最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした完 【体験談】

中2の夏から、ずっと一緒にいる妻の果穂。本当に、僕にはもったいないくらいの素敵な嫁だ。目元は吉高由里子にそっくりだし、何よりもFカップの美巨乳が最大のウリだ。



そんな自慢の嫁なのに、些細なきっかけで果穂が他の男に抱かれるのを見たいと思ってしまった。そして僕は、親友の山川に協力してもらうことにした。

彼に頼んだのは、気心の知れた親友だからという理由だけではなく、果穂の初恋の相手が山川だからだ。そんな山川だからこそ、果穂を抱かせたい……。そんな歪んだ感情を持ってしまっていた。



とは言っても、果穂の初恋の相手が山川だったというのは、僕の主観だ。でも、間違いないと思っている。僕は一目見たときから果穂のことが好きだったので、いつも彼女のことばかり見ていたから、よくわかる。





そして、いま僕の目の前では、上半身裸の果穂が、山川のペニスを手コキしている。僕は、妄想の中でこんな場面を思い描いていた。でも、リアルは妄想をはるかに凌駕していた。



山川は、果穂に手コキをされて本当に気持ちよさそうにしている。果穂も、すでに胸を隠すことをあきらめて、おっぱい丸出しで手コキを続ける。山川は、そんな果穂のおっぱいをニヤけた顔で見つめている。



Fカップなのに、重力がおかしくなっているのかと思うくらい、垂れずにツンと上を向く果穂のおっぱい。乳輪も乳首も小さく、そして綺麗な薄ピンク色だ。



すると、


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2015年4月5日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】【ODN】こりゃあ鬼女あたりに凸くらっても仕方なくね?【最強伝説】 【体験談】

山口淑子さん死去:中国でも哀悼の意



 山口さんの訃報を受け、山口さんを直接知る中国の関係者らが14日、哀悼の意を示した。中国では「80代以下の人はほとんど知らない」(北京の80代の共産党関係者)のが実情だが、一部メディアは、山口さんが2005年、小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝を批判する文章を公表したことなどを伝えた。



 北京在住の中国外務省元幹部は、山口さんが環境政務次官に着任した際に顔を合わせた。「かつて長く住んだ中国をよく知り、非常に友好的だった」と振り返る。



 また、生前親交のあった日中関係筋は「戦前の女優活動は、もし中国人なら死刑だったと思うが、日本人と証明できて帰国した。波乱の人生を経験し『余生は日中友好にささげる』とよく口にしていた」と話した。



 山口さんの代表曲「蘇州夜曲」「何日君再来(いつの日君帰る)」は、今も中国で歌い継がれている。だが、一部の曲について「日本の侵略戦争を思い起こさせる」と受け止める中国人もいる。











…無題Name名無し14/09/15(月)10:24:42No.2343020del


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||

2014年9月16日 | カテゴリー:修羅場の体験談

【友達】ある日の帰り道④【体験談】

どうも、このシリーズの投稿者です。

続きをば。

そんな不可解な夢の事もいつしか忘却の彼方へといった、手術から1週間経ったある日。自分は、小5からの知り合いの男子に「そっちはどんな様子だ?」とか、「教室の様子は?」などとメールを打った。その時ふと、ある感情がわいた。「Nに会いたいな・・・。どうしんてだろ・・・。」。別に変な思いはないのだが、なんとなく。まあ、そんなこともありながら治療の方も順調に進み、さらに1週間後、自分は無事に退院。翌週の月曜から学校に復帰。そして、その週の水曜日。ついに、英会話教室に復帰。Nと会うのを楽しみに。自分はそれまで通り教室に早くに行き、メンバーが来るのを待っていた。数分後、誰かが来た。教室の入口のドアが開く。入ってきたのは・・・、まさしくNだった。しかし、その様子に自分は内心動揺することになる。Nは、それまでのセミロング(?)ヘアから、ショートヘアに髪型を変えていてしかも制服姿で来たのだ。(大人っぽいな・・・)という主観的な感想は死んでも言えるはずもなく。

