最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【風俗】過去に女房がヤクザの奴隷【体験談】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。

だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。

数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ

と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして

いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。

(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)

女房は酒好きでだらしがない。

酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると

一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。

残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、

そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)

当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)

昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。

ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。

ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:風俗での体験談

【風俗】キャバクラに来たとんでもない親子(エロ親父+エロガキ)の客【体験談】

私は都内の高級キャバクラで働くホステスです。

先日とんでもない客が来たので、お話したいと思います。

その客というのは、父親と息子の親子の客なのですが,、

相当なvip待遇の客らしく、事前に店を貸切った挙句、店にはリムジンで乗りつけ、周りに屈強なボディーガードのような人達を伴いながら来店してきました。それぐらいならまだいいのですが、問題というはその息子というのが明らかにまだ○学生の高学年ぐらいの子供なのです。。

店側もさすがに、「未成年は困ります」と父親に言いましたが、父親は札束をいきなりをドン!という

感じでカウンターに置き、

「この子は先日18歳になったばかりだ。何も問題ないね?」と言ってきました。結局そのまま店側が折れる形で、その親子は店で一番高いVIPルームを陣取り、

私を含め実に店のほとんどにあたる十数人のホステスが付きました。VIPルームでは父親は金に物を言わせてドンペリやキャビアなどの高級な酒やつまみ

また息子のために高級なフルーツやチョコレート等のお菓子を大量に注文しました。それだけならまだ金払いが良い客なのですが、その父親がまだ子供である息子の前にも関わらず平気で私達の体を触ってくるのです。。。

私達のドレスの中に手を入れて、胸や下半身を触りながら、挙句の果てに息子にも

「大人の女というのはこうしてやると、喜ぶんだぞ!(※息子の名前)もやってみろ!」と言ってきたのです。

息子のほうは最初は遠慮がちに私達の胸をつんつんとつついてくるぐらいでしたが、やはり親子なのでしょうか。。。

私達が抵抗しないと分かると、父親と同じようにドレスの中に手を入れてきて胸を鷲づかみしてきたり、

スカートをめくってパンティーをのぞいてきたりしました。

また私達が嫌がるのが、相当面白いらしく、とてもまだ子供とは思えないような下卑た笑い声を上げて


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:風俗での体験談

【友達】家庭教師【体験談】

 ぼくは、中学3年のときに家庭教師に来てた当時19歳の女子大生、ユミさんと初体験しました。 夏休みに、キャミソール姿のユミさんに興奮。チンコがおっ立っちゃって、それがユミさんにわかってしまって、経験豊富だっていうユミさんが上になって入れさしてくれました。「したいの?」と聞いてきたので、「したい。」というと、僕に服を脱ぐように言いました。すぐにスッポンポンになると、ユミさんもスッポンポンになってくれて、裸見て、大興奮でした。

そんときは、よくわかんなかったんですけど、ユミさんはバックからコンドームを出してぼくのチンコにかぶしてから割れ目に入れました。

 ユミさんが船こぎするみたく動いたんであっていう間に気持ちよくなって、ドクドクピュッピュしました。その日は夕方までセックスを何度も何度も楽しみました。 その後も、毎回ユミさんとセックスをたのしみましたが、入れるときは絶対コンドームをかぶせられました。



 コンドームなしで入れてドクドクピュッピュすると、妊娠したり病気がうつったりするから、ほかの女の子とセックスするときもつけなきゃだめっていわれましたが、ユミさんのほかにセックスさしてくれる女がいなかった。だから、ぼくは高校入試までほとんど毎回2時間の授業のうち1時間30分くらいユミさんとセックスしてました。 高校に入って、他の友人とセックスの話になって、ぼくの体験を話したら、みんなコンドームとかなしで最後までいってるって自慢されちゃって、むっとしました。

 で、ユミさんに連絡とってあってもらって、コンドームなしでセックスしたいっていったら、わたしはあんたのコなんか生むきないからだめって断られました。でも溜まってるって言ったら、コンドームつけてやらせてくれた。 そのことを、親友に話したら、馬鹿笑いされましたが、知り合いにコンドームなしでセックスさしてくれる女がいるって紹介されましたが、なんとぼくより15も年上の人でどっかのバーのホステスしてるっていったました。

 小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが、その人んちで親友と食事して、親友が帰ったあと二人っきりになっていろいろされてるうちにイヤラシイ気持ちになってチンコがかたくなって、お風呂に一緒に入ってそんとき、立ったままで割れ目に入れました。 女の人に、このまま一度出す?ってきかれたとき、急に気持ちよくなっちゃって、立ったまま、ドクドクピュッピュしました。コンドームなしで初めて出しました。 コンドームなしで出した気分はどおってきかれましたけど、正直、あんまり変わんなかったっていうか、ユミさんとコンドームつきでしたほうが気持ちよかったんですけど、礼儀上、コンドームなしの方が全然気持ちいいっていいました。

