最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【恋人】MIOTHER2マジカント 【体験談】

pこ


記事関連タグ



2015年7月21日 | カテゴリー:恋人との体験談

【出会い系】19歳の童貞がこんな女と出会った 【体験談】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:06:30.51ID:8vZci8RF0<>



まあ立たないとは思うがな





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:07:44.34ID:3GqipBaOP<>



代わりに俺のチンコが立った





<>5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:08:42.22ID:8vZci8RF0<>



まあ立っちまったもんはしょうがない

成り行き云々を書いていこう




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月14日 | カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】ドカタに殴られて彼女寝取られた・・・ 【体験談】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/19(木)13:01:18.36ID:0DM/76vy0<>



しにたい







<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/19(木)13:02:08.74ID:h4k7XLnzO<>



アドン呼べよ







<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/19(木)13:03:25.54ID:0DM/76vy0<>



もうおまえらの冗談にかまってやる気力すら起きない


記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||

2014年3月17日 | カテゴリー:寝取られ体験談

【初体験談】草食系男子→鬼畜彼氏【体験談】

子供の頃にHIVとか肝炎とかのTV観てトラウマに。

付き合う=セックスを意識しだす、高校くらいから男子とは距離を取っていたら、26で処女。

焦っている時に、草食系の男友達が彼女と別れたと聞いた。

中学の同級で数少ない男友達。

別れてからの彼を飼い殺しにしつつ、3ヵ月後に血液検査させた。

陰性だったので、食べると決めた。

でも、付き合ったことある男子は高1が最後。キスだけ終わり。



遠まわしに誘うが、草食だけに全てスルー。

私が長めの出張で上京した時、偶然彼の出張が重なり夜に飲みに誘った。

寂しかったのもあるし、彼以外にもう誰も現れないような気がして、覚悟決めていた。

飲んで、そのままホテルに泊まっていってもらう作戦が大失敗。

お酒に強くないのに、彼に合わせて飲んだら動けなくなった。

なんとかホテルに戻ったようだけど、ほとんど意識なかった。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2014年2月11日 | カテゴリー:初体験談

【出会い系】【突撃】これから友人カップルを別れさせます【セックス中】【体験談】

117 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 19:25:49 ID:lvQ768Hx0 [1/2]

俺の連れが、行かず後家のデパ地下女にひかかって、彼女面してるのが、うざいから何とかならんかなぁと相談してきた。聞くと、一緒に飲む機会があって、それから色々食事なんかするようになって関係を持ったらしいが、年食ってから覚えたせいか、暴れ牛みたいにセクロスは相当激しいらしく、騎乗位でチンポに跨って上で感じまくって体を振りまくって暴れまくるらしく、いい加減面倒くさくなったらしいしかし、へたに振ったら何されるかわからんし、女のほうから離れるようにならんか相談してきた。とりあえず、連れが行かず後家とセクロス中に俺が、部屋へ入って慌てさせるという事をして恥ずかしい格好を他人に見せたらどうだろうと、早速セクロス中に部屋へ入るとドアを開けたとたんに聞こえる、豚の荒い鼻息のようなフゴフゴと言う声が聞こえてきたと思うと絶叫のような声と、もっともっとしてしてと言う連呼の声





118 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 19:27:38 ID:lvQ768Hx0 [2/2]

なんだかおぞましくなりつつも、もうひとつの部屋のドアを開けると真っ最中の二人、ドアの開く音を聞いて振り向く暴れ牛「きゃぁ~!!!」裸のまま両手で胸を隠す暴れ牛あわてて布団を体に巻こうとバタバタ「あっごめんごめん呼んでも返事が無かったから」連れは、「あっどうした、何か用?遠慮しなくていいよちょっと待ってて」と女を無視して、さっさと服を着始めた。二人で隣の部屋で少し話し連れが女のところへ戻り、「これから出かけてくるわ」と女を置いて一緒に出かけた。外で遊んでから、部屋へ帰ると女はいなかった。後何回かやったら、たぶん女も離れるだろうなと、思いながらも他の手を考えて離れるように仕向けている



