最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場】【感動】結婚は絶対にしないと言う彼女・・・実は、凄惨な過去を引きずっていた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺はまだ二十代後半だが、三十路をとうに過ぎた年上の妻と子供二人で暮らしている。

俺は、高校を卒業して大手企業に就職した。

20歳を超えた時に東京に転勤。

赴任した部署に嫁子が契約社員として勤めていた。

俺はシステムエンジニア。

嫁子は、5歳年上で経理や庶務的な営業事務を担当していた。

そこの部門は30歳以上の既婚者ばかりで、俺と嫁子だけが20代。

嫁子が唯一気軽に話せる相手として、よく話をしたり一緒に食事に行ったりしていた。

適度に肉付けよくバストも大きい、腰付きもググッとくる男好きするスタイル。

何よりも、大きくてきつい瞳。

女優の新藤恵美さんにそっくりだ。

まさに俺好みだったけど、年下なので相手にされるわけもないと思っていた。

仕事にも慣れてきた頃に意を決して告ってみた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月23日 | カテゴリー:職場での体験談

【フェラチオ】塾で知り合った1つ上の先輩は、とても綺麗な人だった【体験談】

田中さん(10代)からの投稿

—-

まだ中学生で田舎に住んでいた頃、ボクは街の小さな塾に通っていた。

その塾は学年に関係なく大広間で学力別のプリントをもらい、自分で問題を解いて先生に採点をしてもらって、合格ラインに達すると勝手に帰っていくという奇妙なシステムだった。

先生は授業をして教えてくれるわけではなく、学校で習っていないことだったりすると生徒同士で教え合うということになっていたので、騒ぎさえしなければ私語も許されていた。

奇妙なシステムだったが、何故かそれなりの学力はつくので、ボクは小学生の頃からそこに通わされていた。

友達にその話をしたら変な塾だと思われたようで、知り合いはほとんどおらず、周りには小学生のガキんちょばっかりで、塾に着くと黙々と問題を解いて、いかに早く帰っていくかというのがボクの週に2日の日課だった。

中2の夏休みが終わった頃、珍しくボクと同じ中学校の制服を着た女子生徒2人がその塾に通い始めた。

そのうちの1人が凄く綺麗な女の子で、その子が初めて大広間に入ってきた時には、思わず二度見してしまったほどだった。

先生と何を話しているのかが気になって、ボクの顔は別の方向を向いているのに全神経が耳に集中していた。

漏れ聞こえて来る声に神経を尖らせて聞いていると、どうやら3年生のようだった。

綺麗な方の子の名前がナツミと聞こえた。

もう一人も続いて名乗っていたが、どうでも良かった。

二人は同じクラスの友達で、高校受験を前に塾に駆け込んできたという何とも呑気な感じの二人だった。

それからは俄然、塾に通うのが楽しくなった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月20日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【学校】県外に出張した時に行ったソープで来た子が中学の時の元カノだった【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿

—-

県外に1ヶ月ほど出張した時にちょっとソープに行ってみた。

特に指名もせずに来た女の子は中ぐらいの娘。

ひと通りプレイしたけど時間が余ったので、雑談してるうちに女の子が

「お客さん、地元の人と違うでしょ?」

と言った。

俺「なんで分かった?」

嬢「話し方が違うなって感じたの」

俺「出張でここに来た。地元は◯◯県だよ」

嬢「えっマジ?あたしもそこ出身」

俺「そんな偶然あるのか」

歳を聞くと、俺と同い年。

俺は高校行ってないので中学を聞いたら同じ中学だった。

嬢「そこも一緒?」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||

2014年10月1日 | カテゴリー:学校での体験談

【初体験談】あまりに可愛い店員さんに一目惚れして毎日通った【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺の嫁さんは元ヤンキー高校に入学してすぐ辞めちゃってからフリーターしてた。

そのバイト先の客だった俺は、初めて見かけた時にあまりにも可愛い顔立ちにイチコロで惚れちゃった。

次の日から毎日通って、さりげなく話し掛けたりして1週間後に普通に誘った。

で、貰った答えがなんとオーケー!

