最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラチオ】ヤンキーにヤラれてしまった麻美さん【体験談】

中3の夏、家を一部改装(今でいうリフォーム)する事になって、母と弟と一緒に夏休みの殆どを田舎で過ごした事があった。

当時母の実家の周りは田んぼと山以外何もない田舎で、もちろんネットもなければ携帯電話・携帯ゲームもなかった。

なので受験勉強や自然探検したりして暇潰しをするしかなかった。

最初は弟と周囲を探検したりしてたが、小学校低学年の弟はどんどん友達を作っていったので、すぐに自分一人で暇を持て余すようになった。

母はそんな自分に気を使ってくれたのか、母の実家の隣の娘(高校3年)の麻美さんが勉強を見に来てくれるようになった。

麻美さんは声が小さくて内気な感じの人で、お互い気恥ずかしくて最初は会話もほとんどなかったけれど、僕が気恥ずかしくなったのは、麻美さんの胸とお尻がやたら大きくて、目のやりどころに困っていたからでもあった。

ややぽっちゃりではあったけれど特に胸の突き出し方は尋常じゃなく、歩くだけで上下に弾んでいたほどで、手元にエロ本もない生活をしていた思春期真っ盛りの自分には目の毒すぎた。

それでも少しでも長くその身体を見ていたくて、自分から隣の家を訪ねて毎日勉強しに行くような感じになってしまった。

周りから見れば変だったかもしれないが、その時の自分は毎日少しずつ麻美さんと話が出来るようになったり、身体の線が出る服や胸の開いたTシャツ姿の麻美さんを目に焼き付けてオナニーする事に夢中になってしまっていた。

麻美さんの家が、昼間は麻美さん以外の人が出かけて2人きりになれるというのも自分には大きなポイントだった。

夜の麻美さんは風呂上がりには薄いブラに寝間着の裾の長いTシャツだけの姿になり、胸のほぼ生に近い形や揺れ方が見れたり何とも言えない良い匂いがしたりするので、母が怒って呼びに来るまで一緒にいる事もあった。

毎日一緒にいて周りの大人に

「頼もしいボディガードだね」

等とからかわれていたので、下心なんかも見透かされていたんだろうし、、麻美さんも身体を凝視されてる事くらい気付いていただろうけど、ずっと優しく接してくれていた。

ある日弟に遊びに誘われ、さすがに毎日毎日麻美さんを訪ねるのも悪いと思った自分はついていく事にした。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年9月24日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【初体験談】【田舎】卒業旅行の一人旅は処女貫通で【でエッチ】【体験談】

37 名前:なまえを挿れて。[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:26:31 ID:Lc5AqqKf0

最近の話だけど、思い出して書こうかな。ただこの話って都会に住む人にはわかりにくいはなしかもしんない。それでもよかったら支援してくれ。あと書き方のコツも。





38 名前:なまえを挿れて。[] 投稿日:2010/07/20(火) 22:01:11 ID:q/qPtmaJ0

4円書き方なんて気にするな適当に改行して書けばいい



39 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:29:29 ID:Lc5AqqKf0

そいじゃあ、暇つぶしがてらにまあ、あれだ俺は大学生なんで実に暇だ。4年でテレビ局に就職が決まってるんで、先生もルーズ。前期の試験も4年ということもあって3科目しかなく、早々に終わっちまった。でだ、こんな俺もなんてこたぁない帰省をしたわけだ。っていうかいまだ帰省中だわ。いにしゃるで言うとN県に。



40 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:33:54 ID:Lc5AqqKf0

でさ、こういう田舎は都会で言うパークアンドライドがごく普通にある。比較的大きい駅まで車でやってきて、駅前の大きな駐車場に車を止めて、んで電車で最寄り駅まで。一番わかんねぇ理由が、なんで直接車通勤NGなんだろってとこなんだけど。地元の人間でもその実、理由がわかんねぇ習慣。でさ、19時くらいって会社の制服きたまま帰る。んな女性がちらほらいるんよね。



41 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/07/20(火) 22:36:28 ID:Lc5AqqKf0

というわけで、一発声をかけてみた。駅前のバス停のところにある電鉄系っぽいコンビにっていうか、売店でお茶を買った女の子。制服で、手には車の鍵がある。めがねをかけたマナカナみたいな女の子で年は21だった。名前はマナだったんだけどね笑。すいやせーん、次のバスって何時っすか。と。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2013年9月9日 | カテゴリー:初体験談

このページの先頭へ