そのあと、教室ではつつがなく授業が進み、あっけなく終了。大した、Nとの会話も無く、その日は帰宅した。

それから学校の授業についていくのに必死になり、ちょっと疲れも出始めた1週間後。自分は習慣的に教室へいつも通りの時間に来た。普段通りに待っていると、Nが来た。ちなみに今日も制服である。そして、いつも通り授業は「ムードメーカ的存在の男子(not自分)」により楽しく進行し、終了。一足早く、帰宅していたその時。後ろから、誰かの走っている足音が。なんだと思っていると、それはNの足音だった。しかも、「Y(=投稿主)あるくの速~い。」とか言いながら、自分の横ほぼ0距離にピタリと並ぶ。まあ、この「時々一緒に帰る」事自体、今に始まった事じゃないので今更驚きやしないが。(そりゃ、初めての時は驚いたさ)そこから、他愛もない話で盛り上がった自分たちは、投稿主の家の前で「バイバイ」等とあいさつを交わし、別れた。

時々、ふと思うことがある。それは「Nはそばで見ていると、なんか惹かれるな(性格とか、笑顔とか・・・)」という事。長い間接してきた事で、Nがどんな人かが漠然とだがなんとなくわかった。しかし本当に、その人の事を理解するには大変な気力と時間がいると思う。そうやって、お互いを知ろうとし、ケンカもしながらも互いに対する愛を深め合っていこうとする関係を世の中では「恋愛」とか、もしくは「交際」という、言葉等で形容することがある。自分は、今までそういう「一部の人しかできない、特別な事」には無縁の生活を送ってきたため、その辺の事はよく知らないが、でも、お互いを大切に思い、知ろうとすることは、いかなることでも必要な事だと思う。

話が少しずれることを許してほしい。(というか大分ずれるが・・・)

Nが自分と、時々だが、一緒に帰ってくれるのは、「Yは少なくとも危ない人ではない」と思ってくれているからではないのかと思う(自意識過剰だなきっと・・・)。また、自分も「Nはいい人だし、明るくてなんか魅力的な女子」と思ってるので、別に一緒に帰ることぐらいどうってことはないのだ。

自分は、ここまで考えてある一つの気持ちを見つける。         ・「結局どんな事があっても自分は、Nの事が好き」だという事。この気持ちは、たぶん一生ものだと思う。この気持ちをその人に打ち明ける術は今はないが、機会があればしてみたいと思う。                        ===================今まで、このシリーズを読んでくださった方、本当にありがとうございました。ちぐはぐな文章で、毎回長文で(今回もです、はい・・・)何が言いたいのか分からない文章で、滔々(間違った等々だ・・・)ありますが何より完結できて歓喜雀躍の思いです。他のこれに類似した短編も書いて見たのでそちらもよろしければ、どうぞ。(文の構成が似ているのですぐわかると思いますが)それでは、またいつしか会う日まで。

                              さようなら!!(ちなみに、この物語及びストーリー、シリーズはすべてフィクションです。登場した投稿主の気持ち等々、アルファベット文字等々、

 シチュエーション等々も含めすべて架空の設定です。)

記事関連タグ

||||||

2014年9月7日 | カテゴリー:友達との体験談

【学校】身体測定を録画【体験談】

今日久しぶりに高校の卒業アルバム見てたらここに書けそうな話があったので書きます。

(==前置き長いので飛ばしても大丈夫です==)



私が高校生の時の話です。

年に一度の身体測定の日に私は朝から熱を出してしまい、お昼休みが終わった後に保健室に行くことにしました。

しかし、いざ保健室に行ってみると我々のクラスは5限目の途中に測定が始まる予定でしたが、他のクラスの女子が今の時間保健室で測定中だったので入れず校医に「今日は身体測定で保健室が使えないから我慢してね」と入室を断られました。

