最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】同級生に、、、【体験談】

これゎ私(なみね)15才のころのお話。そのときゎまだ、hの知識ゎあまり無く処女でした。その日、委員会で仕事せずに好きな人と、喋っていました。すると、先生が.「居残り!!Jといって、好きな人(レイくん)と勉強するハメになりました。そのあと、先生ゎ出ていってしまいレイくんと、二人っきり↑↑私ゎドキドキしながら彼をみていると、なんか、、、エロっ、、、。といわれて

ドキドキ、、、、かれゎ私のおっぱいを舐め舐め!感じていた私ゎ、声をだしてしまいました。声、おさえろよ、、、でもきもちよくて初めて、、、

イかせて、、、レイのチンポで、、、なーんて、大胆なことを、、、でも、快感を覚えてしまい、、、

いまでゎ 毎日、ヤってます(~-~///)

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】駐車場で【体験談】

会社の仲間と居酒屋へ行った時のこと。みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事のこと、どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。そのなかで、20の後輩が、もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。「そろそろ」と後輩が嫁に電話をして、「迎えにきて」と電話をしました。私は、この嫁が初めてみた時から、気になってしょうがなかったのは、本当です。正直、電話をしている時には、あの娘が来るんだと思うと、ドキドキして酔いが覚めるほどでした。後輩の携帯に「着いたよ」と連絡が入り、「そろそろ帰ります」と言うと、悪酔いした同僚や先輩達に、「もう一杯いってから」とか、後輩夫婦の出合った時の話をしろなど、なかなか帰らせてもらえないようでした。私は、一目でも嫁をみたくて「腹が痛くなってきたからトイレ行って来るからまだ帰るなよ」と言って、トイレに行く不利をして、外にでました。そして、後輩の車を見つけると、嫁を見ました。やっぱりかわいいなーと思って見てると、話をしたいと思い、嫁の美香ちゃんの所へ行きました。

記事関連タグ

|||||

2014年4月7日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】今まで一番興奮したオナニー【体験談】

真っ白のパンスト、今では滅多に穿いて街を歩いてる女の子は見ないし、病院の看護婦ですらあまり穿かなくなった色だが、俺は昔からパンストにそそられるところがあって、特に真っ白なパンストを穿いている女の子を見るだけで勃起するほどです。

これは俺が約20年前の大学の時に経験した、おそらく生涯で一番興奮しスリルのあったオナニーの話です。

俺が大学の頃はまだ白系のパンストを穿いてくる女子学生も少なくなかった。その頃俺はある一人の女子学生をオカズにオナニーしてた、その子は友達の彼女で真っ白なパンストを穿いていることが多かった。真っ白いパンストを穿いてると言っても、清楚でフォーマルな服装で講義を受けていたわけではなく、大学では上はトレーナーで下もキュロットなどのカジュアルな服装で、靴下でもよさそうなものなのにいつもパンストを穿いてスニーカーを穿いてた。なぜだかわからないが真っ白なパンストにスニーカーを穿いた姿にいつもムラムラしてた、たぶん俺はパンストだけでなくスニーカーフェチでもあるんだろう。

ある日その男友達が「今日彼女が実家に帰っていないから、久しぶりに俺の部屋で夜通し飲もうぜ」と誘ってきた、俺もたまには男同士で飲みながら語るのも悪くないと思いOKした。

友達と酒とつまみを調達してアパートに行った、学生向けアパートなのでリビング兼寝室になっていて、部屋の隅にベッドが置かれていた、友達はあそこでいつもあの子と・・・と考えるとすごくうらやましかった。

テーブルの上には彼女と食べたであろうスナック菓子の袋などが散乱してた、そこで飲むにはそれらを片づけなければならないのだが、友達が「俺タバコ切らしてるの忘れてたから買ってくる、悪いけどテーブル片づけといて、ゴミはキッチンの所にあるビニール袋に入れとけばいいから」と部屋を出て行った。仕方なく片づけをして菓子の空袋などを言われた通りキッチンの所にあるゴミ袋まで持って行った。

