最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【乱交・王様】スワッピング、クオーターの美人後輩と【体験談】

友人夫婦からスワッピングを申し込まれたんです。



奥さんの陽子は、もともと僕の会社での後輩で、

男女関係ぬきですごくいい友人でした。



彼女は珍しいことにベルギー人とのクオーターで、

170cmほどのすばらしい体格をしており、

バストもヒップもゴージャスで、それこそ日本人離れしています。



顔つきは、わずかに外国人を思わせる程度ですが、

茶色の瞳と髪、そしてどこか透明感のあるような肌は、

人目につくし、誰が見ても美人といえる女性です。



頭も良くて、僕は彼女が入社した途端好きになってしまいましたが、

彼女には彼氏がいて、その彼氏となにかの機会に会って断念しました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||

2016年2月27日 | カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【おっぱい】ヤリマンの可愛い子の体で女体盛りした時の話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

中学生の頃、仲のいい友達8人でいつも遊んでいました。

他の高校の奴らと喧嘩をしたり、かつあげをしたりとやりたい放題でした。

地域内では結構目立ったグループで、そのグループにまとわりつく女の子もおり、僕達のファンみたいな娘で、尻の軽い女のようでした。

僕以外の7人とは付き合っていたので、いいように遊ばれている娘でした。

でも意外と可愛くて、スタイルも悪くない娘です。

8人で集まると、たまにその娘の話をします。

僕以外は全員彼女とやっているので、

「またあいつとやりたいなー」

とか、

「あいつにちんぽ、舐めさせたいなー」

とか好き勝手に言っていました。

話では、彼女のマンコはガバガバで、乳首はピンクで大きすぎず小さすぎずという事でした。

皆それに同意していました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月28日 | カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】こんな時代だからこそ必要 【体験談】

時代が求めてるとしか言いようがない









とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。

だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。












記事関連タグ

|

2014年7月9日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】大喜利「ソチもワルよのう」「いいえ○○様ほどでは」 【体験談】

えー、世間はオリンピックの話題で持ちきりと言うことで、こんなお題です。

時代劇で皆さん一度はこんなシーンをご覧になったことがあるんじゃないでしょうか?



越後屋「お代官様のお好きな黄金色のお菓子でございます。どうぞお納めください。」

悪代官「越後屋、そちもワルよのうw」

越後屋「いいえ、お代官様ほどではw」



これをもじって、私が



「ソチもワルよのう」といいますから、



みなさんは



「いいえ、○○様ほどでは」




記事の続きを読む »

記事関連タグ

|

2014年2月21日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【友達】自縛の願望【体験談】

私が初めてSMの本を見たのは、中学生の頃男子生徒が教室の隅でこっそり見ているのを覗いた時でした。

 女の人が裸で縛られているんです。私にはとても信じられませんでした。 

週刊誌のグラビアに載っている普通のヌード写真のモデルでさえ、あんな恥ずかしいことよくできると思っていました。

それはほとんど軽蔑そのものでした。男の人の前で裸になるのさえ言語道断なのに、

そのうえ写真を撮らせて不特定多数の前に自分の恥ずかしい姿をさらすとは、なんて恥知らずなんだろうと思いました。

 それがしかも縛られているのです。

 でも、その縛られたモデルを軽蔑するよりも強く感じた事がありました。

裸のまま両手の自由を奪われてしまっては、自分の意志で服を着る事はおろか、自分の恥ずかしい部分を隠す事も出来ません。

普通のヌード写真ならシャッターを切る瞬間だけポーズを作ればいいのですが、

縛られてしまってはずっと裸のままでいなければなりません。

もし、カメラマンの人達が襲い掛かってたらどうするのでしょう。

それは無いにしても、撮影の合間の休憩時間とかそのままほっておかれてもどうすることも出来ません。

 女の人が裸のまま縛られてしまうということが、とても大変なことに思えてなりませんでした。

 それからと言うものいつもそのことばかり考えているようになりました。

そして決まってドキドキするのです。友達とセックスのことを話しているときのとはまた少し違うのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年2月12日 | カテゴリー:友達との体験談