私は仕方ないと思いその時は教室戻りましたが午後の授業が始まると容態が悪化…

トイレで嘔吐してしまいました。

もう一度保健室に行き嘔吐したことを告げると、先生も仕方ないという感じでベッドで寝かせてくれました。

熱が38.2度も出ていたのでフラフラの状態でベッドに横になってウトウトしているといつの間にか5限の授業開始の時間になりました。

そのとき校医が「○○君、今日は早退してもいい許可が出たから帰る準備しましょう」と私を起こしに来たが狸寝入りを決め込んで無視していたら諦めてどっかに行ってしまった。

頭がぼーっとはしていたがこの時このまま寝ていたらクラスの女子が身体測定に来るのではないかと思った。このときまだ童貞だった私は童貞根性丸出しで一瞬でいろいろな事を妄想し、校医がいないことを確認して保健室の本棚の中に録画状態にした携帯をセットした。

この携帯は1時間以上も録画出来るので途中で録画終了音も鳴らないし、もし鳴ったとしてもみんながしゃべっていれば聞こえないだろうと思った。

そしてベッドに戻って5分くらいすると校医に連れられて私のクラスの女子14人が入って来た。本当は直接見たいけどもカーテンで仕切られているし、もしバレたらもう高校には来れないだろう。(なぜか携帯はバレないと思っていたw)

そして身体測定が終わって校医が医者と一緒に保健室を出た隙を見計らって携帯を回収して校医が帰って来た時に目が覚めたふりをして、部活を休んで家に帰った。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2014年5月25日 | カテゴリー:学校での体験談

【初体験談】夏も近いし無職の俺が看護師で童貞卒業した話でもするか【体験談】

<>1以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/5/17(木)11:58:26.66ID:k/3+aO0FO<>

20111223asami01



あれは去年の夏頃の話である





<>5以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/5/17(木)12:03:35.79ID:k/3+aO0FO<>

高校を卒業してろくな職にも就かずフラフラしてた俺だが

29歳にして童貞ということにだけは焦っていた

魔法使いだけは勘弁と

手当たり次第に知り合いの女友達にメールしては

アドレスを変えられを繰り返す毎日を送っていた



<>6以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/5/17(木)12:10:47.93ID:k/3+aO0FO<>

そんな苦虫を噛む毎日を送っていたある日


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | カテゴリー:初体験談

【アニメキャラ】名探偵コナン 完結編[其四]【体験談】

[其一]

[其ニ]

[其三]



新一が目覚め、上半身を起こして、あくびをしながら思いきり

伸びをすると、志保がキッチンから声をかけてきた。



志「おはよ。よく眠れた?」



新「ああ・・・夢も見ないで熟睡してた」

  もう8時になるのか・・・随分寝ちまったな」



志「朝は、パンでいい?」



新「わりいな。何でもOKだよ」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年3月6日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談

【修羅場】自己中な社会人と冷静沈着な学生【体験談】

<>314:名無しさんの初恋:2008/05/01(木)17:33:53ID:HDMVw1aL<>

俺、某小売店でバイトしてるんだけど、そこに来る男の客がうざすぎる。



一応、同じバイト先に彼女がいるんだけど、どうやら彼女に好意を持ってるみたいで、結構前に手紙を渡されてた。

付き合ってるし、向こうに興味なんてないから完全に無視してたら、また渡されたらしい。それも無視してるのに、何度も彼女が出勤の時を狙って来る。

彼女も最初はレジに来ても普通に対応してたけど、あまりのしつこさにすっかりトラウマになってしまった。



一昨日は今までで一番ひどくて、店を何度も出たり入ったり。彼女がレジにいたらそのレジに来て、レジから出したら売り場をうろちょろ。

とりあえず、社員にも話をして、その客が来たらバックヤードに引っ込めるようにはしてるけど、彼女が可哀想でいたたまれない。

精神的に辛いのに、店に迷惑をかけるってことを一番気にして泣いてる。



嫌だけど、一応買い物もしてくから来ないでくれとは言えないし、もう彼氏がいるって諦めさせようにも、さすがに仕事中だから、他の客にも不快に映るようなことはしたくない。



