最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【浮気・不倫】ショタな男の子といけない子作り 【体験談】

私は亜希といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美優ちゃんと従弟のまさるくんが同居しており、6人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美優ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。



 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。夫の父も母も祖母の言うことは聞かなくてよいといってくれたのですぐに結婚しました。でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。夫は何もいえませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさるくんが怒って祖母を、田舎に追い返したので、事なきを得ましたが、結婚しての1年間、毎晩、生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。その事を知った祖母がやってきて、私の事を欠陥品と罵る始末。私は体を調べてもらったが特に問題はありませんでした。夫のほうに問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。最後はまさるくんが祖母を追い返してくれました。



 美優ちゃんに思わず相談すると、美優ちゃんは夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。それを聞いて私は途方に暮れました。セックスのとき、ちゃんと射精するので精子がないわけではありません。時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。



 そんな中、義父の会社に勤めるまさるくんの両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。まさるくんは小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。何より祖母から助けてくれて以来、私はまさるくんの事が好きでした。だから、私はまさるくんとセックスをして、子供を作ろうと考えました。もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。まさるくん本人とご両親も同居に賛成してくれました。こうして、私の家にまさるくんが来てくれました。



 まさるくんが来て、数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出かけました。夫を送り出してすぐに二人きりになった私は早速まさるくんとセックスをしようと張り切りました。目的は子作りですが、相手は大好きなまさるくんです。その初めての相手になるのですからテンションもあがります。私はお風呂を沸かし、まさるくんを先に入れました。そして、すぐに私も裸になり、お風呂に入ります。



「あーちゃん、なに」

 当然のことですが、まさるくんは驚き、股間を隠します。

「せっかく、二人っきりだから、一緒に入ろう」

「でも」

「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけではじゃなくて一緒に寝よう」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2015年6月13日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【妹】義理の妹と欲求不満を解消しあってる体験談 【体験談】

結婚して3ヶ月、俺たち夫婦は妻の実家で暮らしてる。



俺は次男だし嫁は長女なので相手の家に入ることになった。



はじめ新婚のうちは2人でマンション生活をしようと思っていたが、予想外に妻が妊娠してしまい、俺の収入だけでは暮らしが厳しいので妻の両親と同居することになった。



妻の両親は話の分かるいい人で、この同居生活にも大分馴染んできたが問題もあった。



それは夜の夫婦生活のことだ。



はじめ安定期に入ったらセックスを再開することになっていたんだが安定期に入っても拒まれ続けている。





無理やりするのもなんなので、仕方なく嫁がいるのに1人寂しくオナニー続きだ。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2015年5月9日 | カテゴリー:妹との体験談

【フェラチオ】【援交】天使のように可愛いJKにテニスウェアを着せてエッチなことをした【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

前回の話:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた

俺はついに結菜の妹であるJK1年生の綾菜とも援交をすることに成功した。

姉の結菜がどちらかというとMなのに対して、妹の綾菜はSなのかもしれない。

あの若さでS気質な綾菜が、一体彼氏とはどんなプレイをしていたのか気になっていた。

次はいつ綾菜とやれるんだろう?と思っていたある日、姉の結菜から電話がかかってきた。

俺「やあ、元気?」

結菜「・・・ううん」

俺「どうしたの?元気ないね?」

いつもより結菜は元気がないように感じた。

結菜「・・・あのね・・・あれから生理が来ないの・・・」

俺「えっ!?ま、まさか俺と最後にした時から?」

俺が最後に結菜に中出しした時、もしかしたらヤバいかもと言っていた結菜を思い出していた。

結菜「そうだよ・・・」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月13日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【体験談】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。



焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。



アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。



一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。





そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。





山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」



果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】いけない子作り【体験談】

 私は鮎子といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の親戚の美由子ちゃんとまさるくんが同居しており、5人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美由子ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。

 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。夫の父も母も祖母の言うことは聞かなくてよいといってくれたのですぐに結婚しました。でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。夫は何もいえませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさるくんが怒って祖母を、田舎に追い返したので、事なきを得ましたが、結婚しての1年間、毎晩、生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。その事を知った祖母がやってきて、私の事を欠陥品と罵る始末。私は体を調べてもらったが特に問題はありませんでした。夫のほうに問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。最後はまさるくんが祖母を追い返してくれました。

 美由子ちゃんに思わず相談すると、美由子ちゃんは夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。それを聞いて私は途方に暮れました。セックスのとき、ちゃんと射精するので精子がないわけではありません。時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。