 そのあと、ベッドへ行って抱き合って2回、ドクドクピュッピュしました

記事関連タグ

||||

2014年9月3日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】姉ちゃん【体験談】

俺には2歳違いの姉がいる。母親はホステスで再婚をした。仕事もしない遊び人…そして俺が中2の時隣に寝ていた姉が「やめて!」と言った声で目を覚ますと義父が姉の布団をはぎ服の中に手を入れていた。

姉は「やめて」と何回も言ったが無視していた。俺が「姉ちゃんをいじめるな!」と言うと俺が起きているのに気がついた義父は俺を平手打ちして「〇〇(姉の名前)が嫌がったら▲▲(俺の名前)が痛い目になるぞ、ここに住めなくなるぞ。」と言って俺を蹴ったり叩いたりした。当然俺は泣き出してしまう。

「▲▲をいじめないで、言う事聞くから!」昔から俺に優しかった姉だった。義父は「最初から嫌がらなけれはいいんだよ」と姉の頭を撫でてパジャマを脱がしていった。当然もうすっかり毛が生えているのアソコだった。義父は姉のアソコを触り始めた。姉は嫌なのをこらえるようだった。

「〇〇、Hだなぁ濡れてきたぞ泣いていないで▲▲よく見ろよ」義父は部屋の隅で泣いていた俺の頭を強引に姉のアソコに近づけた。こんな近くで見るのは初めてだったが確かに割れ目にそって少しだったがなんか濡れているのがわかった。

姉の表情はこわばっていた。義父は脱ぎ初めて自分のものを出して姉の目の前に持っていった。「ひゃっ…」びっくりした声を姉が上げる。「しゃぶれ」義父が言うか姉は躊躇していた。すると義父が「▲▲のためだぞ」と言う。姉は仕方なく口に加えた。義父は姉の髪を乱暴につかみ動かす。姉は「うぐっ」と苦しそうだった。しばらくして義父は果てた。姉は気持ち悪そうに飲み込んだ。義父は姉を押し倒した。そして姉の割れ目に入れてしまった。俺はブチッと言う音を聞いた。そして姉の断絶魔の声。義父は容赦なかった。泣いている姉を押さえつけ腰を動かして最終的に姉の中に果てた。そして義父は服を着ると出掛けていった。姉は涙を流していたが声は出せなくなっていた。割れ目からは血と白いのが出ていて俺は急に怖くなり泣き出した。「ねえちゃんごめんねごめんね」そう繰り返していた。姉は急に泣き出した俺を見て「大丈夫大丈夫▲▲は悪くないよ」となだめてくれた。そして「絶対内緒だよ」と言った

記事関連タグ

|||

2014年8月7日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】銀座のホステスとの熱愛。【体験談】

僕は銀座のクラブ「S」の恵子と熱愛関係なんです。私34歳、恵子が年上の38歳なんです。恵子はお店でもナンバーワン、いつも素敵な和服姿が良く似合うスラリとした容姿端麗の美人なんです。恵子目当てに通うお客も多いんです。私もその一人でした。ある日、恵子が隣でお酌してくれて、何気なしに映画にでも行こうか。その週の金曜日に新宿ピカデリーに映画に行ったんです。そしてその後お店に同伴したんです。その時はそれで終わったんです。次の週の金曜日、お店が終わってから六本木の瀬里奈へ深夜の食事。シャブシャブを食べお酒が入ったんです。少し酔いが回った恵子。外で僕の腕に掴まり身を寄せてくるんです。和服姿の綺麗な恵子。僕は恵子の手を取って自然体に裏通りに導き強引に唇を奪ったんです。恵子に抵抗は無く、しっかりと抱き合って抱擁を繰り返しながら唇を重ね合ったんです。近くにラブホテルがあった。手を取り合いながら入ったんです。「少し休もう」恵子は僕の目を見つめていた。部屋に入って激しいキスの応酬。和服の袖の下から両手を入れて恵子の乳房を揉んだんです。そしてそのままベットに和服のまま押し倒したんです。和服の裾が割れて恵子の艶めかしい美脚が見え、僕を激情させたんです。裾の割れ目から手を差し込みパンテイーを摩ったんです。もう濡れてるんです。思いっきり帯から和服を剥ぎ、パンテイーを下したんです。女特有の体の匂いなんです。思いっきり美脚を開いて口を当てたら悶えるんです。僕は若いからもう我慢できない。恵子の和服の裾を捲りあげたまま一気に挿入したんです。「アアア嗚呼嗚呼ッーーーー」恵子の喘ぎ声の甲高い事。和服姿で結合した艶めかしさも手伝って恵子の豊かな腰回りを抱え込みながら中出ししたんです。終わってから恵子は和服を解き、お風呂に入ったんです。出てから「もう一回しようよ」っておねだりなんです。再度今度はお互いに全裸で絡み合ったんです。恵子って結構激しいんです。「前彼と別れてから、しばらくセックスが無かったわ。」と言いながら僕を咥えこんでくるんです。その日から僕と恵子は彼氏と彼女になって毎日の如く食事同伴するようになったんです。他のお客から食事に誘われても断る恵子。次第に指名が少なくなったんです。今年の正月は恵子とハワイに行って来たんです。ベランダを全開にしてワイキキの風を部屋に入れての毎夜の絡み合いをしたんです。恵子はハワイに居る間、ムームーを着て、ノーパン、ノーブラで通したんです。そんな恵子を深夜のワイキキの木陰で、ムームーを上げて挿入したんです。今恵子はお客が少なくなったけど、僕との日々のセックスに満足を感じながら銀座の夜で頑張ってるんです。それでも和服美人の恵子を目指して来るお客がまだ多いんです。

