最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】友達の母 M子との再会【体験談】

もう3年前の話だが、飲んだ勢いで、オッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた

近所だったが、その店には初めて行った

マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だったオッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた

そこへ36歳のオレが行ったから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった

ベタベタと遠慮なく、カラダや太ももをなでまわされて、中にはチ〇ポをなでて来るつわものもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったぐらいだオバチャンのなかに見覚えのある人がいた

近所に住む後輩の母親(M子さん・57歳)だった

昔からキレイだったが、いまでも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた近付いて行って、「U川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、うれしそうに「あぁ、覚えてくれてたの?T君、立派になってるからわからなかったわぁ」と言われた

それから昔のことや、彼女が22歳でU川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聴いた

後半、オレが聞き役に徹していたら、「T君はやさしいねぇ、うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなった」と言っていたので、「オレでよければ、いつでも話相手になるから連絡してよ」と電話番号を割りばし袋に書いて手渡した

そして、店も閉まって、オレたちは解散したしばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみるとM子さんからだった

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」という誘いだったU川の家に行って、チャイムを押してみると中からM子さんが出て来たのだが、すでに着替えて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた

思わず胸元に目線が行くと「ちょっとォ、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」と言われたので、「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」と言うと、彼女が抱き着いて来て、「私も電話番号をもらったときから、エッチなこと考えちゃってたの」と言われた手を引かれて、寝室に通されると一人の女性には広すぎるベッドがそこにはあった

「こんなことになるのは、離婚してから初めてよ」と、わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた舌を思い切り絡めあって、むさぼるようにキスをして、大きな胸をワンピースの上からもんんでやった

勃起したペニスを洋服の上から恥丘にこすりつけてやるとM子さんが「アアァァァッ・・・」と大きな吐息をもらした

スソから手を入れて、ふくらはぎ、太ももをなでまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿り切っていたパンティーを脱がして、ワンピースもまくりあげて、一気に全裸にして、割れ目やクリトリスをベロンベロンに顔全体を使ってなめまくると、もうM子はガマンしていたものを吐き出すように「スゴイの!T君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」と快感の声をあげてくれた


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:友達との体験談

【お酒での失敗】千鳥足の女の子に痴漢してきました【体験談】

ちょっと飲みに行ったんですけど

飲めば飲むほどやりたくなってきました。



時間も1時を回ってたんで

今から駅前まで行って風俗行っても開いてないやろうし、



しかたなしに家帰って一人で励もうと思ったんですけど、

家にあるネタも見まくって飽きたしネタ作りに

ちか~んしたれ!っと思ってウロウロしてたんです。



しかし、いざやろうにも時間が時間だけに人が居ない・・・

しかも俺は結構小心者・・・



ちゅうこと断念してトボトボ歩いてたら居たんです!!!

しかも千鳥足で横揺れしながら!!!


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||

2015年12月29日 | カテゴリー:お酒での失敗体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【体験談】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。



それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。





麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。





(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)

麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。

(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)

麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。



麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。

(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【おっぱい】私立の男子校で教師をしてる56歳の主婦【体験談】

美也子さん(50代)からの投稿

—-

私立の男子高校で教師をしてます、56歳の主婦です。

息子はもう社会人になって自立して、今は主人と二人です。

高校ではラグビー部の副顧問に、三年生の担任に、父兄会も親睦会もさせられてもう走り回る毎日です。

長年教師してるのに私って何やっても遅くてドジばかりでほんとにどうしようもないんです。

身長が150しかなくて幼顔で、美貌とか色気なんて羨ましいです、どちらかと言えば可愛い甘えんぼの方です。

背が低いのに胸がいわゆる巨乳なんです。

ホルモンが分泌しちゃうんでしょうか、出産してからもまだまだサイズがアップしたりして、今はブラのサイズがJ70なんですね。

この身長でJカップはもう胸ばかりが目立ってしまいますね。

贅肉もちょっとついてしまってムチムチしてるから先生方にミニマムグラマーって言われちゃうそんな体型です。

見た目は顔も感じも磯山さやかさんって言われて、そんな優しいというかゆっくりした感じです。

教え子たちにきつく叱れない甘い私だから、ブラウスがはち切れそうになっちゃうと、男子高でそんなのはこの歳になっても囲まれてしまうんですね。

「美也子先生、今日もでかい」

皆もう美也子先生美也子先生ってなっちゃって私の胸なんです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年12月4日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】元クラスメートで少し憧れを抱いてたA子とピンサロで再会した【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