 そんな中、義父の会社に勤めるまさるくんの両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。まさるくんは小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。何より祖母から助けてくれて以来、私はまさるくんの事が好きでした。だから、私はまさるくんとセックスをして、子供を作ろうと考えました。もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。まさるくん本人とご両親も同居に賛成してくれました。こうして、私の家にまさるくんが来てくれました。

 まさるくんが来て、数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出かけました。夫を送り出してすぐに二人きりになった私は早速まさるくんとセックスをしようと張り切りました。目的は子作りですが、相手は大好きなまさるくんです。その初めての相手になるのですからテンションもあがります。私はお風呂を沸かし、まさるくんを先に入れました。そして、すぐに私も裸になり、お風呂に入ります。

「あーちゃん、なに」

 当然のことですが、まさるくんは驚き、股間を隠します。

「せっかく、二人っきりだから、一緒に入ろう」

「でも」

「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけではじゃなくて一緒に寝よう」

「…………いいの?」

 まさるくんはその言葉の意味をなんとなく理解してか、恐る恐る聞く。

「うんいいよ。まさるくん、私のこと好きでしょ。私もまさるくんのこと好きだから、今日から毎日好きなだけセックスさせてあげる」

 私はまさるくんに前も隠さず、自慢のEカップを見せて、お願いをすると「うん」と頷きました。

 私はまさるくんの体を洗ってあげました。子供だからといっても成長期ですから、体はやや同世代の男の子より少し大きめで身長も私の頭一つ小さい程度です。そして、肝心のオチンチンはどれくらいかと隠していた股間を開かせるとまあびっくり、巨根というほどではありませんが、夫とほぼ同じ大きさがありました。夫も大きいほうなので、このオチンチンなら私を満足させてくれるはずです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月15日 | カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】人妻ハメてきたww 【体験談】

<>4:名も無き被検体774号+:2012/03/13(火)21:01:44.06ID:BoPvIc4G0<>



あまり文才じゃないので、酷なところもあるけどそこは勘弁。



─。



土曜日の昼下がり、暇を持て余していた俺は、



いつものように自宅のパソコンでメタルをBGMに、



SNSで人妻を物色していた。



<>8:名も無き被検体774号+:2012/03/13(火)21:02:57.18ID:BoPvIc4G0<>



なかなか好みの人妻が見つからず、時間だけが無情に過ぎていくそんなある時。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年8月4日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】ちんちん洗脳術11【体験談】

尿精子液をぶっかけられた妹は、何事もなかった様にチンポを舐めてます。

妹は『出たね。ネバネバしてるけど、まだ精子じゃないでしょ?おしっこかな?今度は、しゃぶるね。』

俺『いっぱい吸って、チンポをべちょべちょに!!』妹『うん。気持ち良くなって、精子を出してね♪』

俺のチンポはビンビンになている。妹の唾液と尿精子でチンポが濡れていた。

妹『あ〜むぅ。くちゅくちゅ…ちゅぽちゅぽ…んぐっねちゃ、ねちょおぉぉ。』妹は俺のチンポを凄い勢いで吸いながらディープスロートをしている。妹の口はチンポでいっぱいだろう。俺は『うぉっ!!来たぁぁ上手い。気持ちいい。』

妹は『モゴモゴ…はぁぁ。お兄ちゃん気持ちいい?』俺は『もう…最高だよ。気持ち良すぎて、精子がでちゃうかも…。』妹は『そんなに気持ちいい?いつでも精子出していいよ。あぁぁむっ!!くちゅくちゅ…』チンポをパクっとくわえ、大きく上下に頭を動かしている。頬がチンポの形になって…頬がぺこんとへこむ。妹の頭を掴み、口の動かしかたを教えた。妹の頬が内側からモコッモコッと突き出す。凄いです。最高。チンポの根元から皮を持ち上げ、亀頭をベチョベチョ舐めてます。

記事関連タグ

||||||

2014年7月18日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】柔道部さやか3【体験談】

「こんな技、どこで仕入れきてん?」

バイブを当てたかのように、喉をビブラートさせ、ち○ぽ全体が振動を感じます。いまだかつてない経験でした。ディープスロートしながら、両手はわたしの尻を掴んで密着したままです。仁王立ちしてのディープスロートは、さやかに征服されているようです!