あの日は天にも昇る気持ちだったなぁ・・・。

当時は俺30手前で嫁さんは16歳だったんだけど、聞くまで真面目に20歳位だと思ってた。

彼女が休みの火曜の夜に、何故だか区役所の前で待ち合わせ来てくれるか不安だったけど待ち合わせより早く来てくれてた。

その時の格好は、まぁそこいらにいるヤンキー丸出しな格好だったけど、ルックスがとにかく可愛いので待っててくれた彼女を見た瞬間心臓バクバク。

目眩がして倒れそうだったな。

車から降りて彼女に挨拶、瞬間

「まさか騙されてないか?」

なんてよぎったりもしたけど、返ってきた綺麗な声の返事が

「こんばんは~!」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | カテゴリー:初体験談

【おっぱい】小学生の頃に専門学校生の叔母と一緒にお風呂に入った【体験談】

東京都/達也さん(20代)からの投稿

—-

マキ姉ちゃんはボクの母親の年の離れた妹、即ち叔母で、ボクとは8歳しか年が違わないことから、小さい頃はいつも面倒を見てもらっていた。

母は若くしてシングルマザーになってしまったので、ボクたち親子は祖父母やマキ姉ちゃんとずっと同居していた。

小学生の頃、当時高校生でその後専門学校生になったマキ姉ちゃんがボクの面倒を見てくれていた。

ボクは優しいマキ姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたのだけど、そんなボクに嫌がる素振りも見せずにマキ姉ちゃんはいつも相手をしてくれていた。

そして、もうすぐ中学生になろうかという頃、ボクはマキ姉ちゃんのことを思うと股間が硬くなって痛くなることに気が付いた。

どうしてそうなるのか当時は分からなかったけど、まだ子供のボクはマキ姉ちゃんの布団に潜り込んだりしては、マキ姉ちゃんに抱き付いたり、マキ姉ちゃんの身体に股間を擦り付けたりしていた。

無邪気なふりをしておっぱいにも触らせてもらっていた。

またある時は、マキ姉ちゃんが学校から帰ってくる前に、そっと部屋に忍び込んで下着を見たり触ったりして楽しんでいた。

マキ姉ちゃんは下着を小さく折りたたんで綺麗に引き出しの中に並べていた。

ボクはその1つをそっと取り出しては匂いを嗅いでみたり、時にはズキズキする股間に巻きつけてみたりしていた。

ガーゼのように柔らかい手触りの布地で、マキ姉ちゃんの下着はボクのまだ幼い性器を柔らかく包み込んだ。

でも、まだ勃起のこととかよく分かっていなくて、本能的にそうすることが心地よいだけで、それが悪いことだとは思わなかったし、性に対する十分な知識もなかった。

そんな毎日が続いていたある晩、マキ姉ちゃんと家で2人きりになったボクは、一緒にお風呂に入りたいとマキ姉ちゃんにせがんだ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月31日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【初体験談】高校に合格したらヤラせてよとクソ真面目な副担任に言った結果【体験談】

中学3年の時の副担任(25歳)を男子生徒達はいつもからかっていた。

副担任も真面目な感じで、真剣に怒ってくるから余計に面白がってからかわれる。

でも、皆は否定していたが男子生徒達はその副担任の事が好きだったと思う。

可愛かったし、少しポッチャリだったけど良い体してたし・・・。

「恋人いるの?」

と質問すると副担任はマジで悩んでしまい、

「そんな事答えられるわけないでしょ」

と、生徒達の質問をマジで答える。

「じゃあ、オナニーばっかりなんだ、先生」

と言われて、図星と分かるほど動揺する、真面目タイプの副担任。

進路が決まり、放課後副担任と教室で2人っきりになった時、

「先生、合格したらやらせてよ」

といつものように冗談っぽく言ったら、困った顔をする。

その困った顔を面白がっていたら

「じゃあ、合格したらよ」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年3月13日 | カテゴリー:初体験談

【恋人】自分と出会うまで、嫁は修羅場のオンパレードだった【体験談】

俺の嫁さんの半生は無茶苦茶な人生だった。

5歳の時両親がW不倫で離婚し、どちらも引き取らず施設へ。

そこの施設では虐待、いじめのオンパレード。(まともに中学校もいけず)

16歳で脱走し、夜の世界へ。

そこで出会った男には金づる扱いで、挙句の果てに893に身売りされかけ、その後は逃げるように各地を転々としながら派遣として某観光地のホテルで働く…という修羅場の見本市みたいな嫁だった。

出会いのキッカケは、嫁が働いていたそのホテルのバーに入った時、俺がバーテンダーをしていたから。

従業員同士なのでちょくちょく顔を合わせる事もあり、次第に仲良くなっていった。

とは言っても最初はめっちゃ警戒された。(嫁曰く、嫌いとかじゃなく過去の経験から)

バーに来る回数を重ねる毎に彼女への想いも強くなり、とうとう彼女に想いをぶつけたが、答えは

「考えたい」

との事だった。

それを機に彼女がバーへ来る事も途絶え、諦めかけていた。

ひと月経ったある日、彼女がふらっとバーへ現れた。

「俺君の事は好き…でも怖いんだ」

「怖いって、性格とか?」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年3月4日 | カテゴリー:恋人との体験談

