最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場】女優やアイドルが泊まりに来るホテル勤務の楽しみ【体験談】

東京都/DAハンターさん(40代)からの投稿

—-

これはあくまで、架空の国Japanでの話だと思ってご覧ください。

僕は日本でも指折りの大手ホテル勤務の従業員で、仕事は管理職についている。

そんなこともあり、ちょっとパソコンを弄れば誰が何日宿泊しているなどを調べるのは簡単なことである。

そんな僕は、覗きと女性の下着物色が日々の楽しみでもあり、日課でもある。

一般の客もそうだが、芸能人も都内ということもあり、かなりの頻度で利用がある。

仕事での利用がほとんどだが、たまにお忍びでと言うのも口が固いので知られているホテルなので、利用がある。

毎朝、ミーティングなどを済ませると、予約者のチェックを始める。

芸能事務所からの予約があれば当たり日だ。

特に最近ではアイドルグループが乱立していたり、地方から東京に撮影でくる子たちも多い。

昼くらいにチェクインして翌日や、2泊以上ならお楽しみ確定。

チェクインして、出かけるのを確認。

これは管理者の立場からフロントに確認しておけば、簡単に把握出来る。

あとは掃除のおばちゃんと仲良くなりさえすればいい。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月7日 | カテゴリー:職場での体験談

【フェラチオ】夜に女子バレー部の部室に忍び込んだら女友達が入ってきた【体験談】

名無しからの投稿

—-

高校の時、女子バレー部の部室に忍び込みました。

部屋の中は凄く良い匂いがしたのを覚えてる。

夜だったので明かりが分からずにゴソゴソしてると、なんと女子が入ってきた!

部活は終わったはずなのに・・・・。

「パチッ」

明かりがついて入ってきたのはクラスの友達の女子だった。

さすがに驚いていて、

「何してるの!?」

と言われた。

叫ばれそうだったので、それはなんとか押さえ込んで口止めをしようとしたんだ。

その子は一番仲が良くて、エロい話も出来るくらいだった。

クラスじゃ目立たない大人しい子だったけどね。

慌てるその子を何とか落ち着かせて、正直に言ったんだ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年6月14日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【教師】可愛い女子の家の鍵を盗んではコピーして下着を漁ってた【体験談】

綾子好きさん(20代)からの投稿

—-

※これは架空の出来事です。

ボクは中学の時、少しばかり荒れていてあまり学校に行かなかった。

でも成績はよかったので、親も黙認していた。

そんなボクの楽しみは、体育の時間に女子の私物を荒らす事だった。

女の子に興味もあったが、それ以上に、授業中ボクだけが自由に学校内をウロウロ出来る(見つからないように隠れながらだが)事が、スリルというか変な高揚感があり、癖になっていたのだ。

当時はやっとデジカメが出始めたくらいだったので高級品だったが、どうしても欲しかったので、ボクは模試で全国150位以内に入る事を条件に親に打診し、久々に本気で勉強した結果、打診した次の模試で何とか条件を満たす事が出来、買ってもらえる事になった。

親もきっとこれで少しは、外出するようになる事を期待したのだろう。

違う意味でだが、ボクは外出が多くなった。

それは学校の女子の家に侵入していたからだ。

体育の時間に私物から鍵のある子を探し、合鍵を作る。

ただ同じところに頼むとバレるので、いちいち違うところに頼むのが面倒ではあったが。

コピーを受けとると、その日のうちにこっそりと返しておいた。

こんな事を繰り返し、ボクは鍵を持ち歩いてる(親が共働きであろう)子で、可愛いと思う学校ベスト10の子達の侵入許可を無断で手に入れた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月29日 | カテゴリー:教師との体験談

【おっぱい】【続き】虐げられていた女の子の手引きで母親と姉に陵辱の限りを尽くした【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

『虐げられていた女の子の手引きで母親と姉に陵辱の限りを尽くした』の続き。

それから半年ぐらい経ち、またヤリたいなぁと思い始めた頃、またあの女の子に公園で出会った。

話を聞いてみると、もう虐げられる事もなく平穏に暮らしているらしい。

母親は日中仕事で出かけているが、姉はあれから引き籠っているという。

女の子がどう思っているかよく分からなかったので、

「お姉ちゃん、可哀想だね」

そう言ってみると、女の子の目の奥がドス黒く光った気がした。

「どうしたの?」

すかさず聞いてみる。

どうやら姉は家に引き籠ったまま、時々癇癪を起して妹に当たり散らすので、女の子は母親が帰るまでずっと外で遊んでいるらしい。

「ふぅん、お姉ちゃん…荒れてるんだぁ」

女の子は小さくコクリと頷いた。

「お姉ちゃん、お仕置きが必要かな?」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月15日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