最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場】宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした 続続編【体験談】

前編は以下のとおり



しっかりとした黒さのビラを広げてクリを舐めると、

ピクピクと反応し声は出ないが吐息が漏れてきたので挿入。



抱き着いて「中に出させて」と言ってみる。

「(部下)出すときは名前を呼んでくれると嬉しいです」。



ゆっくりと動かして中の感触や締まり具合を堪能し、

徐々に速く動かす。



若いが締まりは普通だと思う。

すぐに出そうになったので対面座位でディープキス。



部下が密着させたまま腰を動かす。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2017年1月3日 | カテゴリー:職場での体験談

【マニアック】クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした【体験談】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿

—-

前の話:金融業を営んでいた私の父、その懺悔録

金融業を始め手広く事業を展開していた私の父親は「金は力」と私に叩き込みました。

「金は力」を痛感した中学校の時のお話です。

私は入学してすぐにクラスで一番可愛い女の子に目をつけられていじめられました。

理由は、その子をちやほやしなかったからです。

その子の取り巻きのような不良に殴られました。

殴られて帰宅した夜に、私の様子がおかしかったのでしょう。

父親に問い詰められて、いじめられたことを話しました。

次の日から、父親の仕事を手伝っている男二人が私を送り迎えするようになり、殴られることもなくなりました。

二ヶ月ほどして、いじめの首謀者ともいうべきクラス一可愛い女の子、その頃には当時人気のアイドルに似ていたことから「つかさ」とあだ名されていました。

どういうわけか、つかさが

「一緒に帰ろう」

と誘ってきました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月14日 | カテゴリー:マニアックな体験談

【フェラチオ】ハプニングバーで女王様に調教されてたのが姉だった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

隠された姉の性癖を知った時の事です。

僕はタカシ。

当時の年齢・肩書きになりますが、22歳で大学を卒業して社会人一年目の夏の出来事です。

彼女はユミ。

同い年で同じ職場で知り合い、付き合いはじめて4ヶ月くらいの時期で、まだセックスはしてませんでした。

ですから恋人みたいな友だちくらいの関係でした。

姉はカズミ。

僕より3歳年上の25歳。

信用金庫の融資部門で中小企業対象に審査をしています。

僕の友人かつ先輩のユウジ。

姉と同い年で僕とユミと同じ会社にいます。

ある日、ユウジさんからハプニングバーに誘われました。

ユウジさんは誰かに連れられて行ったようで、それからハマッてしまったらしく、僕にも行こうと誘ってくれたのでした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月7日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【友達】公衆便所で浮浪者に犯されたヤンキー女【体験談】

私は中学高校と地元最大の暴走族のレディースに所属していた。

レディースといっても男たちの暴走族といっしょに遊ぶだけの集団だった。

地元最大なためうちの族に敵対するチームは一つもなかった。そのためすることといえば

廃スーパーの駐車場でわいわいあつまってしゃべくるだけの集会というものだけだった。

その日もいつものように集会を終え族友達の家にいくことになった。

原チャリにのり族友達の家に行く途中尿意を催したため近くの駅のトイレに行くことにした。

族友達に「ちょっと駅に寄ってから行くから先に帰ってて」といい駅に着いた。



田舎で夜中の1時過ぎのため駅には人っ子一人いなかった。

わたしはさっさと用を済ませトイレの鏡で化粧や髪型を整えていた。

すると私が入っていた隣の個室のドアが開いた。「隣にも人が入ってたんだ」

と思った瞬間全身が凍りついた。

出てきたのは男だった。それもどう見てもかたぎではなく服もボロボロで顔も茶褐色によごれており

ホームレスのようだった。

鏡越しに見ているとその男は外に人がいないか耳をすませた後ゆっくりと私に近付いてきた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||

2014年9月9日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】裕美【体験談】

中学生の時に読んだSM雑誌の衝撃裕美 さん

裕美といいます。hiheelさん、はじめまして!