当時はまだゴミ袋と言えば中が見えない黒、俺が捨てようと開けると既に半分ぐらいゴミが入っていた。

前置きが長くなったが、俺はそのゴミの中に脱ぎ棄てたパンストを発見してしまったのだ、つま先の補強部分が見えてて一発でそれがパンストだとわかった、つま先が汚れた真っ白のパンスト、友達の彼女が穿いたパンストに間違いない。

『のどから手が出るほど欲しい』とはまさにこのことだ、でもタバコの自販機はアパートからほんの2~3分の所にある、しかもキッチンの横はアパートに入るドアがある、俺がもしここでパンストを取り出した瞬間に友達が帰ってきてドアが開いたら、そう思うとその場は何もできなかった。

飲んでる最中もずっと隣のキッチンのゴミ袋の中にあるパンストが気になった、しかしチャンスは案外簡単に訪れた、友達がかなり酔って寝てしまったからだ、酒の量もかなりのものだったから当然と言えば当然の現象なのだが、この時ばかりは酒に強い体質に産んでくれた両親をありがたく思った。

何度か友達の体をゆすって起きないのを確認してから、俺あキッチンに向かった、部屋とキッチンの間にあるドアを閉めゴミ袋を開けた、おもむろにパンストを取り出す、ただでさえ酒が入って脈拍が高くなってるのに、パンストを手にして心臓が爆発するんじゃないかと思うほど脈打ってた。

パンストは脱いだままの状態で捨ててあった、丸まった状態をそっとほどく、つま先が汚れてはいたが真っ白のパンストの全体が現れた、片足部分に伝線が走ってたがそれほどひどくない。

今まで眺めることしかできなかった友達の彼女のパンストが俺の手中にある、これと同じものを穿いた脚を目に焼き付けて幾度となくオナニーした、最近彼女が真っ白のパンストを穿いていたのは2日ほど前だったはず、このパンストはまさしくあの時のパンストかもしれない、ゴミ袋の上の方にあったということから考えればまず間違いないだろう、その時も俺は彼女の脚ばかり見ていた、そのパンストが目の前にあるなんて夢のようだった。

そんなことを考えながら匂いを嗅いだ、つま先の汚れ具合の割にはそれほど激臭ではなかった、もう我慢できない、部屋のドアを開け友達が熟睡してるのを確認、心の中で「ゴメン、お前の彼女のパンストで抜かせてもらうよ」と謝りながら再度ドアを閉めた。

キッチンの横にあるトイレからトイレットペーパーを持ってきて射精の準備をした、ジーンズを下げパンツも下げいきり立った肉棒を握った、片方の手でパンストを持ち丸めて鼻に押し付けるようにした、そして俺は激しく肉棒をしごいた、ドア一枚隔てて友達が寝てる、そして俺がオカズにしてるのはその友達の彼女が穿いたパンストだ、スリルと顔にあたるパンストの感触とその匂いで興奮し1分もしないうちに大量に射精した。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年4月2日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友達の彼女をみんなでマワして【体験談】

数年前の話です。

俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに産まれて始めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん!

俺は素直に「ガンちゃん、よかったなぁ~」って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女マワしたろうぜ」とか言い出しやがった。

「そんなムチャな」と思ったけど、極悪トモさんの命令は絶対。

そんで合コンを装って「女の子の数が足りないから参加してよ」ってノンちゃんを誘って、ベロンベロンに酔わせてやった。

他の女二人、ジュンとケイコは俺らの公衆便所になってるヤリマン女。

そのままトモさんのマンションに連れ込んで、男五人女三人で乱交開始。

トモさんは最初からノンちゃん狙いで、いきなりチンボ丸出しで彼女に襲いかかって、「ガンみたいな不細工にヤラせんならワシにもヤラせろや~」とか言って、ズボズボハメ始めちゃった。

俺もジュンのマンコにズボりながら、ノンちゃんがトモさんの極悪チンボに犯されるのを眺めてた。

そんでトモさんは「鼻の穴に出したるで!鼻の穴に!」とか言って、ノンちゃんに顔面シャワーしてしまった。

しかも見事に鼻の穴に精子を命中させてた。

「うわぁ~!ノンちゃん、かわいそぉ~」って思ったけど、ノンちゃんのドロドロのハナタレ顔を見てるとメチャメチャ興奮しちゃって、俺もジュンの顔面にチンボの汁をぶっかけちゃった。

もちろん全部鼻の穴にね!ふふっ!

