最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラチオ】【お勧め】ボクが家庭教師を務めることになった女子高生と初対面したら、いかにもな不良少女だった【体験談】

センセさんからの投稿

—-

ボクが美雪と出会ったのは大学3年の夏だった。

当時彼女は受験を控えた高校生で、家庭教師の派遣元からの紹介でボクが家庭教師を務めることになった。

夏休みを控えたある日、ボクが美雪の家へ出向いた。

高級住宅街の中でもひと際目立った大邸宅がボクの探している家だと気がついた時、愕然とした。

“どんなわがままなお嬢様がボクを待っているのだろう・・・”

来年大学受験を控えた夏になってようやく家庭教師をつけるなんて、よほど頭が悪いか勉強嫌いかに決まっている。

そんなに勉強が嫌いなら進学なんかさせなければいいのに、お金持ちと言うのはとにかく見栄を張りたがるものらしい。

ベルを鳴らすとすぐに母親が出てきて、ボクを出迎えてくれた。

「先生、お待ちしておりました」

「初めまして」

ボクは優等生らしさを強調しようと少しオーバーに頭を下げて見せた。

どこに座ったら良いのか躊躇うほど高級そうな皮張りのソファーとかが置いてあるリビングに通され、促されてようやく座ると直ぐに教え子となる女の子が二階から降りてきた。

細身でストレートな長い髪にアーモンドアイという基本エレメントは良かったが、いかにもファンキーそうで、だらしない態度をした女子高生が登場した。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月13日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【お礼】大学の女友達から風邪を引いたとメールが入った【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学1年、入学してすぐに女友達ができた。

これといって可愛いわけでもないけど、毎日話しかけてくれるし誰も知らない環境の中でホッと出来る事が多かった。

ある日、風邪を引いたとメールが入り、食べ物と薬を買ってきて欲しいと言うので授業後に向かった。

初めて女友達の家に行って、言われた通りにお粥作ったり洗物したり。

俺は召使かよ!って思いつつも寝込んでる姿が可哀想に思えた。

「今日はありがとね。こっちに座りなよ」

そう言われ、ソファベッドに横になってるその子の横にちょこんと座った。

すると何も言わずにその子の手がジーンズに伸びてきて、ボタンを外した。

既に大きくなったイチモツが勢いよく出てきた。

ソファベッドからゆっくり女の子が立ち上がり、座っている僕の前へ来た。

テントになったボクサーパンツをゆっくり下ろした後、物欲しそうに僕の目を見て、

「いいよね?」

と言った。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2015年1月14日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】寝坊して焦ってノーブラで電車に飛び乗ったけど最悪な一日だった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学時代の夏休み前の事です。

その日は寝坊して目を覚ましていつもより20分も遅く起きてしまい、慌てて顔を洗って化粧をして学校に向かいました。

私の家は駅がすぐ近くにあるので、家を出るとすぐに電車に乗る事が出来ます。

慌てて電車に乗ると、なんとかいつもの時間の電車に乗れました。

どうしても遅刻出来ない学校だったので、ホッと胸を撫で下ろしました。

私は電車の中ほどの釣り革に掴まり、前の座席にはサラリーマンらしき若い男が座っていました。

その男性がなんか私の胸の方をチラチラ見ているような気がしましたが、いつもの事なので無視していました。

でもなんか気になって自分の胸を見ると、なんとトップが透けていて、思わず「あっ」と小さく声を出してしまいました。

ブラを付け忘れていました。

なんか胸が揺れるなーと思ってはいたのですが、あまりに急いでいたためなのか、パジャマの時の癖が出てしまいました。

慌てて前屈みになって胸を隠しましたが、シャツ一枚なので乳首のところが色が透けているようでした。

それをサラリーマンが凝視していました。

恥ずかしかったので腕で何とか見えないように隠しましたが、自分でわざとブラをしていないと思われてるみたいで恥ずかしかったです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月13日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】塾で知り合った1つ上の先輩は、とても綺麗な人だった【体験談】

田中さん(10代)からの投稿

—-

まだ中学生で田舎に住んでいた頃、ボクは街の小さな塾に通っていた。

その塾は学年に関係なく大広間で学力別のプリントをもらい、自分で問題を解いて先生に採点をしてもらって、合格ラインに達すると勝手に帰っていくという奇妙なシステムだった。

先生は授業をして教えてくれるわけではなく、学校で習っていないことだったりすると生徒同士で教え合うということになっていたので、騒ぎさえしなければ私語も許されていた。