現在、短大を卒業してある資格試験を勉強中の21才です。

メールを送ることに少し躊躇したのですが166番のボイヤーさんへのhiheelさんのコメントを何回も読み直して勇気を出してみました。

自分の恥ずかしいことを見られてしまう。

例えば、スカートを覗かれる、お風呂場を覗かれる、トイレでおしっこやうんちをしている所や生理用品の処置をしている所を覗かれる、部屋でオナニーしている所を覗かれる、SEXしているところを覗かれる。

さらに一歩進んで、自分の恥ずかしいことを見せてしまう、または見られても仕様が無い状況に自ら持って行ってしまう。

露出なんかがそうですよね。

こういうことにすごく興味があります。

直接のきっかけは中学生の時に偶然拾ってしまった数冊のSM雑誌ですが、もっと以前からモヤモヤしたものがあった気もします。

とにかく初めて読んだSM雑誌は衝撃的でした。

女性が身体の自由を奪われて、恥ずかしい事や痛いことを一杯されて、それでも感じてしまう・・・。

さらにびっくりしたのは大事な所におちんちん以外の野菜やバイブなど異物を挿入されることです。。

そして最大の衝撃は浣腸されて、うんちを出す所を見られてしまうということでした。

そしてお尻の穴を拡張されてアナルセックス。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年9月5日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】レイプ【体験談】

二日前彼女と公衆便所でやっていると俺らのやってる声ではない喘ぎ声が聞こえてきた。公園の森の中ででもやってるのかとおもい気にせず立ちバックで彼女に中出ししていた。

ことをとげ彼女は門限があると言って帰っていった。

俺は公園のふるいベンチに座り19歳ながら煙草をふかしていた、すると先程の喘ぎが聞こえ興味本位で声のする方に行ってみると男三人の集団に女一人が犯されているもようはまさに野外レイプだった。

俺はすぐに携帯をとりその一部を動画で撮り始める。男らは女の口にくわえさせもう一人は女の腹にまたがり大きな胸に挟み動き、最後の奴はがんがんアソコにいれ腰を振っていた。

その光景に俺は興奮もせずこの動画で脅していくら金を奪う事しか考えていなかった。男らは事を終えると歩いて帰っていくため後をつけた。女は裸のまま放置されていた。一人の家をつきとめた俺は後日ポストにレイプの件、指定場所を書いた手紙をいれた

そしてダチ四人で指定場所にイクと当の三人がいた

俺等はボコッテ金三十万をうばって逃げた。

記事関連タグ

|||||

2014年8月12日 | カテゴリー:友達との体験談

【M男・痴女】露出狂のMとS 【体験談】

某非公認ゆるキャラの有名な市にある公園で実際にあった出来事。



俺の住むマンモス団地地域には、野球場からテニスコートといったスポーツ施設、桜林・松林のあるちょっとした公園がある。駅周辺の比較的栄えた地域と奥にある住宅地域を分断する形の公園で地理柄チョクチョク痴漢や事件の噂があって、夜に人が近づくことはまずない。



22時も過ぎると全く人が通らない。前述の噂もあり、俺自身あまりこの公園には近づかなかったんだが、ある日、酒を飲んで気が大きくなって散歩している最中にこの公園に立ち入り、案外明るいこと、自動販売機のたぐいがないのでタムロしてる奴らもいないことが特に気に入って、日頃好んで外に出ることのない俺の気分転換の日課になった。



東西はマンモス団地、北は野球場とテニスコート、南は桜と松林と、四方を囲まれているため、中心の公園には全く人が近づかない。時々酔っぱらいが通過する程度。稀にへべれけの女子が通過することもあったが触らぬ神に祟りなし。