トモさんはニヤニヤ笑いながら、デジカメでノンちゃんのハナタレ顔を何枚も撮影してた。

「ガンにこのアホヅラ見せてやったらどう思うやろな」とか言って、悪魔のように口元を吊り上げて残酷な笑みを浮かべてた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月1日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友達の彼氏【体験談】

友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。

 職場の人達からはTちゃんとK君は結婚するんじゃないかと噂されるくらい普段は仲が良いのですが。どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。職場も同じなので仕事のことも長々と話していました。

 バーのようなところでお酒もすすみ、終電の時間に間に合わなくなりました。

 タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」

「えぇっ!?」と答えると「何もしないからさ」

 お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら、歩いていたくらいで、早く横になりたい一心でした。

 ホテルに入ると私はすぐにベット中に・・・。

 K君はお風呂に入りに行き、しばらくすると出てきました。次の日が土曜で休みだったので私はお風呂は朝入ろうと思いました。

 ベットを半分ずつ使って寝ていましたが、結局・・・。初めは乗り気じゃなかったんですが・・・。

 部屋に暖房がかかっていて汗ばむくらいでした。

 ブラを外され小さな胸をやさしく愛撫されました。乳首を吸ったり、乳首の周りを舌でなぞられたり・・・。丁寧にしてくれてすごく感じてしまいました。

 Tちゃんの彼氏に自分の体を見せていると思うと、興奮してきました。

 あそこがグチョグチョに濡れてきた頃にパンティーの中に手を入れられて指で愛撫・・・初めは指でパタパタと撫でてきて、時間がたつと激しく擦るように愛撫・・・。もう少しで「イケそう」だったのですが、残念そこでストップ・・・。クンニへ移行・・・。

「あぁっ、お風呂・・・入ってない・・・」

「大丈夫だよ・・・」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年3月30日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】ブス系お嬢様と、性欲に負けて【体験談】

じゃあ投下します!初めて投下なんで足らない情報あるかもだけど、それは聞いて下さい。

答えられる範囲で答えますんで。

では改めて…

2年前位のことなんだが、うかつにも親友の(元)彼女とやってしまいました。性欲に負けてorz

しばらくマジへこみしたが。

相手は親友Sの元カノの名前は梓サン(仮)俺の1コ上。当時23歳。

Sとは幼なじみで兄弟のように育ったんだが、つくる彼女はいつもちょいブス系。

S本人はカワイイというんだが…俺は正直心の中では「ないわ」って思ってた。

(というのはSは結構モテてたので「もっと選べるだろ」と。)

そしてやはり梓さんも初対面のとき正直「ないわ」と思った。BSですね。

ちなみに梓さんのスペックはFカップの社長令嬢。もちろんお嬢様だから黒髪。

乳輪が大きくて色が薄かった。FだけどポチャFなのでおっぱいが「ソイヤッ」って感じでした。

「ないわ」と思いつつも親友の彼女だし「本人がいいなら」とは思っていたんです。

(正確も明るくて優しいし、料理もうまいし)

で、Sと梓さんは同棲してたので、よく遊びに行って3人でメシ食べてました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年3月25日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】嬢は先輩の彼女だった【体験談】

文章書くの得意じゃないので、手短に淡々と書かせてもらいます。

馴染みのヘルスに行った時の話。

情けなくて誰にも言えないが、俺は月に2~3回ヘルスに通ってた。

正直に言う。

30歳目前のくせに完全なる素人童貞。

素人の女の子と付き合った経験すら無い。

筆下ろしは大学生の時に初めて行ったソープ。

失敗したくなかったから初っ端から高級ソープに行き、正直に「童貞なんです」と告白して初体験を済ませた。

特別にってゴム無しの生でヤラせてもらったし、都合4回も射精したのは良い思い出。

そこから風俗にどっぷりとなり、今になっても抜け出せてない。

話を戻します。

いつものように馴染みに店へ電話すると、お気に入りが店を辞めた事を知る。

「あれ?聞いてませんでした?」

あっけらかんと言われてイラっとした。

「他にもイイ子いるんでお店にいらして下さいよ~」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年3月22日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】3人でラブホに泊まった夜【体験談】