【アニメキャラ】季節を違えて生まれてきた 【体験談】

冬の蝉・・・間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず道は見える



とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。



こんな時代だからこそ

男泣きしたい人はどぞ











出典: 

リンク: 

記事関連タグ

||

2013年9月15日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談

【アニメキャラ】時として人は 【体験談】

季節を違えて生まれることがある冬の蝉のように

けれど短いときを悲しみもせずに鳴き尽くせたら誰も嘘と呼びはしない



時代を間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず願いは叶う・・・冬の蝉



俺と同じ言葉を口にする男―。その姿が水に遮られるまで、俺は目が離せなかった文久二年、長州の高杉晋作らによって起こされた『英国大使館焼き討ち』。長州藩士で開国論者の草加十馬は、高杉らの暴挙を止めようとするが、時すでに遅く、大使館は炎に包まれていた。逃げ遅れた草加が町方に追われた、その時。彼は運命の男・秋月景一郎と出会う。宿敵であるはずの幕臣・秋月は「今は、国を乱している余裕はない。開国に向けて外国と対等でいるためには」そう言って草加を逃がすのであった。

それから数年後、草加は偶然秋月と再会する。長州藩と幕府、宿敵同士の二人。人目を避けて時間を重ねるうち、次第に惹かれあう二人だが…。







とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。



こんな時代だからこそ

男泣きしたい人はどぞ




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||

2013年9月14日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談

【アニメキャラ】間違えて生まれてきたとしても 【体験談】

時代を間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず願いは叶う・・・冬の蝉



俺と同じ言葉を口にする男―。その姿が水に遮られるまで、俺は目が離せなかった文久二年、長州の高杉晋作らによって起こされた『英国大使館焼き討ち』。長州藩士で開国論者の草加十馬は、高杉らの暴挙を止めようとするが、時すでに遅く、大使館は炎に包まれていた。逃げ遅れた草加が町方に追われた、その時。彼は運命の男・秋月景一郎と出会う。宿敵であるはずの幕臣・秋月は「今は、国を乱している余裕はない。開国に向けて外国と対等でいるためには」そう言って草加を逃がすのであった。

それから数年後、草加は偶然秋月と再会する。長州藩と幕府、宿敵同士の二人。人目を避けて時間を重ねるうち、次第に惹かれあう二人だが…。







とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。



こんな時代だからこそ

男泣きしたい人はどぞ





出典:冬の蝉〜春を抱いていた【EternalLove】

リンク:

記事関連タグ

||

2013年9月13日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談

【アニメキャラ】人は季節を違えて生まれることもある 【体験談】

時代を間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず願いは叶う・・・冬の蝉



俺と同じ言葉を口にする男―。その姿が水に遮られるまで、俺は目が離せなかった文久二年、長州の高杉晋作らによって起こされた『英国大使館焼き討ち』。長州藩士で開国論者の草加十馬は、高杉らの暴挙を止めようとするが、時すでに遅く、大使館は炎に包まれていた。逃げ遅れた草加が町方に追われた、その時。彼は運命の男・秋月景一郎と出会う。宿敵であるはずの幕臣・秋月は「今は、国を乱している余裕はない。開国に向けて外国と対等でいるためには」そう言って草加を逃がすのであった。

それから数年後、草加は偶然秋月と再会する。長州藩と幕府、宿敵同士の二人。人目を避けて時間を重ねるうち、次第に惹かれあう二人だが…。







とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。



こんな時代だからこそ

男泣きたい人はどぞ










記事の続きを読む »

記事関連タグ

||

2013年9月12日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談

【アニメキャラ】生まれる時代を間違えて生まれてきた 【体験談】

冬の蝉・・・間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず道は見える



とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。



こんな時代だからこそ

男泣きたい人はどぞ







出典:冬の蝉〜春を抱いていた【EternalLove】

リンク: 

記事関連タグ

||

2013年9月11日 | カテゴリー:アニメキャラの体験談
1 / 212

このページの先頭へ