最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【恋人】浅野すずとセックスした話〜海街diary〜 【体験談】

「…久しぶりに、頼むよ」



ロマンチックのかけらもないが、

それは少年から少女への逢引の誘いだった。



風太とすずは▲学2年の同級生。

同じ地域のサッカーチームに所属していた。

スポーツ刈りの少年と真面目な黒髪のショートカットの少女。

このふたりは同学年の中では決して発育が早い方ではなかった。

身長も声変わりもまだで最近ようやく第二次成長期に

入ったか入らないかといった感じ。しかしふたりはすでに

童貞処女ではなかった。視線を合わせずボールを追いかけたまま

すずは返答する。



「…いいよ」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | カテゴリー:恋人との体験談

【姉ちゃん】実の姉に優しくイジメられる生活 【体験談】

上のページにあった体験版がエロくてM男にはぴったりだったので、ここに丸ごとコピペします。



以下。

















『実の姉と、後輩の女の子に優しくイジメられる生活』サンプルver.



                              小松 とんねる




記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2015年4月21日 | カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】ちょっと怖い母 【体験談】

【警告:母子物注意】



中学に入った頃、女物の下着にやたら興味を持つようになった。



ちょうど射精の気持ち良さを覚え、猿みたいに1日何回もオナニーに耽った時期。

なのに進学したのが私立男子校で、近所や親戚にも同年代の女の子がいない。

そんな環境のせいで、渦巻く性欲が方向性を誤った…のかどうかは知らない。



頭の中はエロが充満してるくせに、俺は家でも外でもマジメでおとなしい子。

下着泥とか大それた行為に走る度胸はない。一人っ子で女きょうだいもいない。

結果、興味の対象は身近にいる唯一の女性…つまり母親の下着になった。



念のため言い訳しておくと、別に母親そのものにハァハァしてたわけじゃない。

母は当時35歳。理知的美人と言えなくもないし、年の割にスタイルは良い方だ。

ただやっぱり母親だし、基本マジメで堅いというか、ちょっと怖いキャラ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月24日 | カテゴリー:近親相姦の体験談

【学校】小悪魔? or 天使?のJK【体験談】

僕は27歳の普通のサラリーマンです。

ちょうど僕が1年前くらいにに出会ったあるJK(女子高生)の話です。

すいませんちょっと自分で書いてて分かりましたが、若干気持ち悪い表現があります。もし少しでも抵抗ある方は読まないで下さい。





僕は、会社まで電車で片道2時間ほどの遠距離通勤をしています。

電車通勤をしていると、会社の行きも帰りもよく通学中のJKをよく見かける機会が多いです。

まあ世の男性は大体そうだと思いますが、、、僕も毎回ミニスカ+生脚のJKを見るたびついムラムラとしてしまいます。。。

特に若干脚フェチの気がある僕にとっては、ミニスカからすらりと伸びる、、若くピチピチした白い生脚と紺のソックス

(※僕は紺ソックス派です。)の組み合わせは本当に目の毒で。。僕はついつい見とれてしまい

『あぁ。。。いつか可愛いJKちゃん達の生脚を思う存分触りたいなぁ。。。触れたらなぁ。。。』

と変態チックな妄想をいつも膨らませていました。

JKを見るために遠距離通勤しているとも断言できるほどです。。



そんなJK大好きな変態男の僕ですが。。、顔はどっちかというとかなり残念な顔立ちで、追い討ちをかけるかのようにいわゆる彼女いない=年齢でして。。。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2014年4月15日 | カテゴリー:学校での体験談

【人妻】未明に愛された過ぎし思い【体験談】

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。主人は私にキスして抱きしめながら、私がそれまで寝ていた寝床に倒れ込んで激しく抱いてくれた。私の浴衣の紐が緩められた。裾が拡げられると、弾ける二十三歳新妻の太腿が露わになって乱れた。主人は、その太腿に脚を絡ませ、硬いものを押し当てて抱きしめ、下着を剥ぎとり、私を真っ裸にさせて挑んできた。私も激しく抱きついた。これほど激しく抱きついてきたことは後にも先にもなかった。新婚の激しく燃える男と女であった。主人は、二週間ぶりに見る私の全裸を、明るくなる夜明けとともにくまなく見つめ、愛してくれた。その柔肌に、硬い鋼鉄のような男が貫き通された。待ちに待った硬くて逞しい男塊だった。主人は私のからだに入ったかと思うと呆気なく果ててしまた。私も何も分からぬままに主人のすべてを子宮の中に吸い取って果てていた。主人は休む間もなくそのまま二度目に挑戦してきた。私のからだもすぐに回復し、主人の挑戦を受けた。最初は、アッという間だったが、二度目は私のからだも快感の宙を彷徨い続け、女の悦びを噛みしめて、いつの間にか安らかな眠りについていた。夜がすっかり明けて、障子には夏の暑い陽が差して、すっかり明るくなっていた。目が覚めたとき時計は十時を指していた。目が覚めると再び主人の静かに抱擁に包まれ、またも愛の波間を漂った。岩に砕けるような大波はこないが、波の上をふわりふわりと静かな快楽の波に浮き沈み流されているようだった。小高い丘にふわりと押し上げられたかと思うと、すっと谷底に滑り落ちて沈んでいく。その浮き沈みの中に泳がされているようだった。山並みのような快感とその繰り返しが続いて、結婚した女の幸せをひしひしと噛みしめていた。

