最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【初体験談】友達の彼女が拉致されて輪姦されたので主犯格の男の妹に同じことをしてやった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

若い頃にやった、今思うと恐い思い出です。

当時、僕は何をやっても中途半端で、高校には通ってたけど中途半端な進学校で、その中でも中途半端な成績でギリギリ留年はしないものの追試、再試は当たり前。

勉強が駄目ならスポーツは・・・というと、まぁまぁ県下では強い方のサッカー部に入ったものの下手くそで、3年間ずーっとCチーム(三軍)で1チーム16名で各学年16名ずつしか入部出来ないのに、ずーっとCチーム。

成長も無ければ2年後輩にも劣っているって事。

それは言われなくても判っているから努力した。

努力したけど実らず

「天才は1%の才能と99%の努力」

という言葉を監督の先生から聞かされて

「どうせ僕には1%の才能すら無いんだ」

と自分で自分を卑下していた。

でも、そんな俺でも受け入れてくれてバカにもせず対等に付き合ってくれた連中がいた。

やっぱり勉強もスポーツも天才ではなかったが、優しさと仲間意識は誰にも劣らない連中で、尾崎豊が好きな連中だった。

バイクを走らせたり夜中に集まって騒いだり、楽しかった。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月28日 | カテゴリー:初体験談

【フェラチオ】地元の恐ろしい拉致レイプ事件の噂【体験談】

奈良県/武闘派さん(20代)からの投稿

—-

私が大学生だった数年前地元のとある市で次々と若い女の子が車で拉致され、セックスビデオを撮られたりカーセックスしてる若いカップルが襲われて彼女がレイプされる事件が起こった。

そういう噂が流れ、地元の若者を震撼させた。

しかし、レイプの様子をビデオで撮られている為か被害届は一切出ておらず、警察沙汰にはなっていなかった。

被害人数は20人とも30人とも言われていたが、実際に事件化されていないので分からない。

その裏ビデオが1本数万円の高値で取引されていると言われたが、実際にそんなビデオがあるのか誰も見ていないので分からなかった。

その噂では、地元に拠点を置く2次団体の暴力団のX組のシノギとされ、そこの組員が行っていると噂されていた。

X組と言えば地元では知らないものがいない武闘派組織で、数年前にも抗争事件で組員が敵対する組長を射殺してニュースになったり、地元では最大の建設会社に銃弾が撃ち込まれて騒ぎになった事もある有名な組織だ。

そこの組長は、本家の組織では若頭補佐を務める執行部の一員である最高幹部でもある。

そんな武闘派組織の犯行なら誰も地元では被害届を出せない。

そもそもレイプ事件自体は親告罪だが、当然そこには拉致や監禁暴行等の余罪が絡むので、警察が本気で捜査すれば立件は可能だと思われた。

しかし、最終的にこの事件が立件される事はなかった。

最終的にこの組の組長が責任を取り引退し、表向きは以前の抗争事件の責任を取って引退という事で本家から事実上処分されたと言われている。

しかし、当然この組は解散しておらず、今も2代目として存在している。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||

2013年10月26日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【レイプ】【閲覧注意】レディースやってる友人の彼女が族に輪姦され、浣腸液を数個入れられて…【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

8年前、俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。

親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。

ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。

連れはジュン(18歳)。

まぁまぁ気合の入ったヤンキーだけど族ではない。

その彼女彩菜(17歳)、ショートカットの似合う可愛い子。

実は俺も狙ってた・・明るくハキハキとしていて、気は強い。

レディースの特攻やってる。

で、ジュンの彼女の彩菜は、レディースの中でもそこそこ気合入ってるみたいで、夏には特攻隊長を任されるようになったようだ。

普段の彩菜は普通の高校生で、そんなレディースで特攻やってるような娘には見えない。

可愛い感オーラもたっぷりだし、正直、彩菜で抜いた日は数えきれない。

女の子達にも人気があり、お洒落で可愛いという何とも羨ましい限りだった。

ジュンと彩菜は1年前から付き合ってるみたいで、当然SEXも相当してるようだ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月12日 | カテゴリー:レイプの体験談

このページの先頭へ