最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも2 【体験談】

中高男子校に行ってしまった僕は、女の子とまったく縁のない大学生活を送っていました。そんな僕に、叔母から従姉妹の家庭教師のアルバイトの話が持ちかけられました。



従姉妹のほのかちゃんはまだ5年生で、全然子供だと思っていましたが、これくらいの年頃の少女の性的なモノへの好奇心を舐めていました……。



そして、ほのかちゃんは僕なんかに好意を持っていてくれて、積極的にアプローチされた結果、なぜか勃起した状態のアレを見せるハメになり、その上手コキ、お口でとエスカレートしてしまいました……。



でも、僕の憧れの叔母さんに似て美少女のほのかちゃんと、そんな経験を出来たのは僕にとっては信じられないくらいにラッキーでした。そして、僕の最高の夏休みは始まりました。



衝撃的な前回の訪問から3日後に、僕はほのかちゃんが帰り際に小声で言ってくれた通り、コンドームを隠し持ってほのかちゃんの家に向かいました。



相手が従姉妹と言うことと、まだ5年生だと言うことに、さすがに僕の中の良心も揺らぎましたが、十代の性欲はコントロール不能でした。僕は期待に胸と股間を膨らませながら、ほのかちゃんの自宅のインターフォンを押しました。



『あっくんこんにちは#12316;。ゴメンね、ほのかまだ戻ってないの。あんなに楽しみにしてたのに、何やってんだかw』

叔母さんはドアを開けるなりそう言いました。どうやら、午前中は部活の関係で学校に行っているようで、それが長引いてしまっているとのことでした。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月30日 | カテゴリー:妹との体験談

【出会い系】結構な割合でタダマンに性交 【体験談】

金に目がくらんだ女子大生を、文字通りハメるの楽しすぎる。

結構な割合でタダマンに性交、じゃなくて成功。てことで、最近の成果を発表する。なんだ、まぁ、その、自慢させてくれやww



ひとりめーまゆちゃん21歳。どっかの教育学部に在学中。色白巨乳。肌の色が白すぎて、脇毛の剃りあとが際立ってた。おっぱいがデカいのに、全然垂れてない。前にドンっと張り出した感じ。顔は中の上。ぽってりとした唇と、切れ長の目がセクシーだった。過去に50代のパパが居たそうで、5万とか10万とかもらってたそうな。

とりあえず信用させてホテルに連れ込んだ。もうね、胸のもみごこちがハンパ無い心地よさ。すごい重量感。こりゃ肩凝るでしょww一緒に風呂に入って、全身を洗ってもらった。お小遣いをもらえると思ってるから、えらい尽くしてくれちゃうのよね。ベッドで軽く愛撫して、フェラしてもらった。フェラは意外にもへたくそだったなぁ。



で、生で挿入。これがめっちゃ気持ちよかった。生エッチは、ホテルに来る前の交渉で、小遣いアップを条件にOKもらってた。どうせ小遣いなんて渡さないけどなwwで、彼女のアソコの中が最高に気持ちイイの!びっくりした!ピストンしなくても、ウネウネと絡みつくようで、すげー快感。



軽く動いただけでイキそうになっちゃうから、腰の動きを止めるんだけど、それでも彼女の中が動くからヤベーのなんの。大迫力のおっぱいの動きも視覚的にヤベー。対面座位で、ゴムまりのようなおっぱいにむしゃぶりついてる最中、突然、射精しちまったわ。当然、生中出しな。あまりの快感におっぱいに顔を埋めながら、脚がピーンって伸びちゃったよ。



てか対面座位で、しかも動いてないのにイカされたの初めてだよ。その後は、再会を約束してとんずら。着信拒否。かかったのはホテル代だけ。あーでも、もう一回ヤリたかったなぁ。50代のおっさんが10万渡した気持ちがわかるわ。







ふたりめーもえちゃん。21歳大学では音楽を勉強してるんだって。待ち合わせ場所に現れた姿を見てびっくりした。どっかのお金持ちのお嬢様みたい。ストレートのきれいなロングヘア。化粧は薄め。清楚な感じ。服装も上品なワンピースで、これからクラシックのコンサートにでも行きそうな感じ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年6月14日 | カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる 【体験談】

