最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2015年4月8日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった 【体験談】

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。

そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。



寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。



宿は、古くて小ぶりな宿だったが、手入れの行き届いた清潔感あふれる宿だった。そして、何よりも私が良いなと思ったのが、若女将だった。若女将と言っても、多分30歳半ばだと思うが、こういう宿の女将にしては群を抜いて若いと思った。



そして、和服を着た彼女は、何とも言えない色気があふれていた。露出など皆無な和服なのに、どうしてこんなにエッチに見えるのか不思議だが、私はドキドキしっぱなしだった。



見た目は、安めぐみとか、そんな癒やし系と言われるルックスで、和服の上からでも結構なボリュームを感じる胸は、脱いだらとんでもない事になりそうだと思う。



『ようこそおいで下さいました。スキーでお疲れではないですか? すぐにお部屋にご案内しますね』

と、丁寧さと砕けた感じの混じった口調で挨拶をしてきた。まるっとへりくだった口調で接客されるよりも、ある程度馴れ馴れしい方が私の好みだ。



『僕、スキーは上手に滑れるの?』


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年4月1日 | カテゴリー:温泉での体験談

【友達】後家の母【体験談】

父親も、私も、鉄道員でした。当時、定年は55歳、3年間の嘱託を終えた、

父は、58歳で、急死。私は30歳独身でした。母は53歳で、田舎では、

後家さんと呼ばれ、注目されています。村の初会合には、1家に1人、酒席

に、出なければなりません。母も嫌々同席しました。案の定お酒を勧められ

エロ談義の的です。私は察して、母を迎えに会場へ、酔いつぶれかけの

母を連れ帰りました。ある程度しっかりしていた母も、お家に帰ると、

ダウンです。当時和服の母は、下着はお腰。仰向きに立て膝、オマンが

丸出しで、寝息をたて始め脚はひらきエロい。陰唇は薄ピンク陰毛は薄くて

グロテスクは感じません。

悪戯気が湧き、クリと膣を優しく愛撫。かすかに「いゃんオトウサン」・・・・・

愛液が滲み出しいやらしい音・・・・・調子に乗って強く掻き回してみましたら、

「うっふん・・・・」腰を遣いはじめ「ああ~ん」私の男根が反り返りピクンピクン

ズボンをずらして、母の股間に割り込んで、一気に挿しますと母は

「おとうさん」とあまえて抱きつきましたが、すでに私は辛抱出来ずに射精

母の膣深くに中出しです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||

2014年8月29日 | カテゴリー:友達との体験談

【職場】【熟女】職場のクラブ活動にあった茶道部のお茶の先生と【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今私は40歳です。

これから話す内容は今から10数年前の体験談です。

私は当時病院で働いていて、その病院では職員の福利厚生の一環でクラブ活動が盛んでした。

その中に「茶道クラブ」があり、毎週木曜日の5時30分以降行っていました。

ほとんどが女性の方でしたが、当時の職場の上司(女性)が

「たまには出てみたら?」

と声をかけてくれ、参加してみました。

当時は

「茶道なんて・・・どうせババアの先生だろう」

と思っていました。

普段クラブを行っている和室(普段は職員休憩室)に行ってみると、なんと綺麗な先生が。

NHKのクローズアップ現代の国○キャスターに似た和服を着ている先生がいるではありませんか。

当時は熟女好きが自覚していませんでしたが、ちょっとうれしい気持ちでした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月28日 | カテゴリー:職場での体験談