つい最近の話。

風俗好きの俺は1ヶ月に1回くらい風俗に行くんだ。

風俗っていっても金のない俺では、ピンサロがやっと。

ある日、いつものようにそのピンサロに行くと、オキニがその日は体調不良で休みだった。

出勤してる女の子も少なく、すぐいける子という事で今日が入店だという「めぐみ」という子を紹介された。

その店はパネル指名だが、「めぐみ」は顔を手で隠していて可愛いかどうかは分からないが、スリーサイズが明記してあった。

巨乳好きでもあった俺は、そこにある「B90(F)」で即決した。

店内は暗く、席に案内されて待つこと数分・・・人が近づいてくる気配が。

ハイヒールの音がだんだん大きくなる。

暗くてよく分からないが、それでも背が高くてパネルにあった通りのスタイルをしていた事は確認できた。

めぐみ「こんにちわ~、めぐみです」

・・・ん?、この声、どっかで・・・。

この聞き覚える声。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月19日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】【羨ましい】学校で3番目に可愛いクラスメートに図書室で抜いてもらった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高3の時に同じクラスの女友達にしてもらいました。

ここでは仮に美奈としておきます。俺の事はAで。

ちなみに美奈のスペックは身長160cm弱、Bカップ、活発系。

学年で3番目に入る可愛さ。

暑い夏の日、俺は昼休みに涼しい図書室で受験勉強に励んでいた。

しかし寝不足のせいで途中でウトウトしてしまった。

そして誰かに頭をツンツンされ、目を覚ますとそこには美奈と由美が立っていた。

由「おはー」

美「カックンカックンってなってたよw」

俺「おう、あやうく寝るとこだったわ。てか2人とも何やってんの?」

由「図書室涼しいから涼みに来たんだ」

美「Aは勉強はかどってなさそうだねw」

俺「うるせーw」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年10月16日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】ある鬼の記録 美緒の場合【体験談】

俺は会社をリストラされ、かなりやけになっていた。

「それなりに真面目にやってきた。その挙句がこのざまだ。」

昼間から町をうろうろするなんてサラリーマン時代には想像もしなかったことだが、俺は自分の将来そのままにあてどなくふらついていた。

・・いや、正確に言えばあてはないが「ねらい」はあった。

こうなったら何かやらかして警察に捕まってしまった方が楽かもしれない。

何をやるか・・思いついたのは「夢見ていた行為」の実現だった。

「もう、こわいものなんてないからな、やりたいことをやりたいように・・やってやる。」

俺は、俺の欲望の生贄になる哀れな少女を探してふらついていた。

ふと見ると、一軒の家にランドセルをしょった人影が入っていくのが見えた。

様子をうかがっていると、ポケットから鍵を取り出して開け始めた。

「・・あれでいいか・・」

俺は後ろから忍び寄って、背後から少女の口をふさぎ持っていたナイフを背中に突きつけた。

「・・黙って、中に入れ・・」

「・・く、グッ!?」

俺は少女と一緒に家の中に転がり込むように入ると、少女を突き飛ばし、玄関の鍵をかけた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2014年9月10日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】憧れの女性がピンサロに【体験談】

