最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【学校】家庭訪問1【体験談】

私が小学6年の頃の話。いや、この話をさかのぼればもっと前から始まる。なにせ、小さい頃からお父さんに性的ないたずらをされていたのだから。寝る前に体をベロベロに舐めまわされたり、あそこに指入れられたり。ただ、それが悪いことだとは思ってなかった。お母さんも知ってたし、気持ちは悪かったけど、スキンシップの一環かと思ってた。友達のお父さんにはこんなことやる人いないって話は聞いたけど、別に変だよとも言われなかったので。ただ、その当時は友達全員に性に関する知識はなくて、変には思わなかったのかもしれない。性教育の授業を受けて、変だと思った。だから授業が終わったら先生に相談した。新任の若い女の先生で、肌の色は黒く健康的で、浅尾美和のようなタイプだった。その先生が私がお父さんにされてることを聞いて、「お母さんは?」とか色々聞いて、「じゃぁ一回家庭訪問しましょう。お父さんとお母さん2人がいる日を教えて」といわれ、土曜日か日曜日ですと答えると、土曜日にうちに来てくれることに。

土曜は当然学校も無く、先生も本来休みのはずじゃなかったかなぁと思った。よく分からない。とりあえず土曜日のお昼2時ぐらいに先生が家にきた。

「ようこそ浅尾先生(ここでは浅尾先生と呼びます。もちろん仮名)」

「本日はAさんのお宅の家庭環境をお聞きしたくてお邪魔させていただきました」

「どうぞおあがりください」

そういって先生は家に上がりこんだ。夏の日で、先生はいつものジャージ姿ではなく、ブルーのミニスカートに白のキャミソールといった格好だった。色合い的にはミニスカポリスをイメージすると分かりやすい。とにかく色っぽい格好をしていた。そして家の椅子に腰掛け、テーブル越しに先生と両親が向かいあう形になった。

お母さんは先生にお茶を出す為、一旦立ち上がると、先生はお父さんを睨みつけ、

「先日クラスで性教育の話をしまして…」

と話を始めた。お母さんが先生にお茶を出すと、一旦話を止めて、一口飲んで、また話を続けた。

「この話は本当なんですか?」

「…そうですね、うちは難しい環境にありましてですね…」

そう言って父親はお茶を口にした。先生も続けてお茶を口にした。喋り続けて喉が渇いたのかもしれない。一気に全部ゴクリと飲み干していた。父はそれを見ると、

「喉が渇いてらっしゃったんですね」

「ええ、本日も暑い日ですから」

「そうでしょう。そのお茶には体を熱くさせる成分が入ってるんですよ」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||

2013年12月30日 | カテゴリー:学校での体験談

【人妻】<公開コスプレ>【体験談】

<公開コスプレ> リメイク版

私達は30代の夫婦です。

数年前から34歳の妻麻奈美をモデルにコスプレさせる様になりました。衣装は主に通販などで買い揃えました。

近頃マンネリで新しい刺激を求めた末、万を辞して私が公開コスプレやろうと妻に提案すると、

あっさりとOKしたんです。少し露出願望が有るのかも知れません。

改めて見る妻のアソコはドス黒くビラビラも大きく伸び、周囲にはややストレートぎみの陰毛がびっしり生え若い娘には無い卑猥さが凝縮されています。

数日後、会社の同僚4人を呼びコスプレさせました。

同僚達は大喜びです。チョット無理があるセーラー服は超ミニスカにルーズソックス、三十路女とのアンバランス感が溜まりませんね。

OL・ミニスカポリスと続き、一番同僚達に受けたのがミニのレースクィーンでした、理由はパンティラインギリギリのコスチュームです、ノーパンでパンストを履かせた為、少し動くとパンスト超しに陰毛が覗いていました。

私は妻にも内緒で隠し球を用意してありました。白いスケスケの競泳水着です。

恥ずかしがる妻をなんとか説得して着用させる事が出来ました。

彼達も興奮状態で妻を待っています。

やっとの事で出てきた妻は、流石に恥ずかしいのか、バスタオルを捲いての登場でしたか顔を赤らめ少し震えてる様です。

仕方なく私がタオルを取り去ります、汗ばんだ体に薄い布地が張り付き、乳首、へそ、陰毛が浮かび上がっている様子を同僚達の眼前に晒しました。私も着用したのを始めて見たのですが想像以上の透け方で、乳輪がく。

全裸よりも遥かにイヤラし気持ちにさせます。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年7月19日 | カテゴリー:人妻との体験談

【妹】続きを教えてください・・・ 【体験談】

従妹の美由紀は俺より3歳年下

家は近くでちょくちょく遊びに来ていたこともあって、兄妹のような存在だった

俺は都内の大学に進学、家から通うよりもアパートを借りた方が安上がりな為、1人暮らしを始めた

大学1年のGW、特に家に帰る必要もなく、まだキャンパス内での友人も少ない時期だ

ふいに俺の携帯が鳴る、地元の市外局番なので、高校の友人かと思い出てみると美由紀だった

「もしもし、圭ちゃん、今何してたの?」

「おお、美由紀か、あ、今部屋でゴロ寝中」

「やっぱり、じゃ今から遊びに行く」

「今からって、もう夕方だぞ」

「部屋見るだけだから、すぐに帰るよ」

「まぁいいけど、おじさんたちにはちゃんと言って来いよ」

いきなり来る事になったので慌てて部屋を片付ける、見られたくないものと言えば1人暮らしを

満喫する為のエロ本&AVの山w

ワンルームだから隠す場所などは知れていて、ベットの下しかない、今後の課題だな、と思って

片づけを始めた
記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2013年3月13日 | カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