記事関連タグ

||||||||||

2014年4月7日 | カテゴリー:人妻との体験談

【友達】先輩【体験談】

今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。

 そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。

 高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。

 だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。

 で、ようやく。

 これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。

 このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。

 でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。

 でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。

 だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。

 飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。

 もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。

 おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?

 それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。

 サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年3月30日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】妻が眼前で…【体験談】

妻の不倫相手は、ごみ収集車の運転手でした。

別段、妻の行動に疑念を抱き、興信所に調べさせたり、携帯を盗み見た訳ではありません。

発覚は、妻自身による告白でした。

私が出張から帰宅した夜、唐突に、妻の口から浮気の事実を切り出されたのです。

話を聞かされても、私にはとても現実のこととは思えず、妻、と、不貞、という言葉を即座に頭の中で結びつけることができませんでした。

元々、妻は家庭的で、浮気などできるタイプの人間ではなかったのです。

色白の、均整のとれた身体つきだけが取り柄の、何処にでもいるような目立たない専業主婦でした。

けっして、美人でもなければ身につけるものや、立ち振る舞いにしても、いっこうに、華やいだところがなく、見た目も、性格そのものも、地味な女だったのです。

「離婚するか、しないかは、相手の方と話し合って、貴方が決めて下さい…私は貴方の決断に従います…」

顔面蒼白の妻が、そう言って、土下座をしたとき、私は、初めて事の重大さに気づきました。

見合い結婚をして八年、いつか、こういう日の来ることを予感できない訳でもなかったのです。

夫として不甲斐ないのですが、新婚初夜の無惨な失敗以来、私には、夫婦生活に際して、妻を歓喜の絶頂へ導いたという実感が、一度たりともありませんでした。

病的な早漏を気にするあまり、ベッドの中で、妻の身体を大胆に扱うことができなかったのです。

射精を早めないように、刺激的な体位は避けたとしても、力強いピストン運動など望むべきもありません。

挿入後は、下腹を密着させたまま、ゆるやかな円運動を描き、お互いの恥骨を押しつけ合うばかりの交合でした…


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月15日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【妹】いとこ同士のセクス【体験談】

名前:<>130[sage]投稿日:2007/06/14(木)21:46:41ID:tbgC1UCb0<>

またまた前回の話からかなり間が空きまして今月の某日。

「私、気分屋だからまた気が向いたらフラっと帰るわ〜」

と言っていたいとこが帰省しました。

「1週間ほど居るつもり」との事だったので特にこちらの気も焦らず、都合の良い休日前夜に例によって祖父母の家にお邪魔する私。

玄関で靴を確認し、当然の事ながら(あ〜、居る居る)と思いつつ廊下を進みホールを横切って居間に向かう。

戸を開けると、見慣れた祖父母の顔に混じって懐かしいのがひとつ出迎えてくれた。

「あ、おかえり○○〜」

割に弛緩した笑顔で言ってくれるが、酒が入っている様子は無い。

気を張らなくても済む環境での、これがこいつ本来の笑顔なんだろう。

だからこちらも

「おー、ただいま。そっちもおかえり」

と、肩の力を抜いた返事を返す。






記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年3月1日 | カテゴリー:妹との体験談

【浮気・不倫】た・ね・う・ま【体験談】

むか〜し昔のことじゃった…

あまりに昔すぎて、覚えてないことや記憶違いもたくさんあると思う。





俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。

親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。

いわゆる「田舎の名士」の端くれだったんだろう。



田舎の秀才だった俺は、東京にある某「ものすごく有名な大学」に進学したんだが、

合格発表の翌日には「△△家の息子が×大に現役合格した」と集落中が知ってる。

それくらい地縁・血縁の濃い土地柄だった。



地元一帯は某保守政党の金城湯池で、両親とも某2世議員の熱心な支持者。

祖父と先代議員の時代からの付き合いで、後援会じゃそこそこ偉かったらしい。

俺も子供時代、何度か選挙集会に連れて行かれた。今じゃ黒歴史だけどな。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月25日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