なにせイラマチオする必要が無いほど深くくわえ込み、快感で打ち振るえて腰を引きたくても、がっちり尻肉を捕まれては逃げようがありません。「さやか、あかんて!お兄ぃ下半身溶けてしまいそうや!許してくれや~~~」

さやかは勝ち誇ったように「な、お兄ぃ覚悟しときやって言ったやろ!(笑) でも・・・ 許したらへん!覚悟しなさい!(笑) お兄ぃを壊します!」

そう言うや否や、再びバイブディープスロート攻撃が開始されました。先程とは違い、両手を股間から入れて尻肉を抑えつけています。そして、一旦ち○ぽを離したかと思うと、右手の親指を舐って自分の唾液でベトベトにし「さあ、お兄ぃの好きなとこ愛撫したげるな!もちろんち○ぽはしゃぶったままやで!これでイカしたるから、楽しみにな!」と言うと、アナルに親指を当ててゆっくりやんわりホジりだしました。日頃からフェラチオの時は必ずアナルに刺激を加えて、カチカチに勃起させるのがさやかの習慣でした。さやか曰わく「おにぃ、アナル弱いって言うか愛撫されるのん好きやん。さやかおにぃやったらなんでもしたげるよ!気にせんといて!愛するおにぃやったら汚くなんかないからね!」その言葉には愛を感じますが、下半身はガクガク震え、爪先から太ももにかけて熱く痺れるような痛みにも似た快感です!「あっ、あ~~ん、もう無理や!イキそう~!爆発しそうや!下半身溶けそうや。勘弁してくれ・あっあっあ・・・」 あたまの中が一瞬スパークしたみたいに、目の前が白くなり、やがて黒くなりました。そうです、中3のさやかに失神させられたのです。この後さやかもびっくりしたみたいでしたが、「おにぃ大丈夫?」って聞いてきました。なんとか返事しました。恥ずかしいですが、同時に失禁もしたようで、「わっ、わ~」とさやかの声が聞こえたと思うと、ち○ぽあたりにまた温もりを感じました。気を取り直したところにさやかが「ごめん、やりすぎたかも!おにぃ大丈夫?おしっこ漏れてきたけど、さやかが受け止めたからどこも汚れないよ!おにぃ大好き!」

記事関連タグ

|||||||

2014年7月10日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と2 【体験談】

出会ったときから一目惚れで、ずっと好きだった麻衣。でも、僕に振り向いてくれず、逆に彼女の恋の相談相手のような感じになっていた。

それでも諦めずにいた僕に、チャンスが来て付き合うことが出来た。

でも麻衣は、僕と付き合っても、別れた先輩を忘れることが出来ないこと、僕はずっと二番だと言うことを、申し訳なさそうに告げた。

僕は、いつか先輩を忘れさせることが出来ると信じて、そんな条件でも麻衣と付き合い続け、とうとう結婚出来た。

そして結婚して2年経ったある日、偶然街で、麻衣の別れた彼氏である先輩と出会ってしまった。





迷いに迷ったが、麻衣にもその話をした。結局、麻衣はもう一度先輩に会いたいと、泣いて謝りながら言ってきた。

そしてその日は来て、なぜか僕は先輩の嫁さんのアリーさんと過ごすことになった。麻衣が元カレと会っているという、最悪な状況にも関わらず、よりによってアリーさんとセックスをしてしまった……。



それは今まで経験したことのない、激しくエロいセックスだった。

自己嫌悪に押しつぶされながら帰宅すると、すでに麻衣は帰ってきていた。



『……キスしちゃった……。先輩と、キスしちゃったよぉ』

泣きながら言う麻衣。でも僕は、アリーさんとのことがあり何も言えなかった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月22日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【フェラチオ】教育実習先で男女ともに人気のあったボーイッシュの女の子【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

もう10年も前の話。

当時の俺の状況を説明します。

俺:一浪後に大学に入学した、大学4年生の教育実習生。あるスポーツでインカレ入賞成績あり。

東北地方のある県の母校で教育実習を行う。

実際に教育実習に行った事のある人なら分かると思いますが、教育実習生はモテます。

でも大学では

「絶対に女子生徒には手を出さないように。君たちがモテるのは一時の気の迷いからなんだから」

と教育されます。

俺ももちろん電話番号を何人かの女子生徒にしつこく聞かれていましたがきっぱり断っていました。(当時は携帯を持ってなかったのでアパート備え付けの電話)

俺は、当時人気のお笑い芸人に似ているという事で、生徒の間ではその芸人の名前で呼ばれていた。

ここでは仮にヒロシとします。

俺も嫌な気もしなかったし、中学生相手に怒るのも・・・というのもあって、好きなように呼ばせてました。

短い教育実習の期間の中でも生徒の悩み、とりわけ恋愛についてはよく相談を受けました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月11日 | カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