初めまして、私し須藤と申します、39才独身趣味はパチンコと風俗、その日の休み付き合いの長い友人、辻本といつものように行き付けのパチンコ屋に向かいました、そこには女性従業員の窪さんという人がおり、二人の憧れ、年は30前後、もう信じられない美しさ、スタイルと色気、キレイな歯と眩しい笑顔、いつも二人話題は窪さんの良さ、正直二人共オナペットにもしており、二人の口癖は、窪さん最高だよなー、あーやりてー、です、そんな中、その日はお目当ての窪さんは休みらしく、二人共負けの展開でそうそうに切り上げ車で10分位の繁華街に向かい、遅めの昼飯をとり軽くぶらぶら歩いていると、辻本がなにやら怪しげな看板を発見、看板にはジャングル天国 40分 8000円ポッキリ! と書いてありました、基本的にここは田舎で繁華街と言っても風俗はピンサロが2件のみ、ヘルスに行くには車を一時間位走らせなくてはなりません、ですから近い地元で新しい風俗店は貴重なんです、偵察を兼ねて行ってみようとなりました、現時点ではどんなサービスなのか全くわかりません、ギー!ドを開けると、やさしそうな店員(男性60才位?)が、いらっしゃいませ、お二人ですか?、今ならいっしょにすぐご案内できますよ、と、話かけてきた、とりあえず店員の良い態度にホッとし、入店を決めました、二人で8000円を払い、待合室通されて間もなく先程の店員がお待たせしました、お二人様どうぞ、奧の会場?に誘導されました、薄暗い通路の両脇にイス(二人ゆったり座れる位大きめ)が6つ有り辻本は左の一番奧、私はそのすぐ後に座らされました、仕切りはなく、草のような飾りが軽くぶらさがってるだけでした、2分位すると後ろからザッザッと女性が歩いてくる音が聞こえてきました、その女性私の席を通り過ぎ、辻本の席の横で立ち止まり辻本の方を向き、いらっしゃいませ、失礼します、席に座りました、私は彼女を見た瞬間棟りつきました、かわいい、というか、似てる、誰だ、そうだ、憧れのパチンコ店員の窪さんにめちゃくちゃ似てる、どうりでかわいい訳だ、くそーっ、羨ましい!、私はショックを抑え切れないまま自分の女性を待ちました、前(辻本)は完全に浮かれ状態で話をしている様子です、ザッザッこちらも来ました、いらっしゃい、ドスッ!横に座ったのは・・・まず太い、でやたら背が低い、髪は色気のないベリーショート、飲み物何に?と、顔を近ずげられギョッ!どう見ても50は越えている、しかも汗臭く、口臭もかなり臭い、笑う歯もかなり黒ずんで汚い感じだった、以下(ばばあ)

