最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった5 【体験談】

結局、あまりにも真っ直ぐな景子ちゃんの気持ちに、少し怖くなってしまった私だったが、この歳でこんなにも若くて可愛い女の子に惚れられて、嬉しくないわけがなかった。



結局、昨日の夜は景子ちゃんのお尻の中でイッて終わった。そして息子は、一度も起きることなく寝続けていた。寝ている間に、早すぎる童貞卒業をしたことや、フィストファックで明奈ちゃんを失神するまで追い込んだことも知らず、無邪気な寝顔を見せる息子。昨日のスキーの疲れもあるのか、まったく起きる気配がなかった。



私は、せっかくなので朝風呂に行くことにした。大浴場は、早朝ということもあり誰もいない状況で、私は身体を洗い、髭を剃った後で外の露天風呂に入った。そして、昨日のことを考えていた。まさか、この歳になってモテ期が来るとは思っていなかった。景子ちゃんが、どこまで本気かわからないが、私はトキメキを感じていた。そして、女将さんに子種をねだられたことも強烈な経験だった。



景子ちゃんは、私などでは土下座してお願いするレベルの良いオンナだ。でも、嫁も息子もいる私が深入りしてはいけないと思っている。そして、彼女も旅先で開放的になっているだけだと思う。冷静になれば、私のようなおっさんに本気になるわけがない。



そんなことを考えながらも、昨日のめくるめくセックスを思い出していた。一晩であんなに射精したのに、私はまた勃起してしまっていた。我ながらあきれてしまったが、まだまだ自分も若いんだなと思った。



すると、女子風呂の方から人の気配がした。私は慌てて湯船につかり、勃起したペニスを隠すようにした。誰だろう? そんな風に思っていると、

『おはようございます。よく眠れましたか?』

と、女将さんの声がした。そして、身体にタオルを巻付けた格好で歩み寄ってきた。私は、昨日何度も体を交わした相手なのに、妙に緊張して声を裏返らせながら挨拶をした。髪をアップにして、おそらくノーメイクの彼女は、それでも充分に美しかった。

彼女は、身体に巻付けたタオルをスッと外すと、なにも隠すことなく堂々と温泉に入ってきた。CSの”温泉へ行こう”と違って、際どいところが上手く隠されているわけでもなく、丸見えだ。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月5日 | カテゴリー:温泉での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった 【体験談】

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。

そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。



寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。



宿は、古くて小ぶりな宿だったが、手入れの行き届いた清潔感あふれる宿だった。そして、何よりも私が良いなと思ったのが、若女将だった。若女将と言っても、多分30歳半ばだと思うが、こういう宿の女将にしては群を抜いて若いと思った。



そして、和服を着た彼女は、何とも言えない色気があふれていた。露出など皆無な和服なのに、どうしてこんなにエッチに見えるのか不思議だが、私はドキドキしっぱなしだった。



見た目は、安めぐみとか、そんな癒やし系と言われるルックスで、和服の上からでも結構なボリュームを感じる胸は、脱いだらとんでもない事になりそうだと思う。



『ようこそおいで下さいました。スキーでお疲れではないですか? すぐにお部屋にご案内しますね』

と、丁寧さと砕けた感じの混じった口調で挨拶をしてきた。まるっとへりくだった口調で接客されるよりも、ある程度馴れ馴れしい方が私の好みだ。



『僕、スキーは上手に滑れるの?』


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年4月1日 | カテゴリー:温泉での体験談

【浮気・不倫】セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【体験談】

私はバツ一の45歳。



子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。



そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。



彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。



40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって

お見合いパーティーをしたのです。



全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【マニアック】うつになった妻を連れた先の湯治場で知り合った男性達と【体験談】

山形県/××さん(30代)からの投稿

—-

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。

上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。

その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。

そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。

病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。

これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。

そんな時、実家の両親から

「2人で湯治にでも行ってゆっくりして来たら」

と言われました。

会社の社長(古くからの知り合い)に相談すると。

「そうだったのか?奥さんとゆっくりするといいよ」

「すいません!」

「ちょっと遠いけど、安くて良い所知ってるから・・・」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月3日 | カテゴリー:マニアックな体験談