記事関連タグ

|||||||||

2014年8月3日 | カテゴリー:友達との体験談

【女子のオナニー】スナックのカウンターレディをどうにかしようと思ったのが運の尽き【体験談】

センズリさん(40代)からの投稿

—-

20代の頃です。

地元のスナックの行きつけになり、毎晩通ってました。

ママとチーママと30代のホステスさんと3人でしたが、20代の女の子が入店しました。

リカっていう名前だったと思います。

僕は歳が近かったせいか、ついてくれて、たまにアフター行ったりしてました。

彼女は元ヤンで、10代で子どもを産んで、その子の父親とも別れ、今は子どもと2人で暮らしてるそうです。

スナックでも男に媚びる事なく、健気さが好きでした。

冬のある日、雪の中、リカが立っていました。

声をかけると、

「タクシーつかまんなくて」

「乗りなよ」

と僕。

「ラッキー!」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年8月3日 | カテゴリー:女子のオナニー体験談

【職場】ホステスのバイトしてるけど色々と大変【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

バイトでホステスしてる美佳です。今、23歳。婚姻歴なし。子なし。今は彼氏もなし。

私がホステスを始めたのは、高校を卒業して地方(今、住んでるトコ)の幼児教育科がある短大に進み独り暮らしを始めて生活費を稼ぐ為です。

お酒を飲まない事を条件に雇って貰ってはや5年になります。

未成年者は飲酒ダメだし、勧めた人も提供した人も「お縄」になります。

どうしてホステスかって言うと、短時間で高収入、安全かどうか判らないし安定は最初から求めてません。

短大は出席日数と単位取得、学外試験の合格と資格取得さえクリアすれば卒業できるので楽でした。

問題は、家賃を含めた生活費と学費を工面することと、高卒就職予定を私が保母さんになりたくて変更して進学した手前、実家への仕送りに当てたくてホステスになりました(笑)。

まぁ18歳からホステスしてますから、絶対に法に触れる行為はしてないとは言いませんが、無事に勤めています。

私を雇ってくれた店は、私が付いた客の支払った金額(売上げ)の何%を私に支払ってくれるというもので、つまりは私も飲めばその分売上げも増え、私の収入も増えるという明解なシステムでした。

お酒だけじゃなく、ツマミとか他の飲食店(お寿司屋さんとか)から出前を頼めば、その何%かもカウントされました。

でも最低保証制度もあって、売上げの最低ノルマを達成できなくても弁済金とか罰金とかありませんが、当然自分がノルマを達成出来なくて最低保証を受け取るということは他の人の売上げから、ひいては店の売上げから支出するわけですので、店のホステスたちが決めた独自の罰則があります。

店のホステスの中で、前月の売上げが1番だった者は「褒賞金30万円」で、最下位だった者はペナルティ1ヶ月となります。

2位以下は褒賞金もありません。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||

2014年7月25日 | カテゴリー:職場での体験談

【友達】楓も俺もパイパンになってしまった。【体験談】

歌舞伎町の上海クラブの美人ホステス、楓。その楓のマンコと体中の産毛を剃ってツルツルのパイパンにしてしまった俺。

でもその楓が、「あんたの毛も剃ってよ。」

仕方なく楓が髭剃りでもって、俺のチンポの周りの毛を綺麗に剃ってしまった。

俺は「男パイパン」になってしまった。

お互いにツルツル、スベスベした肌を重ねあい、挿入し込む、艶かしさを楽しんでるのはいいのだけど。困った事がある。

健康ランド、温泉の大風呂、銭湯、サウナ風呂などの人目に付く浴場には恥ずかしくて入れない。

この連休、楓と伊豆下田温泉に行ったのは良いけど、部屋に露天風呂が付いた高級な部屋でなければ。部屋では楓とスッポンポンになって露天風呂に入ったけど、もうお互いに全て丸見え。