ばばあはスッと立ち上がり飲み物を取りに?行った、前も女性がいなかったので、辻本に話かけた、俺のヤバイは、ばばあだわ、お前のかわいいなー、すると辻本はいやっ・・・てか、あれ、あれ・・・、何か動揺している様子、俺が、いやかわいくてヤバイんだろ?と言うと辻本は、いやっ、あれ窪さん!あの!あの!私は耳を疑いました、確かに似ていたがまさか・・・、辻本は、ほんと!確認した!と言って慢心の笑顔をし正面を向いた、私は動揺しながも彼女が通る時よく見てみようと思い待機しておりました、又後ろから音がします、そして彼女が辻本の席に座る瞬間、私は認めました、彼女が窪さんである事を、続いてばばあが戻って来ました、ズボンとパンツ膝まで下ろして!、この人は敬語を知らないのでしょうか?、しぶしぶ自分で服をずり下ろすと乱雑に俺の息子を塗れティッシュで拭き始めました、その行為が終わるやいなやドスッと俺の股間にまたがりいきなりキスしてきました、うわっと思い息を止めてたんですが、ベロを入れてきてベロベロ舐めてきたんで思わず息すっかりたらウゲッ臭せ!、その頃前の席も(背もたれが低い為かなり見える)窪さん(もうこのさい本名で)も辻本にまたがり、色っぽいネグリジェ姿で辻本にエロく激しいキスをし始めた所でした、辻本はかぶさる唇の間から、ああああ、と声をもらしていました、それを見て俺は、憧れの窪さんと辻本がベロチューしている!そう思うと息子がビンビンになりました、それを見たばばあが、あらっ?元気、キス感じんの?だとさ、それに気を良くしたのかばばあはさらにベロを俺の口に入れ舐めてきたんです、違うって!気になる前は、ネグリジェを脱がした窪さんの小ぶりの胸を狂ったようにもみくちゃに揉み、舐め回していました、舐められている窪さんの顔はさらに俺の息子をはち切れんばかりにさせていった、ばばあは、自分のしょぼくれて干し葡萄のような乳首の胸を俺の顔に押しあて、わざとらしく、あー、あー、と気色悪い声を上げだした、前は二人寝た状態に(どちらが上かは不明)なったらしくチュバチュバと舐め合っている音と、窪さんの悩ましく甘い、ウン、アッアッアン、と聞こえてきます俺の息子は窪さんの声でイキそうです、ばばあは面倒くさそうに俺の息子を事務的にしゃぶりだしました、時々歯があたって痛いし、力が強すぎて不快でした、その時でした、前の背もたれから辻本の頭が出たり入ったりしています、ちょうど本番したら俺位置からそんな感じで見えると思います、えっ?ここ本番あり?、怪しいってそういういい意味?しばらく前の様子を見ていると、やはり辻本が窪さんの上にのり正常位で腰を振っているようなんです、(憧れの窪さんと辻本が本番!?)そしてそこから窪さんの色っぽく、いやらしい、声が次から次へと聞こえてきました、アッアッア、ンンンッ、遂には、アイッイイィッ、そして、アッイクッイクッイクッイクッア!(憧れの窪さんがそんな声を!)、辻本も、あうっ!いいの!?ああっ窪さんイクよっ!(本名まずいでしょ?)窪さんは、うんっ!いっいいよ!(ここだけ小声でした)俺はこのやり取りを聞いて我慢できずに(こんなばばあの口に出したくない気持ち)とは裏腹に大量の精液をばばあの口に出してしまった、物凄量が出たと思う、前も同じくらいに終わったらしかった、ばばあは、おえっという顔をしながら大量の精液を口からティッシュに吐き捨てておりました、ばばあ、うわあ、一杯出たねえ、なに?そんなよかった?、俺は面倒くさいから、はい凄い良かったです、って言ったらばばあ、ああ、そう、良かったね、と無表情で荷物を持ち立ち去りました、前はまだ二人はイチャイチャしキスしながら仲良く話をしています、ばばあが戻って来た頃、前の二人が立ち上がり、窪さんが、今日はありがとうございました又お待ちしております、こちらも二人立ち上がり前の二人の後を歩きばばあ、どうもー、玄関を出て俺と辻本はぎこちなくしばらく無言でした、辻本の車に乗り込み俺が窪さん良かった?と聞くと、辻本は、やばい、やばすきる、最高だったわ、辻本はニヤリと笑った、俺は思わず、もしかして本番した?と聞いた、辻本はヘヘヘと思わせ振りに笑い、ああっ、と答えた、ああって、あの憧れの窪さんと本番!?、俺はわかってはいたけどショックでした、辻本は1万追加してスペシャルコース(本番)を進められ断わる理由もなく承諾したと、最初はゴムを着けてしてたらしいんですが本番してる最中に、辻本が、いくらか追加したら生でできる?って聞いたら、窪さんの指が2本差出したらしいんです、暗黙で2万追加で生昇格、(つまり全部で38000になりますが、憧れの窪さんに中出しできれば激安です)ゴムを取り本番開始、辻本は中出しする瞬間ビビリ、窪さんに、いいの?と聞いた、窪さんは承諾した、その最後のやりとりが聞こえてきたのを思い出し、辻本が嘘や冗談を言ってない事を確信しました、案の定辻本は38000なんて安い、満足感いっぱいの顔で帰っていきました、その夜今日の出来事に異常に興奮し、おさまらず延々オナニーしてました、数日後俺は辻本にお願いした、窪さんの源氏名を教えてほしい、俺も窪さんとやりたい、頼む教えてくれと、辻本は迷わす言った、それだけは無理だ、窪さんと内容にすると約束したかららしいんです、・・・それから俺は店に電話して窪さんの事を調べ探りましたが、基本的に女の子は素人、自由出張、いつ誰が何時にくるか店側もわからない、(出勤は女の子から聞いてくれ)(だから一回つかなきゃ話できないでしょうに)女の子が来ない日は店は休みぐらい適当だという事がわかっただけでした、パチンコ屋はかなり出勤が減っているようですがいる事はいる、しかし本人に聞く訳にもいかず、ただただいつものよう遠目から眺め、あなたが辻本と本番した事知ってますよ、と思い興奮し帰ってオナニーするくらいしかできません、・・・それからしばらく辻本なんとなく会わなくなり久しぶりに合って、ああ、あの窪さんの店あれから行ってるの?と聞くと辻本は開き直ったかのように、ああ、もう止められない、窪さんの出勤日はほとんど行ってる、結構少ないんだけどね、・・・俺はもういいや、諦めた、・・・あの憧れの窪さんと辻本はいったい何回やってるんだ?何回中出ししたんだ?そう考えるとなぜか急激に興奮し夜必ずオナニーしなければ収まりつかない体に、そして辻本にも連絡をとらなくなりました、又今日もあの店で窪さんが辻本に中出しさせていると思うと興奮感じてしまい狂ったように毎晩オナニーして頭がおかしくなりそうです。