【友達】離島【体験談】

卒業旅行と称して、女子大生の娘たち3人は離島への旅行を計画した。

半日以上かけての船旅は、大学生活の締め括りに申し分のない思い出になる筈だった。

民宿を予約した。この島の観光シーズンは夏。空いている筈だった。もうすぐ春がくる。

娘の1人が民宿の予約をしたとき「島の秘湯」の話しを女将から聞いていた。

昔から島の鍾乳洞の奥には温泉が滾々と湧いているのだという。ミステリアスではないか。

娘たちは、島での楽しみが増えたことを喜んだ。秘湯は思いがけない旅のオプションだった。

彼女達が島に着いたのは夕刻だった。早朝に港を出た客船は、途中の島で乗り換えていた。

乗り換えた小さな船が着くと、島の漁港には民宿の女将が丁寧に出迎えに来ていた。

「いらっしゃいませ。長旅でお疲れでしょう。ささ。どうぞ」

と、娘たちを案内をしてくれた。

民宿に着いて海を臨む景色のよい部屋に通され、娘たちは一息ついた。

「感じのいいところね」

「親切そうね」

「のんびりくつろげそうで良かったわぁ〜」

部屋に重い荷物を置いた彼女たちは口々に言って足を伸ばした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年6月10日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】今夜、実際どうなった?【体験談】

母は徒歩15分位の大きな温泉旅館で仲居のパートをしている。

今日、9時前に、どしゃ降りの雨が降って来たので僕が迎えに行った。

入口のリビングでTVを見ながら待ってると、入って来たコワイ系の男達に

囲まれる形になり、脱出できなくなった。

50歳位のエネルギーの塊の様な組長らしき男が、母の姿を目で追い「あの仲

居イイ体してるなぁ〜。今夜抱きたいから、女将を呼べ!」と言った。

呼ばれた女将さんは話を聞き「あの仲居はパートの主婦ですよ。寝たりしま

せん。」と言ったが「是非、抱きたい!」と若い男に母を呼びに行かせた。

呼ばれた母は、さすがに緊張して男のソファーの前に膝まずいた。

「悪いネ!、あんたの色気に参ったよ。床代は弾むから今夜、相手をしてく

れ!」と言うと、母は「いいえ、私は…」と俯いた。

親分は母の手を取り、さすりながら「ヤクザとSEXした事は無いだろう?

