最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕 【体験談】

僕は大学4年生で、早々に就職も決まっていたので、バイトの家庭教師をしながら、のんびりと毎日過ごしていました。

もともと、それほど社交的というわけではなかったので、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ませんでした。



でも、もともと彼女が欲しいという気持ちも、性欲ですらも少なかった僕は、とくに焦りもなく大学最後の4年生という時間を楽しんでいました。

そんなある日、夏休み限定でやることになった女子校生の家庭教師で、僕の人生は大きく変わりました。



斡旋会社の指示で初めてその家に行ったとき、その家の大きさに怯みました。普通の家の2倍……もしかしたら3倍くらいはあるかもしれないそのお宅の駐車場には、ポルシェとAMGが止まっていました。どちらも一生僕が乗ることのない車だと思いましたが、逆にそこまで行くと、羨ましいとも思いませんでした。



そして、感じの良い奥さんにリビングに通されて、紅茶を出されて娘さんの帰宅を待ちました。

紅茶なんて飲む習慣のない僕でしたが、奥さんが出してくれた紅茶は、本当に香りもよく、美味しいと思えるものでした。相棒で杉下右京が紅茶を愛するところを見てもピンとこなかった僕ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。



そして、10分ほどして帰宅した彼女……美帆ちゃんは、絵に描いたようなお嬢様でした。

肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、小脇に抱えたヴァイオリンのケース、そして、上品な挨拶をされて、僕は住む世界が違うことを感じました。彼女は、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたいな、正統派の美人顔で、スリムな体型をしていました。胸は、ほとんど主張していない感じで、貧乳なところもお嬢様っぽくて近寄りがたい気持ちになりました。



僕は、色々な意味で圧倒されて、本当に僕なんかでいいのかなと感じ、奥さんと美帆ちゃんに僕でいいのか聞きました。すると、不思議なことに美帆ちゃんが僕のことを凄く評価してくれて、この先生が良いとまで言ってくれました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年6月3日 | カテゴリー:M男と痴女の体験談

【職場】男嫌いで仕事一筋堅物女を酔わせて拘束電マ後に中出し 【体験談】

以前に私が勤めていた会社に、とっても静かな女性がいました。

年は28才で、名前は「優香」で、顔はムチャクチャ綺麗、「仲間由○恵」に似ていて、とてもスタイルがいいのですが、噂では6年間も彼氏が居ないらしいのです。

その話は、違う女子社員から聞いたのですが、とても興味が出たので、機会をみて話し掛けて、色々質問をして話すようになりました。



この会社は、企画の様な仕事が多いので、非常に残業が多く、特に女性は離職率が高いのだが、優香は毎日遅くまで仕事をして朝も早く来ている。

仕事が好きな様で、いずれは独立するのが目標らしい。

男関係の質問をすると極端に口を閉ざして、下ネタも話さない。

同じプロジェクトをしている男性社員とも飲みに行く事も無く、やはり異性の話は聞いた事が無いそうだ。



オレは、しばらくは面白そうなので、優香に色々アプローチしていた。

「優香ちゃんたまにはオナニーしないと体に悪いよ!」とか「優香ちゃん今度飲みに行って昔の男の話聞かせて!」と言っていると、だんだんと心を開いて来てくれた様だった。

優香はおっぱいが小さいのがコンプレックスで、全然積極的になれないらしい、開き直って笑える性格でも無いので、男に消極的になっているらしいが、ひょっとしたら最後に付き合った男に何かショックな事を言われた可能性が高いと思った。

とにかくオレは絶対に落としたいと計画を練った。



しばらくすると、優香は新しいスキルを求めて、転職する為に退社する事になったのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2015年4月25日 | カテゴリー:職場での体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【体験談】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【体験談】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。

そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。

何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。



でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。



なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。



そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。



すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。





だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【おっぱい】マッサージ店で働き始めた頃、ベッキー似の高慢な女性がきた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

自分がマッサージ店舗にデビューしたばかりの頃の出来事。

嘘のような本当の話なんだ。今でも忘れられない。

店は東京でも大きな駅にあり、駅からかなり近くで結構繁盛している。

比較的金額も安く、内装にはそこまで力を入れておらず、ブースは半個室というか、仕切りがある程度。

そんな内装だけど、男女比は半々ぐらい。

午前中は客入りが少なく、事務作業や雑務をしている事が多く、ランチタイム辺りから忙しくなってくる。

開店準備をしていて、ふと気付いたら人が受付の前に立ってた。

営業前なんだけどなーって思いながら受付に行くと、ぱっと見た感じなんかの営業っぽい。

オフィス街にあるせいか、やたら飛び込み営業が多い。

めんどくさいなーと思いながら、笑顔を作って

「いらっしゃいませ。準備中なので少しだけお待ちいた・・・」

女「中見せて」

俺の声を遮って女は喋り始めた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月18日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】首輪DAYS【体験談】

えっちに飽きた頃…

「ご主人様?」

こんな呼び方も随分と普通になって、こいつと僕はいつものように公園で…

散歩…、をしている。

いやちょっと表現がまずかったか…

こいつを散歩させている。といったところだろう。

真っ赤な首輪を少女の首にかけて、そのひもを引いて公園を歩く。

周りの視線が気になっていたのは初めのうちだけだった。

「なんだ?」

顔に大きな傷痕のある、こいつ。

前はポチとかタマとか呼んでいた時期もあるが、こいつの本当の名前、かなみという名前があったりもする。あんまり現実離れした大人っぽい名前だから…、あまり名前で呼ぶようなことはなくなっていた。