奇妙なシステムだったが、何故かそれなりの学力はつくので、ボクは小学生の頃からそこに通わされていた。

友達にその話をしたら変な塾だと思われたようで、知り合いはほとんどおらず、周りには小学生のガキんちょばっかりで、塾に着くと黙々と問題を解いて、いかに早く帰っていくかというのがボクの週に2日の日課だった。

中2の夏休みが終わった頃、珍しくボクと同じ中学校の制服を着た女子生徒2人がその塾に通い始めた。

そのうちの1人が凄く綺麗な女の子で、その子が初めて大広間に入ってきた時には、思わず二度見してしまったほどだった。

先生と何を話しているのかが気になって、ボクの顔は別の方向を向いているのに全神経が耳に集中していた。

漏れ聞こえて来る声に神経を尖らせて聞いていると、どうやら3年生のようだった。

綺麗な方の子の名前がナツミと聞こえた。

もう一人も続いて名乗っていたが、どうでも良かった。

二人は同じクラスの友達で、高校受験を前に塾に駆け込んできたという何とも呑気な感じの二人だった。

それからは俄然、塾に通うのが楽しくなった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月20日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】同じ大学のみんなと雑魚寝してたら女友達がいきなりフェラしてきた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

関西で大学生をしていた時の話。

俺は1年の浪人時代を耐えて、晴れてある大学に入学する事ができた。

引越し、入学式など無事に済ませたが、いかんせん入学したての頃はまだ友達もおらず、毎日が苦痛で大学が終わればすぐ帰り、パチンコばかりしてた。

ある日、同じように帰ろうと駅のホームにいると、同じ学部学科の女の子と出会ったんだ。

その子は友利(仮名)といって、偶然学籍番号が後ろの子で面識はあった。

同じ電車で通っている事を後から知った訳だけど、その時は彼女いない=年齢という俺なもんで何を喋ろうか迷ってたんだけど、彼女から話しかけてくれたんだ。

友利「どこ住んでるの?」

俺「◯◯駅の近く」

友利「同じ沿線だね。じゃあ一緒に途中まで帰らない?」

俺は変わり映えしない毎日に多少の不安があったので、照れ臭かったけど一緒に帰ることにした。

「なぜこの大学にしたのか?」

「何になりたいのか?」

お互いの事を色々紹介し合ってその日は帰った。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月20日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】親友だと思ってた女友達が、俺が寝てる間にフェラしてた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

サークルの新年会4次会の宅飲みの後、男性陣が壊滅し、あんまり酔ってない女性陣が送っていった。

俺もかなりべろんべろんで寝っ転がって半分寝てたら女性陣の1人Kが帰ってきた。(ただいまと声がした)

目も開けずにうめいてそのまま半分寝てたらKが悪戯を始めた。

Kは体系はぽっちゃりして小柄、顔は人並み、化粧っ気が薄く、地味な服装。

面倒見がよくノリもいい、というかノリが男性的で俺はKと親友だと思ってた。

講義や飯を食いに行くのも一緒、悪ふざけもバカやるのも一緒だった。

そのKが寝ている俺の鼻をつまんだり唇をムニムニしだした。

目を開けるのも億劫で、呻いてだけいたらそのうちお腹を撫で始めた。

くすぐったいが起きる気力もない。

そのうちぼんやりしだして完全に寝てしまった。

どれだけ寝たんだろうか・・・ふと目が覚めてみると気持ちいい、そして寒い。

顔だけ少し起こすとKが俺のを咥えていた。

びっくりした俺は思わず起きようと右膝を上げ、膝というか腿(もも)でKの頭を蹴り飛ばすカタチになった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2014年12月17日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【高校生】飲み屋で仲良くなったJKが何でか自分の友達を紹介してくれる【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今から10年前の話なんだけど、飲み屋で仲良くなった大島優子似がいて即ヤりだったんだが、実はJKだった。

そこまではよくある話なんだけど、その優子似がわけわからん奴で、何故か自分の友達を紹介してくれるんだよ。

その内3Pも2回あった。合計で15人くらい。

紹介してくれた友達の後輩なんかも入れると30人近くになる。

気に入った子は継続的にヤれるし、一番若いのはJCとか。

援交とかじゃないのに、2年近く学生達とヤリ放題だった。

優子似からは月1くらいで会って、もちろんヤってた。

進学で優子似が東京に行く事になって、最後に普通のデートがしたいとおねだりされた。

映画を観てドライブして進学祝いにピアス買ってやって、飯食った後、結構遅い時間だったんで家まで送ろうとしたら、泊まると言い出した。

親は大丈夫って事だったし、たまにハメ撮りもしていたので、最後の記念にガッチリやるつもりでいた。

いつも通り時間かけて前戯して、そろそろカメラのアングルを俯瞰にして・・・とか考えてたらヒックヒク泣いてんの。

こっちもパニクってさ。どーゆー事だと。

初めてヤった時から好きだったけど、告白してもただのセフレでも逃げられそうだけど、女の子紹介していれば離れる事もないと思ってた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年12月15日 | カテゴリー:高校生との体験談