【友達】銀座のホステスとの熱愛。【体験談】

僕は銀座のクラブ「S」の恵子と熱愛関係なんです。私34歳、恵子が年上の38歳なんです。恵子はお店でもナンバーワン、いつも素敵な和服姿が良く似合うスラリとした容姿端麗の美人なんです。恵子目当てに通うお客も多いんです。私もその一人でした。ある日、恵子が隣でお酌してくれて、何気なしに映画にでも行こうか。その週の金曜日に新宿ピカデリーに映画に行ったんです。そしてその後お店に同伴したんです。その時はそれで終わったんです。次の週の金曜日、お店が終わってから六本木の瀬里奈へ深夜の食事。シャブシャブを食べお酒が入ったんです。少し酔いが回った恵子。外で僕の腕に掴まり身を寄せてくるんです。和服姿の綺麗な恵子。僕は恵子の手を取って自然体に裏通りに導き強引に唇を奪ったんです。恵子に抵抗は無く、しっかりと抱き合って抱擁を繰り返しながら唇を重ね合ったんです。近くにラブホテルがあった。手を取り合いながら入ったんです。「少し休もう」恵子は僕の目を見つめていた。部屋に入って激しいキスの応酬。和服の袖の下から両手を入れて恵子の乳房を揉んだんです。そしてそのままベットに和服のまま押し倒したんです。和服の裾が割れて恵子の艶めかしい美脚が見え、僕を激情させたんです。裾の割れ目から手を差し込みパンテイーを摩ったんです。もう濡れてるんです。思いっきり帯から和服を剥ぎ、パンテイーを下したんです。女特有の体の匂いなんです。思いっきり美脚を開いて口を当てたら悶えるんです。僕は若いからもう我慢できない。恵子の和服の裾を捲りあげたまま一気に挿入したんです。「アアア嗚呼嗚呼ッーーーー」恵子の喘ぎ声の甲高い事。和服姿で結合した艶めかしさも手伝って恵子の豊かな腰回りを抱え込みながら中出ししたんです。終わってから恵子は和服を解き、お風呂に入ったんです。出てから「もう一回しようよ」っておねだりなんです。再度今度はお互いに全裸で絡み合ったんです。恵子って結構激しいんです。「前彼と別れてから、しばらくセックスが無かったわ。」と言いながら僕を咥えこんでくるんです。その日から僕と恵子は彼氏と彼女になって毎日の如く食事同伴するようになったんです。他のお客から食事に誘われても断る恵子。次第に指名が少なくなったんです。今年の正月は恵子とハワイに行って来たんです。ベランダを全開にしてワイキキの風を部屋に入れての毎夜の絡み合いをしたんです。恵子はハワイに居る間、ムームーを着て、ノーパン、ノーブラで通したんです。そんな恵子を深夜のワイキキの木陰で、ムームーを上げて挿入したんです。今恵子はお客が少なくなったけど、僕との日々のセックスに満足を感じながら銀座の夜で頑張ってるんです。それでも和服美人の恵子を目指して来るお客がまだ多いんです。

記事関連タグ

|||||||||

2014年8月3日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】露出癖 6【体験談】

まず駅前に出ることにした。

バスで行く。

レスカレーターを上る彼女達のマンコが丸見えだ。

デパートの三階洋服売り場へ行った。

あれこれ試着し幾つか見て行く。

そのあとコーヒーショップへ。

どうやら彼が居ないのを気にしてミチに相談したようだ。

「みんな可愛いから彼はきっと見つかるよ!」

と励ましておいた。

夜。

ミチが部屋に来た。

「ちょっと眠れないの・・。」

ムラムラしているようだ。

外へ連れ出し渓流沿いまで行く。

ベンチに座らせマンコを舐めてやる。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||

2014年5月11日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】露出癖 6【体験談】

まず駅前に出ることにした。

バスで行く。

レスカレーターを上る彼女達のマンコが丸見えだ。

デパートの三階洋服売り場へ行った。

あれこれ試着し幾つか見て行く。

そのあとコーヒーショップへ。

どうやら彼が居ないのを気にしてミチに相談したようだ。

「みんな可愛いから彼はきっと見つかるよ!」

と励ましておいた。

夜。

ミチが部屋に来た。

「ちょっと眠れないの・・。」

ムラムラしているようだ。

外へ連れ出し渓流沿いまで行く。

ベンチに座らせマンコを舐めてやる。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||

2014年4月19日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】夫にも見せたことのない姿を少年達に【体験談】