ある日、ちょっと酒が入ってムラムラときていた。とはいえ、公衆便所でオナニーも芸がない。日頃から露出欲のあった俺は、ベンチに座り、ケータイを弄りながらチャックをおろし、ものを外に出した。外気が気持ちいい。実は、こういったことは初めてではない。この程度で満たされないのはわかっていた。どうせ誰も通らないのだ。満たされることはないので、だいたい1時間くらいヒヤヒヤを味わって公衆便所に行って一発抜いて満足して家に帰る。「今日は、このままベンチで抜いてみるか・・・」悪戯心が疼く。ギンギンになった息子をゆっくりと扱く。今までもこうだ。ある日突然露出し始めた訳じゃない。徐々にエスカレートしてここまできたのだ。最初は外には出さずにパンツをベトベトにした。次は公衆便所で抜いて、その後露出するようになった。でも誰に迷惑かける訳でもないし、罪の意識も、ドキドキもそんなに感じていなかった。



だが、その日は違った。不意に広場の入り口に感じる人の気配。



血の気が引く。今更ゴソゴソとしまっても怪しいだけ。股を閉じ携帯をみている振りをする。右前、距離は15mくらいをふらふらと通過する白い陰。ワンピースを着た女性のようだ。ちらっとみると、向こうもこちらを見ていたようだ、目が合いそうになるとふっと目を逸らす。バレたか…。視線をおろすとやはりこちらを見ているようだ。歩みを止めることはない。確実に俺のモノをみている。



初めて感じる背筋を走るゾクゾク感。ヤバい。みられてる。一度萎えかけた息子が再度起き上がる。無理して携帯に意識を集中する。表示されているのはホーム画面だ。ホーム画面を左右に振る。何の意味もない。彼女は少し歩みを早めたようだ。確実に気がつかれた。「通報される前にかえろう」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2014年6月18日 | カテゴリー:M男と痴女の体験談

【友達】山の中で【体験談】

私(裕子)が露出プレイで知り合った男と小豆島にドライブに行った時の話です。午前中は24の瞳で撮影場所になった分校やオリーブ園など観光巡りを楽しみ、昼過ぎから山道のハイキングコを散歩しました。遊歩道から見渡せる瀬戸内海が気持ちを癒してくれます「ちょっと脱いでみないか?」男の声に小さく頷くとブラウスのボタンを外し上着とブラジャーも一緒に脱ぎ捨て男に渡しました。清々しいそよ風が胸の膨らみを包み込むように吹いてきます。私は短めのスカートを捲りストッキングとパンティも一緒に脱ぎました。公共の遊歩道で、セミヌードになった私を男は携帯カメラで撮影しながら色々なポーズを要求してきます。暫くすると急に背中から抱きしめられ目隠しをされました「駄目よ‥恐いから‥」私は誰かに見られたらと思うドキドキ感を楽しんでいましたが、視界を失う事で不安と恐怖心が重なり心臓の鼓動が更に速まりました。男は私の両手を紐で縛り上げ、手綱のようにしながら山道を登り始めました「アッ!」周りの木の枝が肩を触れるだけでドキッとします「ねえ!‥何処に行くの?」男はいい所だからと言って手綱を引きながら時々シャッターの音だけが響いてきます「此処でいいか」男が立ち止まるとガサッと枝が擦れる音に合わせ紐で縛られた腕が頭の上へと引っ張られました「ねぇ、何をするの?」私の問いかけに「これから裕子を放置するのさ!‥いいだろ‥誰かに見つかって何をされるか考えてみろよ!‥」男は小刻みに震える私の乳房を撫でるように触りながら、厚い唇を重ねてきました「イヤッ‥恐い!」男はスカートのホックを外すとファスナーを下げます。フワリとスカートが腰から足元に落ちると私は生まれたまんまの素っ裸でした「お願い‥紐を解いて」先程までの和やかな露出から一転して私は鳥肌が立ち恐怖心が過り始めました「大丈夫だよ‥運が良ければ誰にも見つからないし‥もし見つかっても親切な人なら助けてくれるよ」男は首を横に振り続ける私の太股を開かせ、右手で股間の肉ヒダを掻き分けてきます。男の指は膣穴の奥へと挿入してグチュグチュと濡れたオマンコを確認していました「もし‥恐い人に見つかったら抵抗するなよ‥何でも言う事きいて犯らせてやれば‥殺される事はないよ‥多分?」男は、目隠しをされ何も見えない、此処が何処なのかも判らない私を1人残し離れて行きました。私の耳には遠ざかる足音だけが響いてきます。