腰が抜ける程よがらせて、泣きながら何度も極楽往生させてやるぞ!」と呟

くと母は真っ赤になり、「すいません」と小走りに去って行った。

この母の様子を親分の横で見ていた超イケメンの男が「あの女、慌てては要


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||

2014年5月17日 | カテゴリー:友達との体験談

【職場】女性上司との混浴、筆おろし【体験談】

 まだ23才の時だった。会社の女性の上司(当時28才だったと思う)とある秘湯温泉に仕事に関するスケジュールの調整と打ち合わせのためにでかけた。片道2時間はかかる遠い場所だったのでその日は会社に戻る必要はない出張扱いだった。彼女の運転で朝早く出かけ、9時半ごろには着いた。山の中のまさに秘湯だが人気があるらしく週末は宿泊客で満員になるが平日はがらんとしていることが多いそうだ。宿の女将さんとの打ち合わせは午前中に終わった。その後、女将が「せっかくだからお風呂に入っていってください」。その宿は多くの風呂があり、人気は川べりの混浴露天風呂。他に男女別の内湯が2つずつと、混浴内湯が2つ、やはり川べりの貸しきり露天風呂が2つある。平時の昼で客はほとんどいなく、人気の混浴露天か貸切風呂もOKとのことだった。また女性のために混浴専用のバスタオルが用意されており、女性も安心して入浴できるとのこと。彼女が「じゃあ、その川べりの混浴露天にお願いします。あなたも一緒に入りましょう」。庭を通り、川べりに簡単な作りの風呂があった。小さく狭い所に脱衣棚と籠が男女反対側にあり、誰もいなかった。私はいわゆる普通のタオルで前を隠して湯船に行くと彼女がバスタオルを巻いてきた。女性と風呂に入るなんて初めてのことで、バスタオル1枚だけでその下は全裸かと思うとちょっとどきどきしたが上司でもあり、まあ何も起こることはないだろうと思っていた。ぬる目の湯で、お湯はどんどん流れ込んでおり、景色はすばらしい。雑談しながらお湯に浸かっていたら、若いカップルが来て、「ご一緒させていただいてもよろしいですか」と声をかけてきた。彼女が「どうぞ、かまいません」と返事する。バスタオルを巻いた若い女性とタオルで前だけをちょこんと隠した若い男性が入ってきた。気さくで話し好きなカップルらしく、4人で雑談が始まった。そのカップル、若いけれど夫婦で、高校の同級生同士、卒業後3年後の昨年結婚したそうだ。週末は仕事日、休日は水,木とのこと。比較的近くの町に住んでいてこの温泉には何度もきているとのことだ。平日だとこの混浴露天風呂にも誰おらず、バスタオルも使わず貸切霧風呂と同じように全裸で入浴することが多いとのこと。上司の彼女が「じゃあ、今日もバスタオルを取って全裸になりませんか」、「いいんですか。じゃあ、そうしましょう」。女性同士の会話でそう決まり、4人とも全裸になった。そのカップルの夫のおちんちんは、奥さん相手に使いこなしているためか堂々としているように見えた。私はまだ童貞。カップルの奥さん、清楚な顔をしているが、陰毛は黒々と広く茂り、なかなかの迫力。私の上司の陰毛はなぜか縦に細長い。割れ目に沿ってきちんと手入れしているのかな。初めて見るしかも2人の女性の全裸ヘアヌードに私は目が釘付けになり、ぼけっとしてしまった。1時間ぐらいは入浴していたかな。

 帰りの車の中で、女性の全裸ヘアヌードを堪能し、興奮していたので、運転している上司の女性に、「あのお、さっき一緒にお風呂に入れさせていただき、ありがとうございました。それで私のおちんちん、破裂しそうになっています。鎮めたいです」。「そりゃそうでしょうね。無理もないわ。じゃあ、この近くに私の知っているラブホテルがあるからそこによっていきましょう。ところであなたは今までに何人の女性とセックスしたことあるの?」。「まだ一人もいません」。「まじっ。じゃあ童貞。本当なの。それなら筆おろしをしてあげる。

 ラブホテルの部屋に入ると、彼女はさっさと裸になり、「風呂には入ったところだからすぐにやりましょう。あなた初めてなのね」。私をベッドの上で仰向けに寝かせ上からまたがり、私の勃起しているペニスをつかむと彼女の割れ目にあてがいぐいっと腰を落としてきた。私のペニスが彼女の割れ目の中に入っていった。でもすぐに射精した。彼女は私の上に覆いかぶさり、しばらくしてから、「これであなたは童貞ではないのよ。筆下ろしはどうだった。気持ちよかった?」。風呂にはいると彼女はペニスを洗ってくれた。「あなたはまだ非常に若いから何度もできるわね。男の人はおちんちんを女性に入れ、射精するととたんに何事にも自信がつくようね。さっきの露天風呂の若い夫婦、きっとセックスも盛んにしてるは。あのだんなさん、若いけどどことなく自信があるような感じしなかった。おちんちんを毎日満足させているからかな」。またペニスが勃起した。「じゃあまた始めましょう。今度は正常位でしましょう」。彼女はベッドの上に仰向きになり、「お風呂ではヘアしか見てないでしょう。女がどうなっているかよく見せてあげる」。両足を上げて大きく開いた。初めて見る割れ目の中。勃起しているペニスがスムーズに入っていく。感激だ。何度も何度も挿入射精を繰り返した。