私は俯いて耳を塞ぎながら、屈辱感で体が小刻みに震えていました。



「うわー凄い。アソコってこんなに開くもんなんですね。」

「僕、モザイクなしは初めてかも」

「ばーか、AVと一緒にすんなw」

「これ、この先生なんだぞ、ほら!顔がアップで写った」

『若葉のオマンコ見て・・』

「マジだw 名前まで言っちゃってるw」

「自分でアソコ開いちゃって、せ〜んせ、いや、若葉さ〜ん、は〜ずかしいぃぃw」



重田信明・・・

まさか私が受け持っている生徒の一人があの重田常務の息子だったなんて

その時まで全く気づきませんでした。

突然、映像を見せられて呆然とする私の前で、信明はボリュームを上げました。

屈辱の声が室内に響き渡った瞬間、私は慌ててポータブルプレイヤーを奪い取ろうとしました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年4月3日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】「単棹独穴①‥申込ⅠⅡ」【体験談】

【まえがき】

これは昭和の中頃の‥ 初心で耳年増な二十代後半の男女が触れ合い、結婚して初めて‥ 童貞の一本のマラを処女のオメコに嵌め込み、お互いに‥長じてからは 親にも見せ無かった処を見せ合い擦り合って、タドタドしく 性生活を始めるまでの話です。

今の‥会って半日もすれば 嵌めて腰を遣っている若い世代には、ここに書くような 結婚でやっとオメコをヤレル時代なんて、考えられ無いでしょうが、敗戦後の昭和の中頃には、これが世間で一番ありふれた 気の弱い男女の結び付き方だったのです。

そう‥日本が戦争に負けた頃には 30歳前後の童貞や処女はザラにいました。お金と度胸のある男は 割りに早く赤線・青線でオメコを経験しましたが、それもやがて 廃止されます。そんな環境では 密かに浮世絵・ワイ本やワイ写真を見るのが精々でした。

当事者は二人とも 大年増ですから、結構ムラムラしていましたが でも何せ‥お互いに初めての性交‥媾合です。初めてペニスをヴァギナに‥ ワイ本の言葉通りに云えば、マラをオメコに挿れ嵌め込んだら、これも初めて腰を遣うのだから 大変です。

腰を遣うって云っても 今のように映画や動画で見ることもありません。またオメコをヤッタことが無いのですから、嵌めた状態でキスが出来るかも判りません。大体‥キスそのものが 申し込みの時に初めて体験したのですから、まだ舌の絡め方も 稚拙でした。

さぁ‥これから プロポーズから新婚旅行までを、六回に分けてレポートします。本人達は結構 マラもオメコも濡れていたのですが、始めの一〜二回はヤル場面は出て来ません。その辺は 当時の私達のモドカシサをご一緒に感じていただければ幸いです。◇

『同穴 : 申込Ⅰ』

 これは 女房にプロポーズするまでの経緯です。

 女房の兄とは 大学で同じクラスです。席順がアルファベット順だったことで 席が近くになり、私は「彼の 水際立ったハンサム振り」に 初対面のときから胸が疼きます。私がまだ視覚的バイセクシャルの頃で 恐る々々話し掛け、彼も好意を感じてか すぐ仲良くなれました。それでも 彼が他の友人と談笑していると、いつも理由の無い嫉妬心がこみ上げて 我慢が出来ず、席を外すことも 度々です。そんなある日 まだ世間にモノが無い昭和24年(1949年)頃のことで、闇ルートで手に入ったタバコを 私は吸わないので彼に遣ろうと彼の家を訪れます。そのとき彼は不在で 挨拶に出てきたのが娘時代の女房で、これが 運命の初対面です。そのときの姿は その場ではそう意識しなかったのですが、前髪を眉の上まで垂らし 他の髪を後ろに束ねた可愛い娘でした。

