最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【マニアック】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【体験談】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。

それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。

由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。

どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、

ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。

録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。

こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。

”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”

松田の声が響く。

”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”

”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”

”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。

本当に、ただのビッチがいる感じがする。

”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”

いきなり真剣に口調で言う松田。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月13日 | カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【体験談】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2015年6月7日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる完 【体験談】

『欲しい……です……』

さとみは、とうとうこらえきれずに言ってしまった。夫のために、他の男性に抱かれようとしているさとみ……。

でも、女性経験豊富な雅治の焦らしのテクニックに、さとみは根を上げてしまった。



夫の直之に、さとみはすべてを捧げてきた。ファーストキスも、処女も捧げた。そんな、夫しか知らないさとみなので、愛のない他の男性に何をされても感じるはずがないと思っていた。そんな、乙女のような幻想を持っていた。



でも、さとみは自分の子宮の奥が、キュンキュンとうずくのを自覚していた。それだけではなく、繰り返される亀頭部分だけの短い焦らしのストロークの前に、奥まで欲しいと言ってしまった。





欲しいと言った次の瞬間、さとみは深い後悔の念を抱いた。でも、すぐに雅治が腰を突き入れてきたことで、そんな後悔は霧散した。

『はぁあぁぁっんっ! うぅぁぁっ!』

一気に奥まで突き入れられて、さとみは声を抑えることが出来なかった。さとみは、一瞬で頭が真っ白になった。

(こ、こんな……私、もしかして今イッたの? そんなはずない……)

さとみは、パニックになりながら、そんなことを考えた。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2015年4月14日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【フェラチオ】忘年会の後にビッチな人妻と行ったカラオケ店で見た光景【体験談】

東京都/名無しさん(30代)からの投稿

—-

人妻の由美とは知り合ってから5年程が経ちます。

初めてHをした時の腰使いが衝撃的で、そこから関係が始まり、コスプレ、露出、SM、複数体験など、様々な遊びをしてきました。

普段は愛想が良く、誰からも好かれるタイプである一方、妖艶な雰囲気を醸し出していて、一見すると話しかけづらい雰囲気もありますが、アルコールが入ると人が変わり、男性であれば誰とでも親密になり、常にその場を楽しみ盛り上げようと、かなり際どい下ネタでも全く問題ないタイプの女性です。

そんな性格の為、由美の噂は多く、絶えず周りからは、

・xxxとデートをしていた。

・飲み会で太ももやお尻を触られていた。

・お酒を口移ししていた。

・後ろからオチンチンを頭の上に置かれていた。

・出されたモノを握っていた。

更には「バックで挿入していた」といった話まで耳にしていました。

元々寝取られ願望がある私はどこで誰と何をしていても気にはならず、むしろHなことがあったら話を聞かせてもらうことで興奮したいと、何度か噂についても尋ねたのですが由美は一切答えず、ただ時々会話の中で、

「この前、一緒の飲み会で、私が帰った後、xxx先輩に抱きつかれキスをされた」

また別の時には、


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月7日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】人妻風俗店で新人として紹介されたFさん【体験談】

アベッチさん(40代)からの投稿

—-

5年ぐらい前に、行きつけにしていた人妻風俗店に行った時の話。

普段は指名している相手を予約して行くのだが、その日は同僚と飲み会帰りにムラムラしたのと資金に余裕があったから新規開拓と考えて突入した。

受付で

「Aさん、今日はNさん休みなんですどうしますか?」

と言われた。俺は

「そうか・・・すぐに入れて細身のおすすめはいる?」

と聞くと

「たぶん新人のFさんなら移動時間だけ・・・Kさんは前に入られてますね?15分待ちぐらいです」

と言いながらパネルを出して見せる。

時間が遅かったのもあるが、他の選択肢は無かった。

新人のFさんは顔はまったく好みではないが、身長が高く、プロフィールでは87D-60-87となかなかで年齢的になムチムチした感じもない。

1~2分パネルを見ながら悩み、Fさんをロングでと頼んで支払いと無料オプションを頼み、先にラブホに入り待つことにした。

オプションはローターとその時サービスのバイブだったと思う。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月23日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【人妻】誰とでもヤる30代の人妻とバーに行った時の話【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

先月、30代の人妻(由紀)と会社の元先輩が経営するバーに行った時の話です。

由紀とは5年ほど前に出会い、比較的背が高く、脚が綺麗で普段からエロい雰囲気を醸していましたが、当時はまだそれほど意識することはありませんでした。

ところが、ある日15人ほどの飲み会に参加し、偶然隣の席に座ったのがきっかけで、今の関係が始まりました。

というのも、由紀は誰にでも愛想がよく、特におじさんから人気があることは知っていましたが、お酒が好きで、しかも飲むとかなり大胆で淫乱になることを知りました。

確かに、噂では職場のおじさん達と飲みに行き、お酒も進みガードが緩くなると下ネタへ付き合うことはもちろんのこと、パンチラや口移し、カラオケで胸を揉まれ、居酒屋の個室で自らちんこを握ったり、バックから挿入までされたということを複数の人から聞いたことがありました。