 帰りは私が運転した。「先輩はラブホテルをよくご存知のようですけどよく行かれるんですか」。「そうね、まちまちだけど週に2回ぐらいかな。相手はいろいろだけどセックスは男と女の大事なコミュニケーションでしょ。相手の気持ち、性格もなんとなくわかるわ。でも女性には妊娠と生理があるからそれには気を使う細やかさがない男の人はいやね。男の人は精液が溜まるはね。あなたもきっと彼女ができるでしょ。彼女ができるまで、我慢できなかったら私がお相手してあげてもいいわよ」。ヘアの形を聞くと「露天風呂の女の人のように私もヘアは濃かった。すごい豪毛だね言う男性もいたわ。エステに通って形を整えたの。中にはヘアをまったくなくしてしまう人もいるわ。ハイジニーナというの。でもヘアがないと子供みたいでしょ。それにヘアが好きの男性も多いから、形だけ整えたの」。

 私もそれから何人か彼女ができ、いろいろ楽しんだ。いろいろな秘湯、混浴も楽しんだ。

混浴を頭から気G来する女性と、興味がある、面白いと言う女性もいる。男も女もまちまちだ。今は結婚して子供もいる。筆おろしをしてくれたあの女性上司、今はやはり結婚して、仕事もバリバリ続けている。あの話に触れたことはない。

 

記事関連タグ

||||||||||||

2014年3月12日 | カテゴリー:職場での体験談

【妹】妹と一泊温泉旅行…【体験談】

去年の9月終わり頃、俺は知人から某有名温泉旅館の宿泊ペアチケットを貰った…と言うか、半分強引に渡された感がある…

俺は別に温泉なんか興味無かったし、一緒に行く彼女も居ないし、野郎となんて有り得ないのでどうでもいいやと、この際その知人には悪いがネットオークションにでも出そうかと思っていた事を何気に妹に話したら、「だったら私に頂だい!」と言うので妹に譲った。

それから数日経ったある日、妹が「ねぇ、お兄ちゃん。この前のチケットの事なんだけど…一緒に行かない?」と誘ってきた。

俺は「何だよ、彼氏か誰かと行くんじゃなかったのかよ?」

と聞き返すと「いや~それが色々ありましてぇ…」そこまで聞いて「別れたのか?」と尋ねると黙ってコクンと頷き「振られたんじゃないよっ!振ったんだからねっ!」と、何もそんな事聞いて無いのに一方的に言ってきたので、「友達と行けばいいじゃん」と言い返すと、「このチケット男女限定って書いてあるよ」と言ってきた。

俺はそんな事とは知らず「そうなん?」と聞き返すと、チケットを俺に渡して来た。

この時初めてチケットをマジマジと見たら、確かに男女ペア限定と書いてあった。

って言うか妹はどうしても温泉に行きたいのかと疑問に思ったので「そんなに温泉に行きたいの?」と尋ねると「いや、まぁ…どうしてもって聞かれると、そんなでも無いけど…折角タダなんだし…無駄にするくらいなら行きたいなぁ…」とまぁ、あんまり攻めるのも可哀想なので「分かった、一緒に行くか!」と成り行きで温泉に一泊で行く事にした。

チケットには10月17日から1泊2日と記載されていたので、当日、俺の車で目的地へと向かった。

目的地には高速を使って約2時間の所にあり、休日特別割引のETCを利用すれば1,000円で行けてしまうので、昼前に自宅を出て途中昼食をとり、15時前には目的地周辺に到着していた。

大体どこの宿泊施設もチェックインは15時頃が普通みたいで、この旅館も一応15時とはなっていたが、少し早く着いたので事情を説明したら快く受け付けてくれた。

部屋に案内され夕食が18時からと言うのでそれまでゆっくりくつろいでいた。

本来俺は狭くても風呂は一人で周りを気にせず、のんびり入るのが好きで、大浴場が苦手なのだが、早く着いたお陰で今は誰も入浴していないと旅館の人が教えてくれたので、大浴場の温泉に入った。

温泉の入口は男女が隣同士で、入ると男湯は露天ではなく室内風呂だったが、それでも広く、ざっと2~30人が一度に入れる位の広さがあった。

その広い湯船に一人悠々と浸かり、時々上がっては又入るの繰り返しをする事1時間ちょい位?