 その引き締まった 和服姿で細い指を衝いて挨拶した姿は、その後一生 私の脳裏に刻み込まれ、私の女房への 性衝動のベースになります。これはズット後に 婚約し結婚してからのことですが、女房を抱けば 「アァ あのときの女の子が…、今 オレの胸に…」と思うし、私のペニスを握らせれば 「あの何にも知らない娘に こんなモノを握らせて…」と思い、身体で繋がりペニスをヴァギナに挿入して 「ピクンピクン… キュッキュッ」と無言で反応し合っていると、あの無垢な娘を 「オレが こんなことを出来るようにしちゃったんだ!」と、そのつど腰の奥がズキンズキンし ペニスの付け根がキュンキュンして、簡単に昇り詰め 一気にイキそうになるのです。‥それは後の話。

 二度目に女房に会ったのは その兄…同級の彼に呼ばれて遊びに行ったときです。話している内に 彼女が紅茶を持って来て呉れます。彼が先に紅茶を一口飲んで 「オイ これ黴クサイぞ!」と云い 彼女は慌てて紅茶を淹れ換えて来ます。後で聞いてみたら 当時私が突っ張って赤い靴下を履いていたので、「このヤロウ 生意気だから湿気った紅茶飲ましてヤルゥ!」と 思ったのだそうです。良く考えれば それは彼女が「そのとき 充分に 私を意識した!」と 云うことだったのでしょう。その後私は 彼へのアポ無しで彼の家を訪ねるようになります。彼が居ないとホッとし 誘われるままに上がり込んで、駄弁って 帰るだけです。

 手一つ 握る訳でありませんでしたが、そんなときの話で 父親が亡くなった後 母親が働きに出て、家事は一切 彼女が遣っていることも知りました。これは後で聞いた話でしすが 父親の収集した春画などを盗み見ていた彼女は、「この人(私)にも アンナ画の様なモノ(ペニス)が着いているのかなぁ…」なんて思って居たそうです。「お互いに オクレていたなぁ…」と 思います。それともあるいは耳年増ですから もう彼女も自分一人で楽しむ位のことはヤッテいたかも知れません。そうであれば そのときに私を思い浮かべてシタかどうか、結婚してから夜のアノの最中に 痴話がてらに聞き出そうとしましたが、とうとう「イヤーン…」の一点張りで 遂に告白しませんでした。

 大学を卒業するとお互いに就職して 彼とも会うことが少なくなります。他に兄弟も居て その面倒を見ていて彼女はソロソロ婚期には遅くなり掛けてきています。私はもうその頃には「結婚するなら 彼女と…」と思い始めていましたが 不思議なことにソコには「あの女(ひと)と ヤリタイ!」と云う肉欲的なものはありません。「居るンなら あの女と一緒に居たい!」‥ と云う思いだけです。ただ云い出して断られたらと考えると 親友との仲も気不味くなるし…、なかなか云い出せずに イッソ彼に中に這入って貰い、意向を聞いて貰おうかと思っていた頃 彼の家の夕食に招かれました。夕食は確かスキ焼きで 他の兄弟も一緒です。一人っ子の私には 珍しくもあり楽しいひと時でした。

 食事が終わり みんなで雑談をしていたとき、ふと彼女が軽く 「昨日の晩 アナタ(私)が遊びに来た夢を見たワ…」と洩らしました。それを聞いて私は「それはまぁ… 夜分に突然お伺いしまして…」と冗談を云いながら 嬉しくなりました。「ヨシこれなら大丈夫だ… 改めて彼女一人のときに、直接にプロポーズしよう!」と 思いを決めました。「夢に出てくるほど 潜在意識に這入っているなら、多分私のプロポーズを 受けて呉れるだろう」と 思ったのです。帰りに当時の都電の駅まで 友達の兄貴と一緒に彼女も送ってきて呉れます。「これならもう 十中八九間違い無い!」と自信を深めました。婚約後にソノコトを 女房に話したら、女房は「損しちゃった!」と云います。(ナニが損なの…? どう云うワケで…?)女房はキット 自分から本音を洩らしのがクヤシイ…、とでも 云うようなことだったのでしょう。(Ⅱへ 続く)


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2014年3月9日 | カテゴリー:人妻との体験談

【職場】夫にも見せたことのない姿を晒して【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月5日 | カテゴリー:職場での体験談
1 / 41234

このページの先頭へ