だってこいつ…

子供っぽいから。

「今日もあそこでえっちなこと、する?」

「ああ…そうだな」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年8月9日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択6 【体験談】

結婚後、不妊に悩んだ末にとんでもない選択をした私とみな実でしたが、ハワイでの絶望的な章雄とみな実との結婚式後、本当にあっけなく授かることが出来ました。

病院で検査し、妊娠が確定したときのみな実の嬉しそうな顔は、辛かった日々を忘れさせてくれました。





そして、その件を章雄にも電話で報告すると、

「マジか! やったじゃん! 頑張った甲斐があったな! おめでとう!」

と、本当に心から祝福してくれる感じでした。色々と迷惑かけてゴメンということと、本当にありがとうということを告げると、

「え? なにが? お前とみな実ちゃんが頑張って子作りして、赤ちゃんが出来たって報告だろ? 俺は関係ないじゃんw 俺は別になにもしてないしw」

と、とぼけたように言いました。本当に、章雄は良いヤツなんだと今さら実感しました。



あくまで授かった赤ちゃんは、私とみな実の赤ちゃんで、章雄とのことは無かった事にしようという、章雄なりの意思表示だと思うと泣けてきました。

私は、こんなに良いヤツを疑っていました。子供を作るためと言うよりは、みな実とのセックスをただ単に楽しんでいるように思っていました。

そんな疑いを持っていた自分を恥ずかしいと思いました。






記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年7月30日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【おっぱい】【母子相姦】大好きなお袋を犯して俺だけのモノにした【体験談】

東京都/カズキさん(10代)からの投稿

—-

俺は夫婦の寝室にひとりで眠るお袋のパジャマを下着ごと剥ぎ取ると犯し、白目を剥いて失神するまでイカせ続けた。

子供の頃から俺はお袋が大好きだった。

躾には厳しかったが、愛情たっぷりに育ててもらったと思う。

若くて綺麗なお袋が自慢で、お袋に褒めてもらいたくて勉強もスポーツも頑張った。

親父が事故で亡くなってからもお袋は女手一つで俺を育ててくれて、一応大学と名のつくところに進学もさせてくれた。

そんな時、お袋の再婚話が持ち上がった。

二十歳で俺を産んだお袋はまだ三十代だったので自然ではあった。

けれども俺はそんなお袋が許せなかった。

生前の親父にさえ嫉妬を感じていた俺には、お袋が別の男に股を開くなんて考えられなかった。

お袋には俺一人のお袋で居て欲しかった。

そして、俺はお袋を犯すことにした。

計画は単純で、俺は即座に実行した。

お袋が寝入ったころに寝室に向かい、すやすやと眠る母親を襲った。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月12日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】胸キュンごっこ【体験談】

子供の頃、田舎に住んでいたときの話。

近所には同じ年頃の子供もいなかった、比較的年の近い子でも結構年上。

俺が小六、彼女は高一くらいだったかな。

彼女の名前はレイナ、小さい時からよく遊んだりしていて、俺は「レイ姉ちゃん」と読んでいた。

セミロングの髪型にメガネをしていた姉ちゃん、正直、あまりカワイイと思ったこともなかった。

地味なルックスにブレザーの制服、姉ちゃんは遠い高校まで自転車で通学していた。

ちょうど“異性”に対して関心が出てきた年頃の俺、まさか姉ちゃんとあんなことになるとは思っていなかった。

その頃、俺の友達の間では“胸キュン刑事”というマンガが流行っていた。

主人公の女刑事が犯人を捜すときに“乳首が勃つ”という設定が当時の俺にはたまらなくエロい。

よく体育の授業中などは女子の胸を見て「アイツ、胸キュンしてるんじゃね」とか言って友達と盛り上がっていた。

俺もこっそり買った胸キュン刑事の単行本を見ながら、床に股間を擦り付けたりしてオナっていた。

同級生の男子でも全然女に興味がないようなヤツも結構いたので、そんなマンガを持っているが少し自慢だった。

ある日、レイ姉ちゃんが俺の家に遊びに来た。

最初は普通にファミコンをしたりしていたがだんだん飽きてきた姉ちゃんは俺の部屋を物色し始めた。

隠してあった“胸キュン刑事の単行本”を見つけ「やだぁ、アンタこんな本読んでんの~」と言われた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年6月25日 | カテゴリー:友達との体験談

【初体験談】出会い系でやって来た彼氏ありの処女天使 【体験談】

45歳になっても結婚も出来ず、恋人すらいない私。会社では、お情けで課長補佐という役職をもらってはいるけど、皆が私を無能だと思っているのを感じる毎日。

この歳で年収500万円行かず、人生詰みな感じだけど、そんな私にも一つだけ特技というか、優れた部分がある。

チンポがやたらと高性能だと言うことだ。



大きくて、反り方もカリの張り出し方も、すべてが完璧と言われる。

と言っても、顔もブサで、髪もかなり薄くなってきている私に、普通の素人と知り合う機会は皆無で、もっぱら風俗嬢にしか使えていないけど、いったん関係を持った風俗嬢とは、すぐにプライベートで会えるようになる。私のチンポにハマるからだ。



なので、ただでセックスする相手には困らないという、男にとっては夢のような状況だと思う。でも、正直、素人の子としたいと思う私がいる。





そんなある日、出会い系で援助希望のマキちゃんと出会った。

マキちゃんはまだK1年で、周りの子達が援助で贅沢するのを見て、興味を持ってしまったようだ。本当に、嘆かわしい世の中だと思いながら、フル勃起する私。





マキちゃんは、あまりにも慣れていなくて、子供みたいな服装で待ち合わせ場所に来た。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月3日 | カテゴリー:初体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