと人目でわかる色だった。乳首も大切な所も。みんなはそれでいきそうだった。免疫のないやつらだ。俺もだが。さくらの口からは優人の知るが垂れ流し。かわいそうだが俺はしたくてたまらなかった。。。。収が胸をさわろうとした瞬間、俺はとめた。「さくらのやりたいやつとさせろよ」そうだった。そういう契約だった。「おまえはだれとしたい?ん〜?」収がわざといやらしくさくらにささやく。「え???!!」優人のチンポをしゃぶりながらの困惑。「おまえはこれから、このなかのだれかとやるんだよ。せ・っ・く・す」さくらの顔はその瞬間引きつり、今までの恐怖と友に涙がでてきた。あまりにもかわいそうだった。。。「・・・」黙ったままだ。「ん?希望者を言わないと〜」と言った瞬間リサも起こされさくらの前につれてこられた。リサも寝ぼけていたがさくらの裸をみると眠気も飛んでいったようだ。なんたって、さくらとリサは大の仲良しだからだ。リサも抵抗をするがはがされる。いやぁぁぁぁ━━━━ リサはさくらよりも抵抗をしまくっていた。さくらの口からリサの口へどろどろの優人のティムポがいれられる。「ん〃」俺らの前に二人のかわいい処女がいる。リサにはなにもしないでよぉ!!さくらはとてもやさしい。自分よりもまず、リサだ。「あたし・・・━━コウヘイガイイ….」とても聞こえない声だが俺には聞こえた。俺を指名してくれたのだ。「コウヘイトシタイ」俺ははやく終わらせてあげたかった。かわいそうだからだ。

 小部屋につれていき、「俺でいーの?」と聞くと「さくら、晃平ならいいんだよ。ぜんぜんいやじゃないから。しかお、やらなきゃ怒られちゃうでしょ?あたし、晃平なら恐くないから。」

と、信じられない言葉を!!!!俺は嬉しすぎて、いきなり、キスもなしで胸をぺろっとなめた。するとさくらの体は電気ショックの様にびくっとした。

続きは明日。
記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2013年4月1日 | カテゴリー:初体験談

【修学旅行】純粋恋愛 【体験談】

去年の修学旅行俺が2の時の話。俺は晃平で、みんなからは田中って呼ばれてた。俺はいじられ役というか話題の中心でどっちかつーと恋愛対象外のうけキャラだった。おれはみんなにはめられて仕方なく学級委員になり、女子の学級委員はさくらってやつ。天然だけど頭良くて結構もててたかな?こいつは女子からも男子からも好かれてて、背がちっちゃくてこぃつもいじられ系。男子がちょっかいだしたら困った顔したりして萌え〜〜〜だった。

週が級旅行は2の最後にあった。別に楽しみにしてたわけでもねーが、修学旅行で告られたって先輩はたくさんいるからちょっと期待はしていた。

飛行機の中で男子の間でエロ話が出た。もちろん俺も中にいた。ゴリラ系の背がでっかくてごついやつ=優人が『夜女子の部屋いって襲ってみよーぜ』とかあまりにも非現実な事を言いだした。『ばかか、お前』で却下されたが俺的にはできそうな気がした。『やってみよーぜ』俺がいったらみんなが賛成してくれた『じゃぁお前が責任とれな。』ということで丸く収まった(?)

 <夜>

標的は俺が仲の良いさくらの部屋になった。先生達も寝静まった3時エロエロ願詩7名が出動した。俺が先頭で引き戸を開けた。すると女子特有の甘い匂いが。。。萌え〜〜。。。でも予想外の出来事がっ!!!!!!さくらとリサ(さくらの親友でこっちもかわいかった。少し気が強いやつ)が起きてビデオを見たりして遊んでたのだ!!!1さくらとリサは俺らが遊びに来たのだと思い、『あ〜!!!田中だぁ』『一緒にトランプする〜?』など聞いてきた。まぁ、まずはそういう雰囲気を作ろう。ということになり、こたつに入る。結構せまい。。。俺の肌がさくらに密着!やばい。。。さわりてぇ。。。おれらの異変に気づき、『あんたたちどおしたの?ちょっとへんじゃぁない?』とリサ。強気な女、好きダゼ!!するとラッキーなことに5人が少しずつ睡魔にとらわれていった。『やったぁ!!!!!二人一組になれる!!!』残ったのは俺、さくら、リサ、といけめんだがエロイ謙太。どうやって展開しようか迷ってる時に謙太が動いた。リサを押し倒したのだ!!!!『きゃぁ?!??!』ものすごく予想外なのだろう。とてつもなく驚いている。謙太は元々リサ目当てできたのだろう。リサにディープする。意外なことにリサも抵抗をしなくなった。『あん。。。』ふと横をみてみるとはじみてみる親友の姿にさくらはとても動揺している。『?』ぽけー、っと頭が回らない様子。『俺も、倒しちゃおかな?』思ってるときにはリサと謙太は裸体になっていた。攻めまくる謙太。おそらくこいつはもう何回もしているのだろう。テクのすごさが俺を驚かせた。こたつごしなのでわからないが、リサはハァハァいっている。時々『あぁん』などと俺を驚かせる声を。さくらはこわくなったたいだ。純粋だなぁ。おれがさくらの方に腕をまわしたら、さくらも動じてくれた。『こーへぃ。。。』ぎゅーっとおれに近づいてくる。そのまま彼女からキス。俺も彼女も初めてだ。なので謙太とリサみたいなディープは無理。『ちゅ』くらいなかわいいきす。彼女の顔はもぉすでに赤い。萌え〜〜。あいかわらず、向こうでははぁはぁ。言ってる。俺らはほのぼのとキス。なんだこの差は〜〜〜〜〜〜!!!!!俺がさくらの胸をさわろうとしたら、抵抗。『これじゃぁなにもはじまんねーだろ!!!!!!』とおもいつつ、おれもこのままでもいいかもとおもう。するといきなりリサが『こっちみないでよぉー。他の所いって。』という。なんて自己な!!!じゃぁジュースかいにいこうとさくらが言う。まぁいいか。二人になれるなら。。。

<廊下>

『ねー、田中は驚いたぁ?』とさくら。適当に『んー、でも謙太だからしょうがないんじゃない』みたいなことを言う。『なにそれぇ〜』さくらのロリった声。萌え〜〜〜。ここだったら告るちゃんすか。みたいなこと思ってたら急にさくらが『あのね、おどろかないでねっ。』と急に言う。ままままさかぁぁぁぁぁ〜〜〜〜☆これって、こ、こここ、告白?????!予感的中。『ずっと好きでした付き合ってくきださい!!!』顔真っ赤。おれが『え?俺?』と意地悪にきくと。『ウン』聞き取れないくらいの声。やばい、やりてぇ〜〜〜〜。でも、まず我慢。『ゼンゼンおっけー』というと、さくらは緊張がとけたように俺に抱きついてきた。萌え萌え萌え☆彡

『さわってもいい?』と聞くと『ごめん、初めてだから、こんなところじゃいやなの』萌えマックス!彼女がかわいそうなのでジュースを買って部屋にかえった。すると時間がたっていたのか

先生達が廊下をうろうろしていた!!!!!やっべぇ!!!1逃げる前に恐い安佐先生に見つかりこれからの楽しみはうばわれた。今もう半年が経っているのにさくらとは注入まではいかない。悲しい俺。(笑)

ごめん、これで以上。あんまえろくなかったか。
記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||

2013年3月23日 | カテゴリー:修学旅行での体験談
1 / 212

このページの先頭へ