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年3月8日 | カテゴリー:妹との体験談

【浮気・不倫】熟女のセフレばかり増えていく…【体験談】

<>1:名無しさん@ピンキー:2010/09/29(土)19:33:42ID:zpmrfKi00<>

体もたねぇよ・・・

今6人いるけど、明日3人相手しないといけない。



2:名無しさん@ピンキー:2010/09/29(土)19:40:40ID:???O

よし、俺が一人引き受けようw



4:うふ〜ん:うふ〜んID:DELETED

うふ〜ん



<>5:名無しさん@ピンキー:2010/09/29(土)22:40:54ID:xTrv/Hy4O<>

当たり前だが、相手がいる時しか出来ない。今しかない。ガンガレ!



6:名無しさん@ピンキー:2010/09/29(土)22:51:10ID:???0

俺も


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月5日 | カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】女将に子種をせがまれて…【体験談】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で剛毛とビラビラをめくりあげた。真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。

(これからの話は二年前の実話である。)

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。さすがに女将は話上手で客は俺一人だけだったらしくしばらく楽しい談笑の中で旅館の歴史なんかを説明してくれたが、途中から俺の出身大学や親兄弟の職業、家族に病人がいないかとか、果ては血液型まで聞かれた。俺はちょっとムッとしたが美人の女将に免じて我慢した。2日目の夕食配膳時に女将が、お客さんに聞いて欲しい話があるから仕事が終わってから来ていいかと聞かれた。え〜また旅館の歴史?と思ったが断り切らない性格のためウンと言ってしまった。1時くらいに来ると言う。早寝早起きの俺は眠いなあ〜と思いながら夕食の後仮眠を取った。布団の上で明日回るお寺の資料を見ていた時、女将が来た。なぜか内鍵をカチッと掛けた音が聞こえた。髪をおろし洋服に着替えた女将の姿に何故か心臓がバクバク。女将が俺の近くに座る。胸の隆起が眩しく俺は視線を外す。女将が話始めた。何でも三年前に四代目に嫁いだが子供ができず三代目の義母から跡継ぎ産めないなら離婚してもらうと度々言われホトホト困っているらしい。

「それでお客さん、お客さんの…子種をちょうだいしたくって…」「へっ???」意味がわからずポカーン、俺。

「お客さんには迷惑はかけません。可哀想だと思われるなら…子種を…ちょうだい…」ようやく意味を理解した。だから血液型まで聞いたのか!女将がにじりよってきた。いい匂いがする。

「それとも…こんなおばさんは…ダメかな?」女将が俺の内股に手をやり爪でかく。一瞬で、俺はホント一瞬で勃起した。

「い、いいんですか。」声がかすれる。

「お客さん、口は固いですよね?」

「固いです、固いです、固いです!」三回も答えてしまった。女将の指が勃起をなぞる。

「フフッ、お客さん…お道具…立派…こんなになって…」俺はたまらず濡れてめくりあがった女将の唇に吸い付いた。女将が舌をからめてくる。夢中で女将の舌を吸う。女将が俺の舌を吸う。ヨダレでベトベトになる。乳をつかむ。重い乳だ。女将がウッと呻いて

「やさしくして…」

「ご、ごめんなさい。」ゆっくりやさしく揉みあげる。

「見せて…」女将が両手を挙げたのでセーターを脱がせる。薄いピンクのブラを押しのけるように双球が盛り上がる。谷間に鼻を埋める。(なんで女の体はこんなにいい匂いがするんだ…)バチンと女将がホックを外す。ボロン、正にボロンという勢いで乳が飛び出す。子供を産んでいない乳は張りがあり小さめの乳首が挑戦的に上を向く。むしゃぶりつく。痛くならないようにやさしく吸い、しゃぶる。こんなでかい乳は久しぶりだ。俺の彼女はスケベだが貧乳だ。記憶に長く止めておけるように念入りにねぶる。ハーッと女将が息を吐く。女将の右手はひっきりなしに勃起をなぞる。

「お客さん、ベトベト…」俺の勃起からは絶え間なく汁が垂れている。

「立って…」女将に促され立ち上がる。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月25日 | カテゴリー:人妻との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