『お帰りなさい。今日もお疲れ様!』

弾けるような声で夫を出迎えるさとみ。35歳のさとみは、6歳の子供がいるようには見えないくらいに若々しい。

昔から体を動かすのが好きな彼女は、今もジムでのトレーニングを欠かさない。そのおかげもあり、学生時代の洋服はすべて着ることができる。

そして、少し厚ぼったい唇がセクシーな彼女は、真っ黒な髪に少し太めの眉毛、そしてぱっちりとした二重まぶたの目は、いつも濡れたようにセクシーだ。

その見た目は、石原さとみに似ていると評されることがよくある。



夫を出迎える彼女は、白の清楚なブラウスに淡いグリーンのタイトスカートを穿いている。清楚な感じのするブラウスに対して、スカートは少し丈が短く、彼女のほどよく肉付いた美脚が強調されている。

いつもは、もっとラフで色気のない格好をする彼女だが、月に一度、金曜日の夜にはこんな姿になる。

そしてその日は、6歳になる可愛い息子を実家に預けるのが常だ。孫のことを溺愛する祖母と祖父の強いリクエストもあるのだが、さとみと夫にとっては別の理由もある。



「ただいま。今日も綺麗だね。弘樹は?」

夫は優しげな笑みを浮かべながら、さとみにカバンを渡す。さとみは、そのカバンを受け取りながら、

『もう預けました。どうします? 先に少し飲みますか?』

と、笑顔で答える。

「あぁ、そうだね。まだ30分くらいあるしね」


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||

2015年3月9日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【近親相姦】妖艶な叔母と 【体験談】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも

言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。



男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、

問題も多かった。

金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。



両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ

たらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。



それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ

ることが出来た。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月18日 | カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達】海外赴任中の夫を持つ美人妻(7)【体験談】

大商社の米国勤務の夫を持つ美人妻、美和子。7歳の子供の春休みを利用して渡米して帰国した。

昨日、新宿で愛瀬した。ラブホテルに一直線。異様に激しく燃える美和子。「どうしたの美和子ッ。ニューヨークでは旦那と何回やったの?」

美和子は僕のシンボルを奥深く沈ませて「3回あったわ。でも子供が横で寝てるから思いっきりは出来ないわ。今、貴方とだったら邪魔が居ないから思いっきり燃えること出来るでしょッ」腰を振ってきた美和子。

「旦那とは最低の義務よね。仕方ないわ。私と子供の生活権だもの。貴方とは本当の愛を感じるわ。」美和子が喘いだ。「私って淫乱なのかしら?結婚するまで5人の男と関係があったわよ。16歳で処女を無くしたの。19歳で妊娠して内緒で堕ろしたわ。22歳で大学を出て会社よね。そして社内の男性と恋に落ちた。でも結婚できなくて別れたわ。秘書室に入り閉鎖的な場所よね。周囲は年配者ばかり。N常務と恋におちたわ。素敵な人。仕事も出来るし、格好良いし。彼の愛人を3年。毎月生活費を50万円くれたわよ。その内出入りしている今の彼と愛し合ってN常務と別れて、彼と同棲したの。そして出来ちゃったので結婚したのよ。でも貴方のようなテクニシャンははじめてよ。今まではインテリ階級のごくありきたりのセックス。でも貴方のはそれとは違った獣ごっご野感じだわ。私の全てを忘れさせてくれる。」美和子は僕の胸に顔を埋め美脚を絡めながら囁き、僕はしばらく美和子を抱きしめ続けた。

時間が許す限り何回も情交を重ねあった。3時間の行為が終わって、僕と美和子は「かに道楽」に入って食事をした。美和子が「旦那は最低8ヶ月帰国しないわ。私も退屈だから、夫代わりに面倒見てよ。愛瀬はもとより買い物とか小旅行なんかも良いわ。子供は面倒見てくれる人が居るから大丈夫よ。」僕は「わかった。どうせ僕も独身だから、僕のマンションに時折来て良いよ。住所?恵比寿駅からすぐだよ。」