私の場合は、大人数の飲み会であるにも関わらず、宴もたけなわになってきた頃、最初は太もも付近に手を置いてきて、最後の方にはズボンの上からですが、股間を刺激されました。

感心したのは、私に対してそうしながらも、左側に座っていた先輩とは手を握って楽しそうに会話をしていたことです。

その日以来、由紀とは頻繁に2人で会い、様々な調教をした結果、今ではかなりの淫乱へと変わりました。

前置きが長くなりましたが、先月久々に会社の元先輩が経営するバーへ飲みに行こうと誘い、手間のビルの非常階段で丈が19㎝のマイクロミニに黒のガーター、白いワイシャツに着替えさせ、21時頃、店に入りました。

店には元先輩(40代)の他に店員が2人、サラリーマン風の4人組と、カウンターに数人がいました。

店に入り、由紀が来ていた薄手のコートを脱ぐと胸の谷間がチラりと見え、ギリギリお尻が隠れる程度のミニスカに自然と視線が集まりました。

私達は2つあるソファー席の奥側に座り、ビール、カクテル、ワインを飲み続けました。

午前0時を過ぎた頃には客も減り、私達とカウンターに元先輩の友人(以下、友人)を含む3人の計6人だけになっていました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月8日 | カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と完 【体験談】

妻の麻衣には、忘れられない人がいた。僕と付き合う前に付き合っていた大学の先輩だ。

拓先輩は、誰がみてもイケメンと呼ばれるルックスで、性格も良く、非の打ち所がない先輩だった。

それが、事情はわからないが、卒業と同時にアメリカに行ってしまった。

僕は、先輩に捨てられた麻衣に必死で食い下がり、なんとか結婚まで行くことが出来た。



結婚して二年が経ち、麻衣の心から先輩が消えたと思っていた頃、偶然街で先輩に再会した。

そして色々あって、先輩の奧さんのアリーさんを含めた、4人での共同生活が始まった。









キッチンで、アリーさんと麻衣が楽しそうに朝食を準備している。最近、休日はこんな風に始まる。

アリーさんも麻衣も、裸にエプロンだけを着けて料理を作っている。巨乳のアリーさんは胸が凄く盛り上がってるし、妊娠している麻衣は、お腹が盛り上がっている。






記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月3日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【体験談】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。

32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。



これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、





嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。

男は、嫁の昔の知り合いだ。

40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。





「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」

男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。



目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月30日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら3 【体験談】

嫁の希とは、結婚する前からの長い付き合いで、セックスレスになりそうになっていた。ネットでオナネタを探すウチに、”NTR使える寝取られサイト”や”禁断の体験エッチな告白集”などのサイトでオナる事が多くなっていた。

そしてそれもエスカレートして、実際にリアルで出会える寝取られ掲示板などを見るようになって行った。



そんな中、思い切って嫁の希にカップル喫茶に行きたいと持ちかけ、予想外にトントン拍子に話が決まった。



1回目の訪問で、常連のみっちゃん夫妻と仲良くなり、すぐに2回目の訪問をすることになった。





そして今目の前では、みっちゃんの極太イボペニスをくわえる希と、みっちゃんの乳首を責める京香さんがいた。

京香さんは、ヒモだけのブラに、パックリ穴の空いたショーツを身にまとっている。そして、そのパックリと開いた穴からは、毛のないツルツルのアソコが丸見えで、そこから流れ出てくる白い精液がよく見えている。



希は、全裸で異形のペニスに口での奉仕を続けている。こうやって見比べると、全裸よりもエロいランジェリーを身にまとっている方が、数倍エロく見える。



「オォぅ……気持ちいよ……ヤバい……」

みっちゃんが、早くも限界を訴える。京香さんとのセックスでは、余裕たっぷりなみっちゃんなのに、今は早漏気味だ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月24日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】世はおしなべて事もなし【体験談】

<>401名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:14:32.78ID:Kgac48BI0[1/18]<>

友達ってわけでもないが、まあこのスレが一番近いかなと思ってココで書く。



去年の盆に高校の同期会をやったんだが、その準備を一昨年の秋くらいからしてた。

まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、

積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。



高校は県下でも有数の進学校で、美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に

行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。

ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で

週末や週中にたまに帰ってくるくらい。

まあ、あとでその旦那の浮気が元でこのスレに書くような事になるんだけど。



<>402名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:16:15.20ID:Kgac48BI0[2/18]<>

会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月25日 | カテゴリー:友達との体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