でも、向こうがトチ狂って変なことされても困るし。一体どうしたらいいだろうか。

とりあえず心の支えになってあげることは俺自身、心掛けてるけど、他に何をすべきか、いい案があれば教えていただきたい。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2014年2月25日 | カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】「この人は私がいないとだめだから」モード発動【体験談】

<>104名前:1/4[sage]投稿日:2010/09/28(火)00:16:16ID:ubXHsA//0<>

私  20歳。大学生

彼男 私の彼氏。

A子 彼氏のモトカノ



三人とも、同じ大学で同じ学年。A子だけ学部が違う。



大学に入ってすぐ、一般教養で同じクラスだった彼男と仲良くなり、半年ほど経って付き合うことに。

それから2年が経ったある日、私は彼男のアパートにお泊まりをした。

朝になり、彼男は1限から授業があったので先に家を出て、私はその日はお昼からだったので

そのまま彼の部屋でレポートを書いていた。

そろそろ出かける準備しなきゃなきゃな〜という時間に、部屋のチャイムが鳴る。

勝手に出るのもなあと思い居留守を使っていると、ドアをノックされて女性の声で

「彼男〜?いないの??」と聞こえた。

不審に思ってチェーンをかけて出てみると、そこにはA子が。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||

2014年2月23日 | カテゴリー:修羅場の体験談

【友達】「念友との初夜 Ⅲ」【体験談】

《意識の境を 揺蕩(たゆた)う》

忘我と解放を希むHさんは 抱き合うとその主観が、白い 無意識に向かいます。一方‥充足と癒安を願う私は 共存の感覚を愉しみ、その客観が (浅ましく 醜いものでも)一体化の絡みの中に、願いの実現‥日常的には考もし無い秘密の姿を 味わい尽くします。そこではもう異性間の‥煩わしい 微に入り細を穿つ気働きは不要です。〝気が合いさえすれば 相方も気にし無いで済む〟 澄み切った時間が持てるのです。(続く)

(承前)

【残涯の迷妄】 《メル友への アフター・メール(2日後)》

凄いですね!‥この処のMさんの私のブログの論評メールは 冴え亘っています。

Mさんの今度の「両刀・筆おろし」の感想は 私が狙った処をピタリと読み取って下さって、気持ちが良いくらい 余す処がありません。

一つ一つが急所に触って来て 久し振りに適確な論評を読む快感がありました。

また是非とも ほかの記事への論評もお願いします。

このメールが Mさんの嫉妬心を煽るか、あるいは共感を深めるか 軽蔑を招くかは、全く 見当が付きません。

でも‥ほかに話す人が居無いので 悪いけど‥聞いて下さい。

Mさんも仰るように 私も、「六さんのような方にめぐり合えれば 仕合わせですね、理想像として。」‥と思っていました。

「両刀‥」に筆を入れたときは まだ‥男は未経験でしたから、多分に 六さんの人物を理想化‥在って欲しいことを 現実のように書いていたのを認めます。

でもこの男同士の世界の行為は 生々しく現実的で、一つ一つのコトの重みが 重く心に圧し掛かって来ます。後悔もし無いし 永年の抑圧から開放された面もありますが、実際にはとても イキナリ「Mさん、よかったぜ!」とは云え無い気がしています。

初めてお会いした その方は、文通の印象通りの 50歳代の温厚なお人柄でした。事後の会食で名刺を交換したら やはり教育関係の仕事に携わっておられる方でした。

この段階で私は その方の〝これまでの 閉じた世界での交友〟を信じ、触れ合うときの 病気の心配を放念しました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月12日 | カテゴリー:友達との体験談

【恋人】盲目の女性と結婚した話しをする【体験談】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/17(土)22:28:00.85ID:aK10Nfkh0<>





立ったら書く



視覚にハンデを抱えている人間の不安が少しでも知って

貰えれば幸いです











<>5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/17(土)22:29:08.70ID:tfSs9NYs0<>






記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||

2014年2月1日 | カテゴリー:恋人との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