私(裕子)は男と訪れた島で裸のまま山に中に放置されていました。両手を紐で縛り高く吊り上げられ、目隠しをされた私の耳には、風で揺れる枝と葉っぱの擦れる音と鳥の鳴き声だけが聴こえていました。時々近付を通る人の声と笑い声に私は身体をくねらせながら通り過ぎるのをジッと祈っていました。時が過ぎ、甲高い話声に私はドキッと背筋が震えました。女性?しかも中年のオバサン達の笑い声が近付いて来ます(お願い!気付かないで)私は心の中で祈り続けました「なに?あれ‥」「裸で吊るされてるわよ」甲高い声が私の耳に入ってきます(ダメ‥通り過ぎて)しかし薮を掻き分ける音が次第に大きくなり人の気配を肌で感じました「アナタ!此処で何してんの?」オバサンの問いかける声がハッキリ聴こえます。周りに他の人の気配も感じました「警察に連絡しましょうよ!」と言う言葉に「すみません‥警察だけは電話しないで下さい」私は必死に頭の上で縛り付けられた腕を揺らしながらオバサン達に訴えました「何これ?」別のオバサンが何かを見つけたようです「へぇ~!露出プレイなんだ」急にオバサン達が笑いだし、私の目隠しを外しました。眩しさで一瞬目眩がしましたが、私を取り囲むように3人のオバサンが呆れ顔で立ち竦んでいました「イヤッ‥見ないで」私の声を打ち消すように「アンタ‥誰かに見て欲しくて吊るされてたんじゃないの」背後からお尻を撫でる手。前から乳首を摘まみツンと伸ばし笑っているオバサン「まぁ!若いから仕方ないわね?」口々に罵倒する言葉を浴びせられ、私は身体をオモチャにされていました「これ見なさい」厳つい顔のオバサンが私に見せた物はビニール製の透明バッグで、中にはバイブやロープ・コンドームなどが入っています。それとB5サイズの用紙にマジックで『露出狂女を調教中‥ご自由に犯してください』と書かれていました。オバサン達に体中を触られ鳥肌が立っている私に一人のオバサンがバイブを唸らせながら膣穴に挿入してきます。別のオバサンはロープを腰に巻付け股の間を通してバイブを固定してきました「サぁ!これでよし‥行きましょうか」再び目隠しをされ股ぐらにバイブを突っ込まれた私を残してオバサン達は口々に笑い声と馬鹿にした言葉を残し立ち去って行きました。嫌でもバイブに反応してしまう身体をくねらせながら、時間だけが通り過ぎました。次に聴こえて来た音はバイクのけたたましい爆音でした。枝を倒しながら近付いて来ます。