記事関連タグ

||||||||||

2014年9月9日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】最高のオナニー【体験談】

<>441名無しさん@ピンキーNew!2013/07/29(月)07:22:13.21ID:m/Y/wYFc<>

自分をフった女の子と会うことほど気まずいものは、世の中に中々ありません。

僕はその日おびえていました。1年前に勇気を出して告白したものの見事に玉砕した香奈枝ちゃんが、家に遊びに来るというからです。



そもそも決して可愛くもなく、ましてタイプでもない彼女に告白したのは、何度か二人で遊んでいるうちにこっちに気があるのではないかと勘違いしてしまうという非常に恥ずかしい理由でした。

不思議なもので、一度そういうことを意識してしまうと止まらないものです。

僕は気がつくと毎晩彼女でオナニーをしていました。

童貞の僕は、彼女が見せる白い生脚や、ストローを吸う時の唇のすぼみなどを思い出してはそれを白く汚す妄想に取りつかれていました。

繰り返しますが、香奈枝ちゃんは決して可愛くありません。

芸能人で言うとPerfumeのかしゆかにかなり似ていますが、あれをほんの少し崩すと結構微妙な顔立ちになるのは想像していただけるかと思います。

ただ身体つきはいやらしいものでした。170cm程度の高い身長とほのかに肉のついた稜線はその抱き心地の良さを感じさせましたし、

何より肌が凄い白くてそこが僕の欲情を非常に掻き立てたのです。

オナニーで満足できなくなった僕は、その身体にどうしても自らをゆだねてみたいという欲望に逆らえず、また流石に失敗は無いだろうという慢心から軽い気持ちで告白してしまいました。

結果は玉砕。

普通にあっさり断られ、その後の交流は殆どなくなってしまったのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】世はおしなべて事もなし【体験談】

<>401名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:14:32.78ID:Kgac48BI0[1/18]<>

友達ってわけでもないが、まあこのスレが一番近いかなと思ってココで書く。



去年の盆に高校の同期会をやったんだが、その準備を一昨年の秋くらいからしてた。

まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、

積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。



高校は県下でも有数の進学校で、美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に

行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。

ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で

週末や週中にたまに帰ってくるくらい。

まあ、あとでその旦那の浮気が元でこのスレに書くような事になるんだけど。



<>402名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:16:15.20ID:Kgac48BI0[2/18]<>

会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月25日 | カテゴリー:友達との体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