最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】男友達を押し倒してフェラ、騎乗位で上に乗って【体験談】

男友達とのsex。友達以上恋人未満くらい



部屋に遊びにいって良い雰囲気になって

いちゃいちゃしてたらしたくなった



彼は年下ですごく大人しい子で、普段は私のほうが立場が上な感じ

押し倒してフェラしたらガチガチに立ってきたから、上に乗って入れた



もうすごく濡れてたからすぐに入った



騎乗位でしてると、彼も乗ってきて、突き上げるように腰を動かしてきた

思ったより激しくて、体力あるんだなと思った



それで胸を鷲掴みにして強く揉んできた

私は隠れMなので興奮して大きな声だしてしまった


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2016年4月30日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】男友達とのSEX、胸を鷲掴みにして強く揉んできた【体験談】

男友達とのsex。友達以上恋人未満くらい



部屋に遊びにいって良い雰囲気になって

いちゃいちゃしてたらHしたくなった。



年下ですごく大人しい子で、普段は私のほうが立場が上な感じ



押し倒してフェラしたら

ガチガチに立ってきたから上に乗って入れた



もうすごく濡れてたからすぐに入った



騎乗位でしてると、彼ものってきて、

突き上げるように腰を動かしてきた

思ったより激しくて、体力あるんだなと思った


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2015年4月23日 | カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2015年4月8日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【フェラチオ】教え子の中学生にイカされて目覚めてしまった【体験談】

中学校教員さん(20代)からの投稿

—-

当時、私は音大を卒業し、音楽を担当する教師として公立の中学校に勤めていました。

音大に入学した当時は、ピアノで身を立てていくことを夢見て一日中大学の防音室でひたすらピアノを弾き続ける生活をしていました。

ピアノ一本を生業の糧として生きていく、そんな夢が叶うのはほんの一握りの才能ある人間に限られていることはわかっていましたが、私は何度かコンクールでも入賞し、自分がその一握りの人間に入っているのだと信じていました。

青春のすべてをピアノに捧げた私でしたが現実はそんなに甘くはなく、結局は手元に残ったのは、音楽の教師の免状だけでした。

大学を卒業して勤め始めた学校は特に問題となるような生徒もおらず、三年目には合唱部の顧問も任されるようになりました。

そんな頃、先輩教師であった夫と結ばれて、それなりに幸せな新婚生活と充実した教師生活を送っていました。

夫は初婚でしたが私よりも20歳も年上で、教師としてもベテラン中のベテランで、新米の教師であった私が面倒を見てもらううちに自然とそのような仲になったのでした。

私の初めての人は夫でした。

夫の家にお邪魔をして、学校行事の打ち合わせをしていた後、自然に抱き合って気がつくと唇を合わせていました。

私は頭の中が真っ白になり、一枚一枚身に着けているものを脱がされていくのを抗うこともせず、気がついたら全裸にされていました。

私は胸が小さいのがコンプレックスで、腕で胸を隠していましたが、夫はそんな私に、

「可愛いよ、もっとちゃんと見せて」

そう言って優しく私の腕を胸から引き剥がすと、ゴツゴツとした掌で私の乳房を包みました。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月14日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【体験談】

ネトラレという言葉が市民権を得て、

エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。

比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、

大衆がもっと留意すべきであると考えていた。

この場を借りてその考えを披露したい。



まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、

自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。

これはネトラレの基本形と言って良いだろう。



そしてもうひとつのネトラレは、

自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。

自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、

これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。

特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|

2014年10月15日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ】ワシは今夜も 【体験談】

ワシは、男が初めてだろうヤツは本気でレ○プする。

普段なら女の股に自分のマラを突っ込み、ヒーヒー言わせているヤツのケツを犯す。

処女のケツを押し広げ、ワシのマラを打ち込む。

ワシも鬼ではないからオイルぐらいは付けてやるがな。

下着を引きちぎり、口にねじ込む。

そうして声が出せないようにしておいて犯すのだ。

暴れるヤツにはナイフを突きつけ脅す。

震えながら涙を流し、許しを乞うヤツもいる。

しかし、目的がレ○プなのだから、そんなことで許すわけもない。

身体を二つに折り、正常位で突っ込むこともあるし、俯せに寝かせてねじ込むこともある。

両手両足を縛っているのだから、色々な体位が楽しめる訳ではないが、正座をさせて、顔をベッドに押しつけてケツを犯すのがワシのお気に入りだ。

女が一緒にいるときは、見せつけながら男を犯す。

この快感といったらないぜ。

声を出せないようにガムテープで黙らせて、自分の男が犯される様を見せつける。

自分が犯されるよりはマシかもしれないが、愛する相手を目の前で犯されるのもたまらないものがあるのだろう。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2014年9月6日 | カテゴリー:レイプの体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 二話【体験談】