「えッ恵比寿なの?近いわね。私、世田谷の池尻なのよ。暇な時は行っていい?」「ああ良いとも」かに道楽の食事がおわって僕と美和子は手を繋いで新宿の街を歩いた。

美和子は僕に身を寄せて腕から離れようとしない。

「日曜日、貴方の恵比寿のお住まいに行って良いかしら」「ああ良いよ。掃除しておくよ」今後、最低8ヶ月はこの美和子と関係が続くのだ。

この5人もの男をわたってきた人妻美和子。果たして。

記事関連タグ

|||||||

2014年9月7日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】成功報酬は奥様の身体で・・・(1)【体験談】

某有名私立中学の入試結果が出た。 受験番号3111、それは俺のバイト先の教え子の受験番号だ。

ユウジという小6の大人しい子だ。ユウジの父親は裕福な歯科医師で、母親は女優の余貴美子に似た

美人の奥さんだ。俺が家庭教師のバイトを始めて間もない頃にこの家を紹介されて、早2年。

苦労が実り、合格発表を迎えたこの日は俺にもユウジにもまた、ご両親にも最高の日となった。

「スズエくん、この前の話なんだが・・・」、ユウジの父親のテルキさんが身を乗り出してきた・・・。

俺はスズエアキラ、もちろん仮名。某国大の3年で、家庭教師のバイトをしている。

ノダテルキ、ハルコ夫妻(もちろんこれも仮名)の子、ユウジの担当になって2年になる。

父親のテルキさんとは趣味のルアーフィッシングで意気投合して、何回かはプライベートでも釣りに出かけるほど馬の合う真柄だ。奥さんのハルコさんは物静かな女性で、はじめてみた時は女優の余貴美子かと見まがうほどの美人だ。趣味でクラッシックバレエをしているため、プロポーションもいい。

もちろん、俺もただの男だからハルコさんをオナペットにして何度と無くオナニーに興じた。

ハルコさんはどんなパンティをはいているのかとか、あの口で旦那さんのペニスを咥えているのかと妄想する度に激しい性欲がこみ上げて、右手が高速度で上下してしまう夜が幾たびもあった。

ネットで余貴美子の画像をプリントアウトしては、その画像に白濁液を飛ばし、ハルコさんとのセックスを妄想していたのだが、テルキさんと泊りがけで某湖にバス釣りに出かけた夜のことだった。

温泉に二人して入り、その日の釣果を嬉々として話していた間隙を縫うようにテルキさんがこんなことを言い出した。 「スズエ君、女はいける口か?」「えっ!?」「女遊びだよ、どう?」「まあ、そこそこにすきですよ。」「いやね、家のユウジの成績もかなりアップしたし、妻も喜んでてね。」「はあ・・・」「妻もすっかりスズエくんが気に入ったようなんだよ。」「はははっ、照れますね。」「妻のこと、どう思う?」「美人だと思いますよ。」「女としてはどう?」「えっ!?」「なかなかいいにくいんだが、スズエ君も成人過ぎたからわかるだろ?」「何がです?」「まあ、プレイと言うか何と言うか、早い話が妻を一緒に抱いて欲しいんだよ。」「えっ!まじですか!?」「まあ、スズエ君さえよければだけど、バイトの成功報酬の一部として。」「いや、でもまずいですよ。」「妻もスズエ君ならイイといっているし。」「でもやっぱ・・・」

俺が煮え切らないでいるとテルキさんは近くに来てこう囁いた。

「妻のテクニックはなかなかだぞ、バレエで鍛えた柔らかい身体はたまらないぞ。」、テルキさんのこの言葉に俺のペニスが反応してしまった。

「おっ!起ってきたな!なかなか、いいもん持っているし、妻に咥えられて逝きたくないか?」「奥さんとしていいんですか、マジで?」「もちろんだよ!」、高まる興奮と温泉の熱さで目眩がしてきたのを覚えた。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2014年8月18日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】海外赴任中の夫を持つ人妻(6)【体験談】

「アア嗚呼ッやめてそれだけはーーーー」彼女は絶叫の喘ぎ声をあげた。僕は大人の玩具を彼女の花芯に奥底まで入れ込んでしまったのだ。バイブのスイッチを入れたとたん彼女は腰を持ち上げて悶え苦しんだ。