【レイプ】好きな子がサークル内の旅行で輪姦された話を聞かされた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺が直接見たわけじゃなくて人から聞いた話なんだけど、大体一年前の事だし、そろそろケジメ付けたいから話そうと思う。

去年の八月末か九月頭くらいの事。

その時俺は大学一年生で、とあるサークルに所属してた。

結構真面目な勉強系のサークルだったんだけど、先輩も同期もみんな優しくて、アットホームな雰囲気のサークルだった。

そのサークルに俺の好きだった子がいたんだけど、その子をSとしようか。

Sはあまり目立たないんだけど、明るくて気配りがよくできて、ちょっと可愛い感じの子だった。

とびきり可愛いとか胸が大きいとかスタイルがいいとかそういうのは無かったんだけど、なんかほんわかした雰囲気でそういう所が好きだった。

男女問わずそれなりの人気があったのも、そういう雰囲気のせいだと思う。

で、Sが輪姦されたって話を俺にしたのが同じサークルだったKってやつ。

こいつはノリがDQN系のやつだったんだけど、真面目系のサークルに入ってるだけあって、礼儀とか常識はわきまえてる奴だった。

で、このSとKと俺と他数名の奴らが特に仲がよくて、サークル活動以外にも遊びに行ったり飯食ったりしてた。

この話に他数名の奴らは出てこないから紹介は割愛で。

実はSとKは同じサークルを掛け持ちしてて、そのサークルは旅行系のサークルだったらしい。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月11日 | カテゴリー:レイプの体験談

【フェラチオ】【抜ける】女友達の浮気話を告白させてたらドMってことが分かって【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校3年の時が同じクラスで、その後同じ大学に進んだ女友達。

サバサバした性格で音楽の趣味が合ったから高校時代よりむしろ大学時代に仲良くなった。

ただ、お互い高校時代から恋人がいたから本当に友達という感じの付き合い。

週一くらいで電話したり、バイト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。

下ネタもありありで、本当サバけた感じの付き合いをしてた。

そして大学3年になったある冬の日、俺の家で2人で飲んでた。

それも2人で飲もうではなく、本当は3人で飲む予定が1人キャンセルしたからという理由で2人だった。

当時俺には彼女はおらず、女友達には彼氏がいた。

下ネタOKなので飲みながら

「SEXしてる?」

「ん?まあ、してるけど」

「俺してない」

「彼女いないんなら当たり前でしょ」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】バイト先の女子高生がうちにあるバイブに興味津々になってた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺が大学生だった頃の話。

当時の俺は自宅から4つ隣駅のファーストフード店でバイトをしていたのだが、たまたまそこに同じ地元の高校生の女(S)がいた。

Sは俺の3つ下の当時高校2年で、モー娘の紺野が痩せてちょいお姉にさせた感じの感じの可愛い女だった。

ノリも非常によく、バイト先での飲み会とかカラオケに行くと率先して飲んだり(しかし酒は弱かった)、アユの物真似して歌を歌ったりしてバイト連中にも人気が高かった。

俺は地元が一緒(幼稚園と小学校も一緒だった)だったのでバイト帰りにバイクで送ってやったり、当時付き合っていた彼氏の悩みを聞いてやったりしていい兄貴分を演じていた。

俺は実家から歩いて2~3分の所にある親のマンションに独り暮らしをしていて、バイト先の連中とかを連れこんで遊んだりしていたのでSも何度か俺の家に来た事があった。

Sは本当に俺には色々相談してきた。

ほとんど彼氏の相談なのだが、たまにエロい内容の相談もあった。

俺は「オープンなお笑い系エロ野郎」キャラなので、下ネタも女性の前だろうが平気でバンバン言うタイプ。

だからSも俺には普通に彼氏とのエロ話をしていた。

Sの男性経験は今の彼氏ともう1人だけ、合コンで酔った勢いでやってしまった男らしい。

彼氏もいたって普通のHをする男で、体はまだまだ未開発といった所みたいだ。

そんなある日、Sからメールが来た。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