友達のH君とは高校のときからの付き合いです、

彼に始めての彼女Tちゃんができて

でもH君は真面目なヤツで彼女2人だと間が持たないからと頼まれてたまに一緒に遊んでいました。

その日も3人で遊び夜の2時を回っていました。

俺「さってそろそろかえって寝るか」

H「俺今から帰っても家は入れないんだよね」

俺「カラオケいくのもだりぃし・・・ってか俺寝たいんだよね」

H「3人でラブホ泊まろうぜ」

俺「俺はいいけどTちゃんいいの?」

T「別にかまわないよ」

H「よーしじゃあ決まりだな」

こーゆことは初めてじゃないし・・・まぁ・・いつものパターン

ってやつでした。

運良く空き部屋を見つけホテルにはいりました

バスルームはガラス張りで部屋から丸見えでしたが別に気にすることもない


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2014年3月19日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】小雪似の先輩【体験談】

学生の頃憧れてる先輩がいた。

綺麗で大人しくて優しくて芸能人で言うと小雪みたいな感じ。

仮に小雪さんとするけど、で、その小雪先輩は俺を可愛がってくれている男のA先輩と付き合ってた。

で、ある時3人でA先輩の家で飲んだ事があり。

小雪さんは飲み屋で飲む時なんかはあんまり飲まないんだけど

その日は結構ハイピッチで最後には飲みすぎた小雪先輩がぐてーっと突っ伏して

挙句床に寝そべっちゃって小雪先輩のそういう乱れた姿を見た事が無かった俺はドキドキしてた。

A先輩は「しょうがねえなあ」って言いながらもまあ冗談交じりで膝枕みたいにして寝せながら俺と会話を続けてた。

暫くそんな感じで喋ったり黙って飲んでたりした後、

30分位してから、急に小雪さんがもそもそ動いてんーー。とか言ったと思ったら

ジャージはいてた先輩のズボン下ろした。

A先輩が笑いながら「おいおいおい」とか言っても聞かず、

「んーうー」とか甘えた声出しながら遂には引っ張り出してフェラ。

いきなり咥えたみたいで凄く丁寧に首振り始める小雪先輩。

横から咥えてるから俺のほうからはほっぺた凹ませてめちゃめちゃエロ顔が見える感じ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||

2014年3月17日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】バカ後輩のアホ彼女に顔面シャワー【体験談】

中学時代の後輩の弟のアツシが、電話で「彼女ができました」と言ってきたので「イッパツやらせろや」と言ってやった。

以前アツシがまだ童貞だった頃に、俺のセフレを紹介して筆下ろしをさせてやったからだ。

その時の借りを返させるつもりで冗談半分で言ってみたのだが、頭の悪いアツシは真に受けて「わかりました、借りは返します」とあっさりOKした。

アツシは俺とは10才以上年が離れているが小さい頃からよく知っていて、兄よりも俺になついている。

名古屋の御器所に在る頭の悪い低能バカでも入学できるほど偏差値の低い学校の生徒で、彼女も同じ学校の生徒だった。

つまり二人ともどうしようもないアホってことだが、その二人を俺の部屋に呼んでオマンコすることになった。

ところがアツシの彼女はアツシには勿体無いほどの可愛い子だった。

モデルのスズキエミに似てるなと思った。

俺は一目見て女に激しく欲情していた。

女はミクと言う名前だった。

アツシはバカで顔も俺には劣るがまあまあイケメンなので、ミクはその顔に惹かれたのだろう。

話してみると、ミクはアホ学校の生徒に相応しいバカ女だった。

ミクがあっさりハメ撮りもOKしたので、俺とアツシのデジカメ二台と俺のビデオで一台でハメ撮りしてやった。

俺はパンツを脱いで自慢のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボを見せ付けてやった。

ミクは俺のデカマラを見て「うわっ!すっごいチンボ!」とか言ってビビってやがった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月5日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