私(裕子)が全裸のまま木の枝に両手を吊られ数時間がたった頃です。バイクの爆音が響き私を取り囲むように走り続けています。私にとって目隠しをされ誰かも判らない人達に取り囲まれる恐怖心は今でも忘れられない出来事です。暫くしてバイクの爆音が停まり男達の話声が聞こえてきました「見ろよ!ホンマに吊るされてるぞ」「早く犯っちまおうぜ!」何本もの手が私の体を這い回ってきます「お願いです‥助けて‥」私の言葉に笑い声だけが返ってきました。男が目隠しを剥ぎ取るように外し私の顔を覗き込みました。まだ若い男達で、今でも皮ジャンと金髪の印象が記憶に焼き付いています。背後の男の手がお尻の溝を撫で、オマンコに挿入されていたバイブを掴むと上下に動かします「アッ!‥」咄嗟に腰を振りましたがガッチリ羽交い締めにされ全ての自由を奪われました「アンタ‥ど変態なんだろ!」男達5人に罵倒され体中を触られる私は言葉を失いました。背後の男が太股を開きバイブを引き抜くとチンポを挿入してきます。既に膣穴は濡れヌルッと私の意思には関係無く受け入れてしまいました「イヤッ‥ゴムを着けて‥」吊るされた木の枝が激しく揺れ、男達の興奮も高まっています。私の願いとは裏腹にオマンコに中出しされると、膣穴からドロリと精液が垂れ落ちました。両手の紐を外された私は、男達の眺める前で正座を強制され「裕子の体を‥自由に犯して下さい‥ご主人様!」と言わされていました「ご主人様!だってさ‥」男達の笑い声と罵倒の言葉が響き渡りました。私は四つん這いで口とオマンコに男達のチンポを受け入れ、夥しい量の精液を受け入れました。成熟した乳房は男達の手形で赤く腫れ上がり、それでも容赦なくチンポを挟みパイ擦りを強制されました。私は徐々に意識を失いかけ我慢していたオシッコをしてしまい挿入中の男に飛沫を飛び散らしました「この野郎!」笑い声が響き渡るなか、恥をかいた男は私に平手打ちを浴びせ、だらしなく口を開いたオマンコに拳を挿入して犯しました「ウッ‥!」泣いても藻がいても続く拷問とレイプで私の胎内は男達の精液で溢れ、挙句にはアナルにも挿入されていました「そろそろ行こうぜ」やっと解放されると思った私の体に暖かいモノが注がれ始めました。一人の男が私の乳房を目掛けオシッコをしています。それに誘われるように他の男達も私を取り囲むようにチンポを出してオシッコを降り注ぎます。(裕子は男達の公衆便所女

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月13日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】裕美【体験談】

中学生の時に読んだSM雑誌の衝撃裕美 さん

裕美といいます。hiheelさん、はじめまして!

現在、短大を卒業してある資格試験を勉強中の21才です。

メールを送ることに少し躊躇したのですが166番のボイヤーさんへのhiheelさんのコメントを何回も読み直して勇気を出してみました。

自分の恥ずかしいことを見られてしまう。

例えば、スカートを覗かれる、お風呂場を覗かれる、トイレでおしっこやうんちをしている所や生理用品の処置をしている所を覗かれる、部屋でオナニーしている所を覗かれる、SEXしているところを覗かれる。

さらに一歩進んで、自分の恥ずかしいことを見せてしまう、または見られても仕様が無い状況に自ら持って行ってしまう。

露出なんかがそうですよね。

こういうことにすごく興味があります。

直接のきっかけは中学生の時に偶然拾ってしまった数冊のSM雑誌ですが、もっと以前からモヤモヤしたものがあった気もします。

とにかく初めて読んだSM雑誌は衝撃的でした。

女性が身体の自由を奪われて、恥ずかしい事や痛いことを一杯されて、それでも感じてしまう・・・。

さらにびっくりしたのは大事な所におちんちん以外の野菜やバイブなど異物を挿入されることです。。

そして最大の衝撃は浣腸されて、うんちを出す所を見られてしまうということでした。

そしてお尻の穴を拡張されてアナルセックス。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月22日 | カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】これから人妻と…【体験談】

1名無しさん@ピンキー[]投稿日:2009/10/07(水)

騙り煽りは華麗にスルー。

ルールとマナーを守って仲良くスレを使いましょう。



3名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2009/10/07(水)

たま



4名無しさん@ピンキー[]投稿日:2009/10/07(水)

4様



6名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2009/10/08(木)

今から鬼女の彼女に会ってくるよ。

四時間くらいはハメ倒せるはずwww

やりまくってくるよ。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年4月12日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