「なんとか上手くいったか……」

 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。

 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。

 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。

 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。

「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」

 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。

 豊かな乳房が零れ出す。

 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。

 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。

 ボディラインはスレンダーだ。

 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。

 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。

 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。

 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】女にだって性欲はある。【体験談】

今日は久々にヒマ。

退屈だから以前から立ち寄っていたここに足跡を残す事にしてみた。

私は、某体育大卒のOL。と言っても、もう大学は4年ほど前に卒業した。

体育大卒で、学校の体育科の教員になれなかった女の末路は悲惨。

ご多分にもれず、私も採用試験にめでたく不合格。

中々就職先にありつけず、卒業後にバイトからこつこつがんばり、やっとこのほど正社員

になった。

職場にはそこそこいい男もいるけど、そこそこかわいい女の子が多くいるので、私のような

筋肉バカ女は、ほとんど女扱いされない。

中学の頃から始めた水泳のおかげで、「これでもか」というほどのアスリート体型に合う、 かわいい服など皆無だし、顔もレスリングの吉田選手ににているとよく言われる。

付いたあだ名が「姐さん」だ。

ほぼ毎日、アパートと会社の往復で、合コンなどに誘われてもかわいい子を引き立てるピエロ

見たいな役回りだ。

そんな私にだって、あたりまえに性欲はある。

初体験が、高校3年の秋口で、相手は大きな声では言えないが叔父(父の弟)だ。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | カテゴリー:友達との体験談

【友達】中村瞳♀15歳【橋の下で…】【体験談】

中村瞳♀15歳【橋の下で…】

登場人物

中村 瞳♀15歳:通学路の途中にある橋から大事なあるものを落としてしまったその日から、この凄惨な陵辱の歯車が回り始めてしまう悲劇の少女。

浮浪者:コレまでにも様々な少女を狙い、鬼畜のようなレイプを繰り返す蟻地獄のような男。

 

プロローグ

ある日の事。川にかかる橋の欄干から生徒手帳を落としてしまったのが全ての始まりでした。川はコンクリートに囲まれ、鉄の網でできた柵に囲われた護岸。どうしても拾わなくては…だって私の秘密が…。そう思い必死になって入り口は無いかと探すと丁度人一人が這い出すほどの大きさの、フェンスの解れを見つけたのです。

草の背にうまく隠されたフェンスの継ぎ目から護岸に降りていくと、橋の下に小さな小屋のような…。いわゆるダンボールハウスがあった)こんなところ…に…?(生徒手帳を探して拾うという目的も半ば忘れかけて、そのダンボールハウスに興味を持ったのか近づいていくと、その前に開けた空間に何冊かの雑誌が落ちているのを見つけたのです。

様々に散乱する雑誌の表紙を見た瞬間に顔を歪め、見なかったことにして立ち去ろうとする私。さっさと生徒手帳を探し出して帰ろうと考えて)あ。こんなところに…。(私の生徒手帳は、少し背の高い草むらの中に落ちていました。中を開いて確認すると、ソコには使う事もないコンドームが一つ挟まれていて。)うん。大丈夫…うん…。(その日はそのまま立ち去ることにします。浮浪者の人はダンボール集めにでも出かけているのか人の気配もしませんでした。

しかし、その夜。護岸でみてしまった雑誌の表紙…。「穢された制服処女」「あゆみのレイプ物語」「レイプ・レイプ・レイプ~女子高生編~」などのタイトルを思い出すだけで眠れないほどの興奮を覚えてしまいます。そうして次の日、昨日と同じ時間にその場所を訪れ…雑誌に映った様々な写真や描かれたマンガなどを食い入るように見つめ…

何度目かの今日。いつもと同じように、学校から帰る途中、清楚な雰囲気で有名なセーラー服を着た小柄で幼い顔立ちの私は…。周囲を警戒しながらフェンスを潜ります。

 

本編(チャットログ)

中村瞳♀15歳 > (中学の3年間着たセーラー服は、裾にはまだ余裕があるように見えるものの、胸の辺りがパンパンに張り詰めた制服で、小柄で幼い顔立ちの私にはアンバランスに目立つ部分。その胸を右腕で抱えるようにしながらそぉ…っと橋の下の空間にスニーカーの足を進めて)…ヒタ。…ヒタ。…ヒタ。…ヒタ。…(一歩進むたびに腕で抱えて尚、小さく揺れ動く大きな胸元に真っ赤なリボンを結び、その足元に視線を転じれば、白いハイソックスを履いた足が、フレアのミニスカートから伸び、その裾から覗く肉着きのよい太股がムッチリと生白く張った様子が見て取れた。)

(そぉ…とその奥へと進んでいくと橋の下の草むらに隠れた空間に、いつものように大量の雑誌が置かれているのを見つけ)………すごい…。(すでに瞳を潤ませ、頬を耳まで薄く染めて、その中でも一番気になっていたタイトルを取り上げるとコンクリートの護岸にスカートのお尻を下ろした)………コクン…。(息を飲み込むようにして、立てた膝の上に載せた雑誌の表紙を見つめる)せ…凄…惨………。(気がつけば声に出して読んでしまっていた雑誌のタイトルには「壮絶凄惨!実録女子中○生 中出し妊娠レイプ」と赤い文字でおどろおどろしく印刷されていた。)


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月30日 | カテゴリー:友達との体験談

【職場】座位の体勢になり膣の入り口に先が入ると【体験談】

違う課の女性なんだが、ある時話すきっかけがあり

論議していたら妙に意気があって、アドとかを教えて貰って、

仕事終わった後もメールしあう様になった。



何がきっかけかは忘れたけど、下ネタメールをしたら案外

って感じがきっかけで「やりたいなぁ~」的メールなどもする様になっていった。



ある日、彼女から「今は彼氏居ないからヤッテナイ的」

メールが来た事により

「抱かせて!」と送ったら「良いよ」と意外な返事w



速攻で車を走らせ彼女の家へと迎えに行く。



車に乗ってきた彼女はジーンズ姿でイラっとする自分w

だって脱がしづらいんだもの。


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2014年5月26日 | カテゴリー:職場での体験談
1 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