風呂の中で楓の美脚の片足を持ち上げて挿入すると、俺のチンポがグサリ入り込んでるのも丸見えなのだ。楓がそれを観て興奮してイキ捲くってる。

奥深くまで入れ込んだ俺のチンポ。やたらと大きい。

実は昨日から滋養強壮薬を飲み続けて今日に備えた。「あんたのいつもより固いわね。気持ちいいわ。どうしたの?」って訊ねる。

「俺だって男よ。立つときは立つよ。」って見栄を張る。

楓が何回もイキ捲くってる。そして俺も勢い良く楓の子宮の奥底に射精した。夕食は一回の庭園を望むレストッラン。浴衣を着ての食事だけど、隣の二人連れがやたらとこっちを見る。

楓の浴衣の裾から、美脚が覗いてる。

楓も気付いて裾を隠す。夕食が終わり二人で手を繋いで庭園を散歩する。

楓の浴衣の下は、Tバックの透け透けパンテイーだ。もちノーブラ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年7月24日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】歌舞伎町の中国人ホステスのパパになった私。【体験談】

俺もついに歌舞伎町の中国人クラブの美人ホステス、楓のパパ(彼氏)になった。

毎月のお手当+アルファ。そして週に最低2回は同伴なのだ。週に2回の同伴の時は、仕事が終わってから夕方6時には楓の東中野のマンションに行く。

前もって電話してるから、楓はお風呂を沸かして待っている。

そして一緒に入ってからセックスをするのが義務だ。中国人特有のスラリとしたスレンダーなナイスバデイーの楓。

乳房や腰付きも良くってお店では売れっ子なのだ。

以前、彼氏が居たらしいが経済的な事情でおさらばしたとか。

俺はその後釜だ。でもいい女だからそんな事気にしない。セックスのテクニックも上手で、疲れてる私の体調に合わせて交尾してくれる。

楓の「あの時の声って、やたらと甲高い」隣人に聞こえるじゃないかと気を揉む。交尾が終わった後は髪を整えて歌舞伎町のお店の近くの料理屋さんへ。

大体、寿司、焼肉、中華、タイ料理等を交互に食べる。そして21時に楓と手を繋いで、お店に同伴出勤する。

お店での楓は人気者故、指名が結構入る。

チャイナドレスを纏った楓の美しさと美脚が光る。

そこはパパとしての我慢どころ。

20分位指名したお客の座席で接客して楓が戻る。そんな繰り返しで23時45分のには余程の事が無い限り帰る。

時には他のお客が食事に行こうとか深夜クラブに行こうとかの誘惑が入る事もある。

でも楓はサラリと上手に断る。そしてタクシーで楓をマンションに送る。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年7月20日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女人形【体験談】

恵美の母親の梨香が30歳を迎え恵美も13歳を迎えた日のことであった。偶然

にも母娘が同じ誕生日で、この日は俺と含めて3人で誕生会を開いていた。

8年前に離婚した梨香と俺は同棲を始め恵美を育ててきた。梨香の旦那は俺の

友人だったが、そいつが女を作って出て行ってしまった為、俺が梨香に離婚を勧め

ていた。梨香とは少し前から関係を持っていた。3歳年下の梨香とはセックスの

相性がよく俺にとっては都合のいいセックス相手だった。

HとWは俺と同じように梨香の旦那の友人であり、よく俺たちは梨香の家に遊び

に来ていた。当時22歳のヤンママだった梨香は可愛いくてスタイルの良い女

だった。よく梨香の旦那も含めて5人で飲み会をやっては楽しむ日が続いていた。

その頃俺には16歳になる彼女がいたので、梨香に興味を持っていなかったが

HとWは梨香に思いを寄せていた。全体にスリムで足が細いのにスカートはほとん

ど穿かない梨香だったが、何故か身体全体から色気を感じることができた。

そんなある日Hから梨香を誘惑してほしいと頼まれた。話を聞くとどうやら梨香の

旦那に女ができて不倫をしている様子だった。近く旦那は出て行くつもりだそうだ

Hはチャンスだと言って、梨香をみんなで回したいと言い出した。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||

2014年7月14日 | カテゴリー:友達との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