21日、夫の赴任地ニューヨークに発つ彼女。

美人で気品があってスタイルの良い彼女。某大商社の元秘書室勤務の彼女。同じ会社のエリートと結婚して一児の母親でもある。

そんな彼女と夫の赴任中の恋。これで6回目の愛瀬となった。

「そんな、バイブを使うなんて。貴方のだけでも満足なのに。もう抜いてッーーーー」彼女は僕に懇願した。

僕は抜いて、そして合体して彼女と結合した。バイブで悶えた後の彼女の反応は素早かった。

しっかりとしがみつき裸体を絡めてきた。何回も何回も果て捲る彼女。

交尾が終わってぐったりベットの上で「大の字」に。放心状態なのだ。「こんなの初めてよッ。」僕を抓った彼女。

一緒に風呂に入った。そして再度風呂の中での交尾。「もう貴方とは離れられないわッ」彼女は甘い声で僕の胸に顔を埋めた。

「ニューヨークの夫とは義務だけど、貴方とは本当の愛だわッ御免ね」

風呂から出てベットで更に抱き合った。「こんなセックスがあるなんて、夫にはあり得なかったわッ。いつも正常位だけよッ」

彼女は美脚を絡めて「ねえッもう一度してッーーー」僕はバイブを取り出しおもむろに彼女の花芯に挿入し始めた。

「アアア嗚呼ッーーーーー」強烈な喘ぎ声が部屋中に響く。バイブが彼女の裸体に食い込み妖しく動く。

腰を振る振る。スレンダーな裸体が海老のようにくね動く。それを見て僕のセガレもいきり立つ。

バイブを抜いて僕の本物と入れ替える。激しくお互いの裸体が交差する。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||

2014年8月16日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】銀座のホステスとの熱愛。【体験談】

僕は銀座のクラブ「S」の恵子と熱愛関係なんです。私34歳、恵子が年上の38歳なんです。恵子はお店でもナンバーワン、いつも素敵な和服姿が良く似合うスラリとした容姿端麗の美人なんです。恵子目当てに通うお客も多いんです。私もその一人でした。ある日、恵子が隣でお酌してくれて、何気なしに映画にでも行こうか。その週の金曜日に新宿ピカデリーに映画に行ったんです。そしてその後お店に同伴したんです。その時はそれで終わったんです。次の週の金曜日、お店が終わってから六本木の瀬里奈へ深夜の食事。シャブシャブを食べお酒が入ったんです。少し酔いが回った恵子。外で僕の腕に掴まり身を寄せてくるんです。和服姿の綺麗な恵子。僕は恵子の手を取って自然体に裏通りに導き強引に唇を奪ったんです。恵子に抵抗は無く、しっかりと抱き合って抱擁を繰り返しながら唇を重ね合ったんです。近くにラブホテルがあった。手を取り合いながら入ったんです。「少し休もう」恵子は僕の目を見つめていた。部屋に入って激しいキスの応酬。和服の袖の下から両手を入れて恵子の乳房を揉んだんです。そしてそのままベットに和服のまま押し倒したんです。和服の裾が割れて恵子の艶めかしい美脚が見え、僕を激情させたんです。裾の割れ目から手を差し込みパンテイーを摩ったんです。もう濡れてるんです。思いっきり帯から和服を剥ぎ、パンテイーを下したんです。女特有の体の匂いなんです。思いっきり美脚を開いて口を当てたら悶えるんです。僕は若いからもう我慢できない。恵子の和服の裾を捲りあげたまま一気に挿入したんです。「アアア嗚呼嗚呼ッーーーー」恵子の喘ぎ声の甲高い事。和服姿で結合した艶めかしさも手伝って恵子の豊かな腰回りを抱え込みながら中出ししたんです。終わってから恵子は和服を解き、お風呂に入ったんです。出てから「もう一回しようよ」っておねだりなんです。再度今度はお互いに全裸で絡み合ったんです。恵子って結構激しいんです。「前彼と別れてから、しばらくセックスが無かったわ。」と言いながら僕を咥えこんでくるんです。その日から僕と恵子は彼氏と彼女になって毎日の如く食事同伴するようになったんです。他のお客から食事に誘われても断る恵子。次第に指名が少なくなったんです。今年の正月は恵子とハワイに行って来たんです。ベランダを全開にしてワイキキの風を部屋に入れての毎夜の絡み合いをしたんです。恵子はハワイに居る間、ムームーを着て、ノーパン、ノーブラで通したんです。そんな恵子を深夜のワイキキの木陰で、ムームーを上げて挿入したんです。今恵子はお客が少なくなったけど、僕との日々のセックスに満足を感じながら銀座の夜で頑張ってるんです。それでも和服美人の恵子を目指して来るお客がまだ多いんです。