125 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/04/09(水) 12:16:57 ID:bUJfjgMiO

>>118女とスムーズに別れるには女に浮気させるのが一番いい



126 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/04/09(水) 15:02:57 ID:LtkzQHOuO

>>118今度彼女が来る時に、お前と連れの二人が裸になって布団の中で抱き合ってりゃ、万事オッケー。

記事関連タグ

||||||

2013年9月8日 | カテゴリー:出会い系での体験談

【修羅場】小学生の娘がセックスしてた… 【体験談】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/1900:59:23ID:T4ObCu850













家族会議大変だった

奥さんわんわん泣いてもうてんやわんや







2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/1901:00:01ID:ld3z6Hun0






記事の続きを読む »

記事関連タグ

|||||||||||||

2013年8月30日 | カテゴリー:修羅場の体験談

【初体験談】草食系男子→鬼畜彼氏 【体験談】

子供の頃にHIVとか肝炎とかのTV観てトラウマに。

付き合う=セックスを意識しだす、高校くらいから男子とは距離を取っていたら、26で処女。

焦っている時に、草食系の男友達が彼女と別れたと聞いた。

中学の同級で数少ない男友達。

別れてからの彼を飼い殺しにしつつ、3ヵ月後に血液検査させた。

陰性だったので、食べると決めた。

でも、付き合ったことある男子は高1が最後。キスだけ終わり。



遠まわしに誘うが、草食だけに全てスルー。

私が長めの出張で上京した時、偶然彼の出張が重なり夜に飲みに誘った。

寂しかったのもあるし、彼以外にもう誰も現れないような気がして、覚悟決めていた。

飲んで、そのままホテルに泊まっていってもらう作戦が大失敗。

お酒に強くないのに、彼に合わせて飲んだら動けなくなった。

なんとかホテルに戻ったようだけど、ほとんど意識なかった。




記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||||||

2013年6月15日 | カテゴリー:初体験談

【恋人】巨乳小学生Eさんと私の思い出:勉強家編 【体験談】

前々篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出(学校での体験談)



前篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出:鮮血の思い出編(初体験談)





※「勉強家編」は「初めてのパイズリ編」()の補遺・修正版です。



————————————————–

■勉強家編

————————————————–

548名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)09:18:08ID:D1TTL2vt0

その後の結婚に至る流れなども聞きたいね

今結婚して何年目?






記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||||||

2013年4月27日 | カテゴリー:恋人との体験談

【フェラチオ】カナ 【体験談】

40:えっちな18禁さん:2011/12/31(土)01:38:00.02ID:tfmjMIOT0

今年の夏なんだが、高校の時の男女友達9人で和歌山は白浜の花火大会見に行くことになって。

先に7人は前乗り宿泊で花火大会当日に備えてた。

俺はサービス業で仕事があったから当日の昼間から花火大会に間に合うように車で向かう予定で友達の女(カナって呼んでる)も同じく仕事だと聞いてて車に乗せて俺とカナだけ遅れて行くことにした。

まあ車だし、当然俺は運転だからコーヒー飲みながらって感じだったんだが、カナは酒呑みでめちゃくちゃワイン好きな女なんだが車で早速1人酒盛り始めやがった。





41:えっちな18禁さん:2011/12/31(土)01:46:09.16ID:tfmjMIOT0

こいつ相変わらず飲むな…なんて思ってたがこっちは白浜まで大阪から花火目当てで向かうと高速使っても結構混んでて時間がかかるので、当然車での酒盛りは長くなって、しかも車内飲みだけにワインではなくてビールとチューハイみたいなのをたぶん7、8本開けてたと思う。

気が付いたら横でカナはグースカ寝出したんだが俺の車って軽自動車のベンチシートで、助手席まで近くてがっつりもたれ寝してきた。










記事の続きを読む »

記事関連タグ

||||

2013年4月3日 | カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