【おっぱい】「ありがとう」を心を込めて言ってみたら、ボクに大切な人ができた【体験談】

リクさん(20代)からの投稿

—-

某アダルトサイトで、「ありがとう」と「ごめんなさい」は魔法の言葉、という話を読んだ。

それで、綺麗だけどツンケンしてお小言ばかり言う総務のお姉さんに、試しに

「ありがとう」

と言ってみた。

仕事として当たり前だと思うような事は軽めに、ホントに助けてくれた時には、心を込めて感謝の気持ちを伝えるように言ってみた。

最初はビックリしていたみたいだけど、なるべくわざとらしくならないように言っているうちに、ボクも慣れてきて自然に言えるようになってきた。

するとお姉さんはあんまりお小言を言わなくなってきた。

新人のボクは色々としでかすので、その時は注意されるけど、以前のような冷たいトーンではなくなってきた。

ある日、帰りの電車でお姉さんと一緒になり、乗り込むとギュウギュウ詰めで、向かい合わせにくっついた格好になってしまった。

痴漢じゃありませんよ、という意思表示のために両手で吊り革を持つようにしていたけれど、お姉さんの胸の膨らみが僕の胸に当たっていて、ボクの鼻のすぐ下にお姉さんの頭がきていた。

全く身動きが取れない状態で、下手に動くとそれこそ誤解されそうなのでジッとしていたら、ボクの股間は大きくなってしまった。

股間もぴったりお姉さんの腹部に密着していたので、気づかれないかとハラハラしていたらお姉さんが少し顔を赤らめているように見えた。

気づかれている・・・。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月31日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【職場】職場で一目惚れした人は人妻だった【体験談】

俺が入社2ヵ月目、嫁は3年先輩。

ひと目惚れ状態の中、2人きりで仕事する機会があって、映画の話で盛り上がった所でデートに誘ったら

「私、結婚してるんだよ。知らなかった?」

動揺で、ひと目惚れだった事も自爆しながら必死に謝ったら嫁も

「勘違いさせてごめんね」

と内緒にしてくれて、普通に接してくれて無事だった。

結婚指輪はしてない、遅くまで残業もしてるし分からなかったんだよ(´・ω・)

2年目に入って少し経った頃に、嫁から飲みに誘われて楽しく飲んでたら暗い話になった。

俺が入社する以前に旦那さんが浮気をして、再構築しようと夫婦関係に葛藤したりストレスになったり、内側ばかり目を向けて、自分がどうしたいのか分からなくなってた。

◯◯(俺)君が好きだと言ってくれて、気が楽になって少し外に目が行くようになった。

浮気しないで自分に興味を持って大切にしてくれる男が他にいるんじゃないか。

今までの再構築は時間の無駄だったんじゃないか、これからも無駄な時間を過ごさなきゃいけないのか。

旦那に触られたくない触りたくない、愛情もあるのかも既に分からない。

旦那はやり直したいみたいだけど知らん。

さっさと離婚して次を探したい。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年1月28日 | カテゴリー:職場での体験談

【おっぱい】【お勧め】露天風呂で幼馴染とお医者さんごっこする流れになった【体験談】

幼馴染との、凄く興奮した出来事が昔あったので思い出しながら書いてみたいと思う。

幼馴染の名前は、理沙。

理沙とは仲良しで同じクラスだった。

学校では変な噂を立てられるのが嫌であまり話をしなかったが、夜は携帯で2時間以上長話をする事もあり、親からもよく怒られてた。

会って話をする事もあったが、何か照れくさいので電話で話す方が多かった。

この頃は彼氏・彼女の感覚はなく、幼馴染という独特の空気感に包まれてた気がする。

そんなある夏の日の夜、小さい頃によく理沙とお医者さんゴッコしたって話で盛り上がってた。

お互いアソコも毛がなくてツルツルで意味も分からず触り合いっこして遊んでて…てな話をした翌日の休みの日、家から車で1時間くらいで行ける温泉に家族と出かけた。

温泉に着いてすぐに大喜びで露天風呂に行ったら、そこに何と理沙の姿があった。

!!!?いやぁビックリしたよ。

混浴だった事にもビックリしたけど、タオル1枚の理沙の姿を見た時には体が固まった。

理沙も俺の姿を見つけた瞬間に心臓が飛び出るかと思ったらしい。

日が暮れるちょっと前で明るかったからすぐ分かった。

どっちもタオル1枚。

いつもスケベな話してるのに、何かお互い近寄れなくて、最初は


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月27日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