記事関連タグ

|||||||||

2014年8月3日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】神社の境内で。【体験談】

夏の盆踊りのお祭りの事。浴衣を着た男女。

俺の彼女の紗羅も、浴衣姿で手を振って踊ってる。今日は一段と綺麗に見える。もう付き合って2年目の夏。

盆踊りが終わって皆で屋台で乾杯。盛り上がる。

俺と紗羅も随分とお酒が入った。

近くに神社があった。樹木に囲まれた神社の境内を紗羅と手を繋いで歩いた。

そして木立の暗闇で紗羅を抱き寄せてキスをした。酔いのせいか紗羅に抵抗はなかった。

木立に隠れた格好の芝生があった。

抱き合ったまま芝生にお互い倒れた。そして抱擁とペッテングを繰り返した。

浴衣の襟から手を入れて紗羅の乳房を撫でまわした。紗羅はブラジャーをしてなかった。

浴衣の下はパンテイ―だけだった。

浴衣の裾が乱れ、紗羅の美脚は夜空の下に艶めかしくあらわれた。

酔ってる紗羅は観念したように僕にしがみついてきた。

帯を解き、神社の夜空の下に紗羅の全裸の姿。

激情した俺のチンチン。いきり立ってる。

夜空の下で結合した。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||

2014年7月31日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】楓も俺もパイパンになってしまった。【体験談】

歌舞伎町の上海クラブの美人ホステス、楓。その楓のマンコと体中の産毛を剃ってツルツルのパイパンにしてしまった俺。

でもその楓が、「あんたの毛も剃ってよ。」

仕方なく楓が髭剃りでもって、俺のチンポの周りの毛を綺麗に剃ってしまった。

俺は「男パイパン」になってしまった。

お互いにツルツル、スベスベした肌を重ねあい、挿入し込む、艶かしさを楽しんでるのはいいのだけど。困った事がある。

健康ランド、温泉の大風呂、銭湯、サウナ風呂などの人目に付く浴場には恥ずかしくて入れない。

この連休、楓と伊豆下田温泉に行ったのは良いけど、部屋に露天風呂が付いた高級な部屋でなければ。部屋では楓とスッポンポンになって露天風呂に入ったけど、もうお互いに全て丸見え。

風呂の中で楓の美脚の片足を持ち上げて挿入すると、俺のチンポがグサリ入り込んでるのも丸見えなのだ。楓がそれを観て興奮してイキ捲くってる。

奥深くまで入れ込んだ俺のチンポ。やたらと大きい。

実は昨日から滋養強壮薬を飲み続けて今日に備えた。「あんたのいつもより固いわね。気持ちいいわ。どうしたの?」って訊ねる。

「俺だって男よ。立つときは立つよ。」って見栄を張る。

楓が何回もイキ捲くってる。そして俺も勢い良く楓の子宮の奥底に射精した。夕食は一回の庭園を望むレストッラン。浴衣を着ての食事だけど、隣の二人連れがやたらとこっちを見る。

楓の浴衣の裾から、美脚が覗いてる。

楓も気付いて裾を隠す。夕食が終わり二人で手を繋いで庭園を散歩する。

楓の浴衣の下は、Tバックの透け透けパンテイーだ。もちノーブラ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||

2014年7月24日 | カテゴリー:友達との体験談
1 / 1512345...10...最後 »

このページの先頭へ